別荘

2012年05月01日 新プランの紹介5

 前のEelis と 次に掲げる Julius 更に Wiljami  都合 3 プランは共通のコンセプトで 建築デザイナー・Edward Suzuki 氏によって生み出されました。
ホンカでの代表作はM3邸です。

ユリウス間取りユリウス

Julius(ユリウス・・・「男性名」)
総二階建ログ延床100.5屐30.4坪)

1階に駐車場を設けるプランとしている。
また、インナーテラス*を1階、駐車場の先に設けることでより空間を広く感じることができるよう配慮している。
1階のインナーテラス*にLDKを面するよう配置し、2階部分はインナーテラス*の吹き抜けとなっている。

吹き抜けに各寝室が面すように配置することで、近隣との煩わしい視線の考査をここでも防ぐことができる。

また、テラスに背の高い樹木を設置すれば、寝室から適度な距離感で自然を楽しむこともできるだろう。





ウイリヤミ間取りウイリヤミ

Wiljami (ウイリアミ・・・「男性名」)
総2階ログ・延べ床面積102.3屐30.9坪)


想定敷地の間口・奥行きは適度な広さである。

1階スペースは隣家に邪魔されて光や風の入り込みにくい状態になってしまう可能性がある為、LDKは2階に配置している。

各Bedroom の面積も程良い広さが確保されており、インナーテラス*もLDKと一体空間を作り上げることで、2階を解放感溢れる気持ちのいい場所としている。




*将来、家族構成が変化し、部屋を増やしたいと思った時には、あるいはこのインナーテラスを増築可能なスペースと捉えることもできるのではないだろうか。




(続 く)



honkab2 at 11:52|Permalink

2012年04月28日 新プランの紹介3

KANTA間取りKANTA今回はHarri Koskinen (ハッリ・コスキネン / 国際的に活躍するフィンランドのデザイナー)のFXLログ(ノンセトリング)限定のプランを2つ紹介します。


KANTA(カンタ・・・「基本」の意)

FXL限定総二階ログ84.6屐25.5坪)

DINKS《 double income, no kids 》の夫婦又はスモールファミリーを想定しデザインされた2階建のキューブ型コンパクトハウスです。


全ての機能をバランス良く、使いやすく、効果的にレイアウトしています。


空間に圧迫感を与えないように仕切りを外したLDK。のびやかな2階のバルコニーに沿ったバス、ユーティリティー。


視界を遮らない透明感・透過性を大切にした発想から、1階中央に配置された階段は蹴込板を外し、素通しで向こう側の見える階段としています。






SUOJASUOJA間取りSUOJA(スオヤ・・・「保護」の意)


FXLログ限定総二階プラン延床144.4屐43.6坪)





都市型住居を想定しながらも、快適性と空間の品質に重きを置いて考案されたプランです。

スタイリッシュなフォルムの中にも、丈夫な木部材による安心感・安堵感・健康感を建物全体で感じることができます。


2階の大きなバルコニーも、グリーンオアシスとしてこの建物の特徴としています。




・・・・・陸屋根等建築方法が全く異なってきます。
セトリングスペースの不必要な建具取り付け(特殊トリムボード)となります。



(続く)

honkab2 at 15:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月28日 新プランの紹介2

MIELIMIELI間取り2012新モデルの紹介、2回目です。

MIELI(ミエリ・・・「知性」の意)

 Lofty Home Design /ロフト型二階建 延床90.3屐27.3坪)


煩雑な都会の中でも、シンプルでコンパクトな建物に生活様式を内包させ、また家族の安全と安心を丸太組み工法で健全に包む家を考えました。

ロフティータイプでは屋根の桁側隅部は居住空間として使えないというユーザーにとって、この問題をクリアーするためにドーマー等を設けてきましたが、今回は生活者の視点からコストを抑え、また家の端部まで使える家創りを心がけた結果、リフトアップ屋根手法に行きつきました。

二階の床よりログ壁を約1m立ち上げることによってシンプルな屋根が保て、居住空間も得られます。

ミエリでは2階に3寝室計画し、1階では玄関の隣に、外からも出入りできる自転車や観葉植物を置ける空間を計画しています。

もちろん仕切りを外せば広いLDに替えられます。




FIKSUFIKSU間取り

FIKSU(フィクス・・・「賢い」の意)

Two Story Design/総2階建84.4屐25.5坪)


都市部の建物を想定し、コンパクトな敷地にも収まるようなボリューム感で仕上げています。


1階はダイニングとリビングがシームレスに繋がり、小さめのサイズ感ながら一体化した丈夫な木の空間は、家族の団欒、コミュニケ―ションの時間を醸しだすでしょう。

2階は3寝室と大きめの収納を計画しています。


緩勾配の方流れ屋根はバルコニー側を水下とし、風雨の影響を少しでも和らげられるようにしています。

市街地においても、木の空間で心地よくアーバンライフが送れるように、スマート&アクティブに暮らすカップルやファミリー向けの提案です。




(続く)



honkab2 at 14:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月22日 ドアのパネルデザインは選べます

クラシック斜線タイプ玄関とログポスト 左はオーソドックスなホンカ斜線デザインパネルのドアです。

右は縦線デザインのパネルです。


どちらがお好みですか?

断熱材を挟んだドアパネルはその厚み以上に断熱・遮音性能は高いです。



デザインでいえば窓格子もいくつかのパターンから選べます。

アウケア2階室内から室内側からの見た目も変わります。

「ホンカルック」で選べます。


トリプルガラス標準化など、建具が変わりいま改定中とのことです。



honkab2 at 13:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年03月03日 ひな祭り

 3月3日はよほど語呂がいいせいか、ひな祭り(桃の節句)以外にも「耳の日」をはじめ 沢山の記念日になっています。

サリバン先生が三重苦のヘレンケラーに指導を始めた日だそうです。



「W・・・・A・・・・T・・・・E・・・・・R・・・・・・・」

映画「奇跡の人」での 井戸の前のあのヘレンケラーの覚醒シーン、感動したものです。

物には名前があり、意味がある・・・・・
子どもたちに伝えたい名作です。




 今日、3の意味について考えたところ 色々邪念が頭を取り巻きます。


かつて女性は結婚に「高学歴」「高収入」「高身長」を条件にしていましたが、いまや普通(平均)が望まれる時代になったのだそうです。


それでも3高(漢字は異なるが)は生き続けているようで、『平均』の意味も「公」務員・「厚」生年金・「口」(不自由なく食べていくこと)など確実な生活を望むようです。


私は「高齢」・「高血圧」・「高リスク」の三重苦かと思いきや、「(男性)更年期」に息子からは「後頭部が薄い」といわれ、いまだに「高望み」から脱却はできていません。



この上は、万が一の場合 「高度医療」を受けられるよう保険に入り、「円高」を満喫できるよう海外に出かける???


耳ならぬ、お目を汚してしまい失礼いたしました。



ホンカは「高機能住宅」・「高満足」・「高ラグジュアリー」です。

honkab2 at 15:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年02月24日 建築作業中の室内は

柱 まだ床は下地のみですが汚れないよう養生シート(紙製ベニヤ板のようなものと思ってください)を敷きますが、この時期になりますと各職人さんも室内履きを使います。
今日は週末に予定されているユニットバスの配管や合併浄化槽の確認など、給排水工事のNさんが2人で来ていました。


とにかく今の段階では室内外共に雑然としています。

室内のご案内はホンカ床を敷き、階段が出来るくらい だいたい3/20過ぎあたりの方が満足に見られると思います。

写真中央の柱は? 太いですね、185亞僂任后その上の交差しているラミネートビーム(梁)の補助と間仕切り壁受けの柱を兼ねます。

室内にログ壁を持ってこない方法としてこのMUKAVAは開発され自由度のある間取りが売りです。

上部のセトリング調節用ジャッキも太いですよ・・・。


気密シート2気密シート二階傾斜天井では気密シートが張られていました。

間もなく傾斜部にも天井板が張られます。


honkab2 at 10:33|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2012年02月23日 今週月曜日の画です

屋根葺き屋根葺き2屋根葺き3







 屋根工事をクローズアップしてみました。
弊社MH(モデルハウス)の屋根のイメージがお好きだったW様ですが、弊社MHでは西洋瓦(モニエル瓦)ですが、耐久性やメンテナンスのことを考え国産陶器三州瓦を選ばれました。

ご覧のように釘でしっかり留められ組み合わされる「防災瓦」と言われているものです。重さも軽いようです。 軒先にはスズメや虫が入らないよう瓦のRの形の樹脂の部品つけ、隙間はありません。

もちろん、雪止をつけました。

棟換気用金具棟換気役物棟上には「棟換気」用の金具が取り付けられていました。
既に中央部には「棟換気用役物」も・・・・・。
瓦が乗る前に撮れてよかったと思います。
天井の断熱材の裏を抜けた空気がここに抜けることになります。


傾斜天井断熱材施工状況一階天井張り傾斜天井の室内側では断熱材が張られていました。
養生中なのはストーブの煙突です。
一階の天井板の工事中でもありました。
間もなく設備が入ります。




honkab2 at 10:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月27日 屋根垂木がかかりました

垂木まで W様邸のMUKAVA(ムカワ)での屋根勾配はオリジナルのままですので9/10です。
矩勾配(カナコウバイ・・・10/10=90°)より若干ゆるやかです。

棟の上まではGL(グランド・レベル)から7mを越します。



東側から南西側東側・西側からの写真ですが屋根下地の(対候)アスファルトルーフィングが張られるまではブルーシートがかけられます。
間もなく下地塗装工程です。

honkab2 at 09:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年01月16日 2階床・根太の工事です

2階床根太がけ根太がけ上から上下から工事風景を撮りました。
2階床下地まで進むと次はトラス部分の組み立てです。(2面の妻壁と中央の間仕切りトラスです。



Sさん(親父さん)根太用2X材Sさんの親父さんが根太受け金具の固定をしていますが、根太のサイズ及びピッチがわかりますか?
58X195の2Xを@303ピッチです。
梁の大きさもさることながら頑丈です。 二階の床など鳴りません。


アウトリガー通しボルトノッチ(ログ同士の組み手)の外に伸ばしたログは「アウトリガー」と呼ばれます。
2階の方を広くしたり、バルコニーの受けとして充分な強度があります。
上から見るとこの位置に「通しボルト」が入ります。


金具箱縦列に並んでいるのはキットに梱包されている金具用木箱です。
これの重いことって言ったら・・・・・。

これから屋根下地までが時間がかかるのがホンカです。 大屋根の重さを両端の柱で受けるのではなく、トラスの面構造で支えます。



続く・・・。

honkab2 at 13:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年12月10日 天体ショーで親子の絆を !!!

 サンタクロースの現実を知った末っ子のTは 現実を受け入れざるを得なくなってきた成長の最中、夢までも失いかけて オンラインゲーム等のバーチャル(virtual)な経験しか得られない時代に生きています。

男の子だということもあり、メカニカルなことに興味はあるようで自転車や家電の修理など積極的に手伝ってくれます。


 2〜3才頃から洋画に興味を持ち始め、「大きくなったらロボコップになる」と言い、ゲームセンターの景品で手に入れた銃などをきっかけにさまざまな武器コレクションを始めました。

電動ガンなど結構な威力のものもあり、人に向けるのは厳禁と常々言ってはいたのですが・・・・。





 そんな中、月曜の夕方、息子から歯切れの悪い電話が・・・「・・・・・・・」。  要するに、前日の日曜に近所の神社や公園で仲間たちと「サバイバルゲーム」をしていたことを学校に連絡されてしまった、との内容でした。


先生から注意され、保護者に電話が来るので 「怒られる前に報告しておこう」との魂胆でした。


まさかそんなことをすることまでは想像できず、こずかいの使い道まで把握していなかったのですが、如何にゴーグルがあろうと遊んでいい年齢と場所・ルールについて話し、先生からの電話にも平身低頭、息子に遵守させることを伝えましたが・・・。


ビックリです。




 ただ、私の子供のころの遊びはもっとひどく、鉄橋の線路を渡ったり 崩れそうな洞穴深くを遊びの基地にしたり、竹竿の刀でチャンバラ 夏には毎日足の届かない深い川で泳いでいました。

広場では三角ベースボール、2B弾などの花火遊び 手作りのとんでもない威力の銃をつくったり ナイフで手を切り血が止まらないなどしょっちゅう・・・。
日が暮れてもなかなか家に帰らなかったものです。

もちろんいじめもあったし、・・・・・戦後の高度成長期で大人が子供に干渉する時間もなかったのでしょう。


現代ではどの大人からも禁止されるような遊びです。
事故になった場合でも管理と責任が追及される時代ではなかったからです。



 昨夜、「春休みに友人たちとディズニーランドに行きたい」との 相談に、快諾したところ 安心していました。


今夜は晴れで冷え込みそうですが、「皆既月食」 に 「双子座流星群」 が重なるかも〜!! っと、理系女(リケジョ)・地学大好き次女と3人で天体ショーを見届けようと思っています。 


月食月の満ち欠け月食(左図)と通常の月の満ち欠け(右図)の違いを説明するのに用いた図です。

子どもたちは理解した様です。




honkab2 at 12:12|PermalinkComments(0)TrackBack(1)