健康住宅

2013年10月19日 I 施主様の塗装技術が半端ない !!!

 26・27日の完成見学会に向けての最終工事に入っていますが、続々と見学希望のお電話は頂いております。
できればたくさんの方々に見学していただきたいと施主様もご希望なさっています。

当日までに足場が取れていればいいのですが、スケジュール上、のこってしまったらごめんなさい!

今回、I 様は下地塗装から上塗り、さらに室内塗装まですべて「セルフ」でされています。
当初は、下塗りから恐る恐る始めたのですが、・・・・・・・・いまやその塗装技術は私をして「完璧」。

いつかどこかの現場で、職人としてお願いしたいくらい の思い切りのいい、きれいな塗装をされています。
ペイントはティックリラを弊社から注文し、刷毛・バケツ等をご用意いただき、始めました。

その塗装のコツが I 様の奥様のブログに記されています。 右のリンクからご覧ください。

現場を見ると一目瞭然。とにかく上手です。  

私の見た目でも、「プロの塗装より長持ちします」と、感想を述べさせていただきました。

奥様・お子様も参加され、自宅の建築に、文字通り手をかけ、既にログハウスのオーナーそのものです。

honkab2 at 13:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年07月08日 猛暑が梅雨を追い払って一気に全開です

土間コン

玄関・テラス部の地面はご覧のようにメッシュ配筋し、土間コンクリート仕様にします。

シロアリなどの虫や湿気対策に一番信頼できます。
下草処理や湿気の上昇が防げます。


ストーブ用薪の借り置きにも使えます。






足場設置
足場も組み立てられました。

これによって空間が想像できます。

突然やってきた猛暑のなか、空が一層青く感じます。

ログ壁が積まれる前に、ロフト部妻壁の組み立てです。





honkab2 at 11:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年01月19日 玄関部ボーダーフェンスの見え方

玄関目隠し1工事中の写真ですが、玄関に正対するとこんな感じに見えます。

ホンカの手摺「クウ」で使われる横張り用規格を使っています。

風を通しながらプライバシーを守る、そんな間合いのルーバーになっています。

玄関目隠し3角度を変えてみるとまた違って見えます。

気品が感じられませんか?

TM邸ではログ壁と同色塗装されました(写真は塗装前)が、塗膜系塗料や他の配色でも別の味が出るかもしれません。


玄関目隠し4反対側からはこんな見え方です。ドアを開いた際の見え方を感じてみてください。

もちろんドアストッパー(弊社の場合ドアクローザー)は取り付けてあります。

何か、ガードされている(守られている)というような安心感がある玄関ポーチになっています。

訪ねてくる方にも、気品を主張できるのではないでしょうか?



玄関目隠し2玄関ポーチの階段を登りきるとこのように見えます。

右手のドアに続く動線でこの空間の広さは120X170ですが視界が遮られないため、圧迫感が生じません。

上り階段は将来的にはスロープ仕様に変更し、バリアフリーにすることも可能ですし、その際このルーバーがあることで安全用フェンスも兼ねるのです。 

 

honkab2 at 16:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年12月28日 2013年もよろしくお願いいたします

2012年の龍も間もなく巳へとバトンを渡します。

年末の総選挙でなにやら一層慌ただしい年の瀬になってしまいました。

私たちにとって2013年はどうなるのでしょうか?

個人的には政権が変わったことによる景気政策期待感で急激に変わった株高・円安が生活に響く気がしています。
直接的にはガソリン・灯油が高くなり、間接的にも毎月の光熱費や食料費まで影響してきそうです。

今年7月に一瞬95円台だったユーロ/円も 今や114円 (12/28)です。
20%もユーロ高(円安)は進んだんですね。

日本のGDPのうち輸出が占める部分はたったの15%だそうで、原料高騰で貿易赤字になっているのが、円安・輸出攻勢で黒字になるものでしょうか?
隣国・韓国ではGDPの50%を財閥系企業中心の輸出で成り立っているそうですが、日本は内需のみでも世界第三位のGDPを誇れる国なんですね。


新政権が公共土木で内需拡大・経済再生(雇用創出なども含め・・・)と行っていますが、トンネル天井の崩落から見えてきた高度成長期に作られた高速道路・橋梁など現在のインフラの維持管理でも相当の需要はありそうですが・・・。 


私個人的には海外旅行が好きで、円安に振れると滞在ホテルのランクを下げるなど対策が必要です。  海外に家族のいる方も気が気ではないでしょう。

あと、輸入品を扱う我々にとっても非常に気になるところです。消費税とダブルパンチにならないよう祈るのみです。


さあ、来年はどんな一年になるでしょうか。

I様邸(AUKEA市原市内)の着工は2月末頃でしょうか? 


新年もどうぞよろしくお願いいたします。 

honkab2 at 14:07|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2012年12月13日 新エンブレム

エンブレム 施主様にお待ちいただいていた「ホンカ・エンブレム」の最新のものが出来上がりました。

直径9僉仝みは4   鋳物ですが、ホンカロゴの刻印部が以前よりシャープになっているかなという感じです。



エンブレム・アップ円形になって二代目。
木製基台は無くなり、円形金物だけになりました。

前のものは基台から外して玄関に飾ってもよし、建物内に飾っている方もいらっしゃいましたが、これはもう、玄関ドア脇が一番似合うのではないかと思います。


早速お届けいたします。

honkab2 at 10:23|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2012年12月02日 完成前

デッキ側玄関ガス管や給排水、雨水排水系も埋め戻され、残る作業はあと数日のみです。

室内ではストーブの炉台煉瓦の工事もあとわずか、・・・。
ステンレス2重煙突も高さを引き上げられました。


天窓ロフトロフトの様子です。
電動ブラインド式天窓、開閉はロッドです。

シンプルで明るい照明です。

この空間の生活はどんなものになるのでしょうか?

階段
そのロフトに登る直線階段です。
手前のビーム(梁)との取り合いが面白く、アクセントになっています。

この日、お引渡し日程について現地でお話させていただきました。

 当日、奥様を「おんぶ」して玄関を入るとの予定だそうです。
その日のために、もうひと仕事頑張ります。
 

honkab2 at 10:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年11月24日 未熟なカメラマン

6夜空に浮かぶ月を撮影すると手ブレで面白い映像になるのを発見しました。

クローズアップしてぶれてしまうと「じいさん月」ですかな?




3車の屋根で半分固定すると、メルヘンに出てくるお月様の顔になります。


しかしながら背景も一緒にぶれてしまいました。




1実はデジカメの設定もしないで昼間の景色撮影モード(オートフラッシュ)で撮ったこの絵が一番夕方らしく見えます。

 スマホのカメラ機能の方が綺麗だったり、編集で面白い画像になったり、テクノロジーについていけない自分がここにもいました。 (^0^)/

honkab2 at 11:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年11月22日 HONKAファンミーティング2012

抽選会 あいにくの雨の中も100名を越すホンカファミリー(OB・計画中の方も含む)でフィンランド大使館は熱気に包まれました。
左は抽選会での一幕です。
画像修正技術が未熟なためこのようになってしまいましたがお許し下さい。


Fさん奥様 左は皆様の来場前のプラクティス・・・・。

福士さんのピアノ演奏。シベリウスですか・・・。
フィンランド由来の曲よかったですね。 

食前酒にフィンランド料理、皆様堪能されていらっしゃったようです。

チョロさんやらみなさんが上手な写真をブログでUPしていますので、私は遠慮させていただきます。  (弊社の顧客登録となられていらっしゃる方々、間もなく送られる「ログパートナー」にてご報告いたします。)

T様ご家族左は弊社で現在、ルオントを建築中のT様ご家族とマルコ社長です。
(大使館建物の玄関にて)

有栖川記念公園やら、この地(麻布)では歩いてくる途中やらカフェやら、外国語が飛び交い、周辺も含めて外国気分に浸ってまいりました。

普段歩く機会が少ないため、地下鉄乗り換えやら・・・・・・で、翌日以降足腰が悲鳴を・・・。


さあ、次回は何処で開催でしょうか?
 

honkab2 at 16:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年11月22日 表裏の顔が現れました

玄関外造作デッキ玄関外の造作。
プライバシー保護もデザインにより特徴的な顔になります。
このルオントの外観の特徴のもう一つはデッキの広さです。WRC(ウエスタン・レッド・シダー)に塗装されます。

すでに給排水工事は終わり、この日は役所の調査でした。住宅取得税や固定資産税算出のための「家屋調査」です。  

リビングからダイニング方向ダイニングからリビング方向室内・15.7畳のリビングです。 左が階段脇から、右はキッチンのアイランドテーブルからの画です。

水回りほか、またあとでご紹介です。 

honkab2 at 15:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年11月16日 最終コーナー・・・。

キッチンキッチン強化ガラスキッチンがつきました。
レンジ前の強化ガラス部です。
右側の写真はログ壁の重ね部(テーパーによる三角スペース)の隙間防止です。 
細かいでしょう?


照明点検口吹き抜け部照明・ファンです。
間もなくストーブの炉台の工事です。

ベッドルーム収納床部の点検口(兼床下収納)です。


玄関内側玄関ポーチ玄関の内側はすでにタイルが貼られ、外も左官屋さんが作業中です。
下屋を支える3本の柱を見てください。両端にジャッキ部があるわけではありません。(セトリング調整ネジ部は上部のみです。)
下部は雨で濡れてもOK、ステンレス製の特注金具でモルタル固定します。(雨樋は曲がっていますが、最終で調整いたします。) 

配管工事配管工事ここでは3区画の敷地分の広さがありますので、水道・ガス・排水など配管が非常に長くなっています。
建物の両側に水回りが分かれていることもあり配管材料・手間ともにかかります。

ここまで来るとあとわずかというところです。 

honkab2 at 13:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)