ログハウス・ホンカ・健康住宅・別荘・千葉県

2015年02月14日 一軒の家に使われる材木の量

「このところブログに新しい記事がないですね。」と、言われてしまいました。

年末年始の来客応対・お年玉等出費がかさむ時期にテレビは壊れるはパソコンはフリーズしだすは、冷凍庫を買ってしまうは、・・・で、(かなりの出費で)青息吐息でした。

そこにプラスして、いま息子の進学を含む学校の問題やら、大学生の娘のアパート・学生(障害)保険の更新やらこのところ忙しい、のですが、実のところ問題は「お金」です。お金がないから諸問題は大きく感じられるのです。ゆとりが有るほどお金があればどれほど余裕を持った生活ができるでしょう。

 

いま、何名様かのお客様との折衝で、見積をお出ししておりますが、○○様の近いご縁者が同業の某有名○○○○社で、○○様の予定地のとなりに新築戸建てを建てるのだそうです。「血筋なのか(?)プランの外観デザインがログハウスの大屋根型です。」とおっしゃっています。...(育った環境・価値観などが原因になる。)確かにそういうところはあるかもしれませんね。

 

今日、新聞のチラシで○○○社、「平屋・注文住宅27坪○○○万円」とありました。

この会社、新聞のチラシやテレビCMなど結構費用をかけています。

一般に「有名メーカーは3〜4割が広告費」と、よく言われますが、残りの粗利は2割前後のようです。(弊社はこんなには出せませんが・・。)

○○○万円で広告費用を差し引くと△△△万円、さらに粗利を引くと、・・・・なんと原価率56%以下ですか?

もともと安い材料をと苦労しているのでしょうし、沢山建てることで棟あたりのコストを抑えられるのでしょうが、職人さんの手間賃や使う資材はかなり厳しいことになるでしょうね。

 

あの日の出の勢いだったタマホームさんでさえ2015年5月期連結業績予想の下方修正・純利益は前年同期比98%減の3900万円となる見通しとの発表でした。従来予想は7%減の16億円でした。

 

この業界、倒産や事業縮小の噂は日常茶飯事ですが、他社ながら心配になってしまいます。

 

話は戻りますが、原価率56%以下の家ってどのような材料を使っているのでしょうか?   一般的に坪単価40万円程度までのローコストと呼ばれる住宅や前出の広告費など含まれる坪70万円ほどの有名メーカーでは工法の差さえあれど、平均的延面積40坪坪程度の家に使われる柱の木材価格合計は60〜80万円程度です。大体3.5寸(10.5cm角)や4寸(12cm角)の柱や・ビーム(梁)・2X(ツーバイ)材の間柱・筋交いなど全てを含んでの話です。

まあ、同じ太さの柱などでも値段はピンキリ・何倍も違いますが・・・。

壁の下地のボードって驚く程安いの知ってますか?ホームセンターに行って値段を見てください。それに壁紙・断熱材・耐水シート・外壁材を重ねますが、原価はたかが知れています。

 

一方、我がログハウス、総工費の3〜4割程度をキット費用が占めます。これには輸送費や通関費用建具・金具などが入っていますが、4t程度のトラックで運べてしまう総量と40フィートコンテナ何台ものキット総量、比べたらどれほど木材原価の比率は高いのかわかりますね。

さらにプレカット柱や工場で作った壁を組み立て、スイスイ工程が進む住宅とログハウスでは手間が全く違います。

 

「ログハウスは高い」とお思いの方、理由が解りましたか?

 

最近のニュースで感じたことをお話してみました。

 

 

続きを読む

honkab2 at 15:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)