ホンカ

2014年03月29日 ナポレオンおじさん

BlogPaint 8年ぶりに見かけました。
場所は国道128号沿い某コンビニ駐車場
今日のいでたちはいつもの帽子にアーミー調上着とエンジのタイツにカラーコーディネートされていました。

以前外房線長田のコンビニでは地元女子高生に囲まれ長いこと話していました。女高生の間では「クック船長」とよばれているようです。


もと公務員など諸説ありますが、某情報によるともと大工という話も伝わってきます。



 私は知らなかったのですが、今月25・26日ごろラジオのニッポン放送で「ナポレオンおじさんを探せ」という企画で特集していたようです。



この写真は3月27日12時過ぎの偶然の一枚ですが、このコンビニでお買物のようでした。
入口では、何人もの人に声をかけられ、一緒に記念写真を撮っていました。

大網白里市きっての有名人です。茂原・東金・白子・土気あたりが行動範囲とのことの様です。



自転車での移動のため、肌は浅黒く贅肉のない均整のとれたスタイルがタイツとよく合っています。ファッションはオリジナルに加工したものが主の様ですが、こだわりが感じられます。


 この日やっと目撃3回目にして写真を撮ることに成功しましたが、初回、確か9年前、初めて見たときには唖然としてしまいました。すごいインパクトだったのを思い出します。(そのため、写真も撮れませんでした)
あの時の愛車はドロップハンドルかマウンテンバイクだったと思います。(今日はママチャリでした。)

フック船長
噂によると70才を超しているとか???

今度見かけたら、声をかけてみたいですね。

帰ってからgugu(google検索)て見たら、いろいろ投稿されている写真が見ることができました。



うれしくなった日でした。

honkab2 at 14:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月18日 春一番と杉花粉症

 関東管区気象台からはまだ発表がありませんが、たぶんこの南寄りの強風は「春一番」となるでしょう。
あまり強い症状ではないのですが、数年前から始まった花粉症はかなり不快です。

 聞くところによると、花粉症対策の決定的な薬が間もなく発売されるようですが・・・。
私は、時にはくしゃみや鼻水が止まらないこともありますが、普段マスクをすればかなり症状は軽く、目がかゆい程度の症状なので薬までは・・・・、と思いますが、重症者にとってはかなりの朗報、劇的な効果が期待できるそうです。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
http://getnews.jp/archives/529757

<抜粋>

・・・・今年6月から花粉症治療が劇的に変わる!」という話題で持ちきりだ。

 そのビッグニュースとは、鳥居薬品株式会社(本社・東京)が開発した「シダトレンスギ花粉舌下液」(以下、シダトレン)が、今年1月17日に厚生労働省に承認され、6月にも治療現場に登場するということ。

 これは花粉症治療法「舌下免疫療法」のキーとなる新薬だ。シダトレンの最大の特徴は、シンプルな服用方法にある。

 注射の代わりに、スプレー式の容器に入った抗原エキスを舌の下にシュッシュッとスプレーして、粘膜を通じて体内に吸収されるまで2分間ほど待つ。その後は、口内に残った薬液を舐めて飲み込むだけだ。

 シダトレンを開発した鳥居薬品によれば、「甘さと塩気が混じって“甘じょっぱい”味がします。決して苦かったりして飲みにくい薬ではありません」という。

 この服用法を毎日1回続ける。投与開始から2週間は徐々に量を増やしていき、体が抗原エキスに慣れた3週目からはパックに入った定量の薬剤を服用する。毎日薬剤を2分間口に含み飲むだけでOKだから、何度も通院して注射を打たねばならない従来の根治法に比べて格段の進歩だ。

 これまで舌下免疫療法を受けるためには、「スギ花粉エキス」という注射用の薬剤を薄めて舌下に服用する保険の利かない自由診療を受けるか、製薬会社と提携する限られた医療機関での治験を受けるしかなかった。冒頭の40代男性は自由診療で舌下免疫療法を受けていたケースだ。

 しかし今回、治験を経て「スギ花粉エキス」を発展させたシダトレンが新薬として商品化されることで、スギ花粉アレルギーをもつ患者のための切り札ともいえる舌下免疫療法薬がついに一般のものとなる。

 現在、自由診療で舌下免疫療法を行なっている、谷本呼吸器内科クリニックの谷本梓医師がいう。

「注射による皮下免疫療法から舌下免疫療法に切り替えた40代の女性患者は、治療法を切り替えてから本当に楽になったといいます。

 以前は、注射自体の痛みと、その後の腫れからくる不快感で通院が苦痛だといっていましたが、舌下免疫療法ではそうした不快感や苦痛とは無縁だ、と。今シーズンはまだ花粉症の症状が出ていないととても喜んでいますね」

 シダトレン開発元の鳥居薬品も手応えを感じている。

「これまで弊社は他社が脱落する中、半世紀にわたってスギ花粉の免疫療法薬の販売を行なってきました。その成果がついに実ったと思うと感無量です。

以上



honkab2 at 10:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月21日 ストーブ設置

この角度が一番I様邸
AUKEAはこの角度が一番ですね。

まだ若干の工事は残っていますが、この日ストーブが設置されました。




煙突先ず煙突が引き伸ばされました。

燃焼時の煙の逆流を防ぐためにも、屋根の棟(切妻屋根のてっぺん)よりも高くする必要があります。(その高さは位置によっても変わります。)




煙突取り付けフェデラル・コンべクション・ヒーター
煙突は垂直が求められ、水準器で何度も正確に測り支えを取り付けます。

ストーブ本体は、ダッチウエストのFederal Convection Heaters S 172Kgの重さです。(煙突もステンレスの断熱2重・中空2重煙突でゆうに100Kgは超えます。

ストーブ温度計I様の奥様制作のレンガ・漆喰製の炉台や後部断熱パネル(耐熱コルクに漆喰を塗った状態)
素人とは思えない出来栄えです。

右の写真は、コンべクションヒーターの天板に標準装備されている温度計です。

℃(摂氏)F(華氏)が表示されtるので、天板での料理等の時に便利です。

自動車の排気ガスの触媒でお馴染みの燃焼システムで高熱を発生しながらもクリーンな排ガスが特徴のようです。
ダッチウエストの人気No.1ストーブとのことです。

施主様自らストーブのショールームに行かれ選ばれた逸品です。
ストーブのイベントに長野県まで足を運ばれるI様ならではのこだわりです。

この日設置後、D社のスタッフに早速、「火入れ」をしてもらいました。

火入れ
触媒や鋳物の性質上、ストーブは即座に高熱燃焼させてはいけない。

「慣らし運転」が必要なこと、何回、どの程度すればいいのかまた、灰の掃除やメンテナンス等お父様を含め質問されていらっしゃいました。

この季節にはぴったりの炎のゆらめきでした。

honkab2 at 13:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月03日 禁煙「価値観を変えることで世界が変わる」

 このブログの管理先であるlivedoorではBLOGOS(http://blogos.com/)というアナリスト達の意見が載っているサイトがあります。

ライフのタグから最新の記事で永江一石氏の文章がありました。
題して「ロイヤルホストの全席禁煙で、売り上げは伸びるのか → 伸びる 」です。(http://blogos.com/article/72851/

30%の喫煙率の男性と10%の喫煙率の女性、合計で人口の20%の人のための喫煙コーナーを取り払うことになったファミレス・ロイヤルホストについての記事です。

「既存顧客の入れ替え」、つまり今まで少数の客の便宜を図ることにより「分煙」をサービスとしてきたが、もう「喫煙者は客ではない」(ちょっといいすぎかな?・・言い換えれば、食事の場で喫煙しないルールを守ってもらうというお店側の主張)ことを受け入れられる客層にすることで客単価を上げようという試みであることがわかりました。

今や航空機内は国内外の路線で全面禁煙です。
また計画がGOになったリニア新幹線でも早々と全席禁煙が決まり、在来線、新幹線の一部喫煙車両があるのみで、早晩全面禁煙になるのは時代の趨勢です。

上記紹介記事の中の気になった一覧表を切り取ってみました。

所得の比較何と言うことでしょう((*'-'*)何やらbefore~afterの中の感嘆のようですが・・・。)

飲酒習慣はそれほどの差ではないものの野菜摂取量以外は所得の少ない層の非健康生活習慣が見て取れます。

*飲酒については所得があれば飲み屋さんにも行くだろうし、いいお酒も買えるのかもしれません。
年金が少なく、生活保護を受けている人のニュース番組で、「支給日の贅沢は月一の発泡酒1缶と牛丼屋での外食」なんてのもあったほどです。


この表からは、お金が無いから野菜を多く買えないし(料理の内容が貧弱)、朝ごはんなどを抜き、栄養の偏りで肥満を生み、仕事の内容や生活様式から運動の習慣を作れず、ますます不健康になっていく。唯一の楽しみは「一服すること」くらいか?・・・と見えてきます。


私はというとヘビースモーカーからの完全禁煙後17年が経ちますが、肥満と運動習慣が相互にリンクしてこうなってしまっています。


運動を日課とし、健康を取り戻すことが私には必要です。いつやるか?・・・・・「今でしょう!!!」
もうすでに2年近くも続く「40肩(あくまで40です)」も一進一退の症状は、それでも春より夏、夏より今の方が肩の可動域が広がり痛みなど症状はゆっくりですが回復しています。
私生活をも含め「人生のリハビリ」を始めなくてはと思っています。



 さて、本題に戻りますが、タバコは幻覚を生じさせないので麻薬ではありませんが、明らかに「中毒」を起こします。
四六時中あれば吸う、無ければ買いに行くことを考える。精神状態をして「病気」ですね。

上記ブログの中でありますが、食事中漂う紫煙はヘビースモーカーであった私でさえ不快です。
いっそ、飲食関係の場所の「全面禁煙法」を作ったらと思います。
更に、全面禁煙のパチンコ屋さん、・・・・はははパチンコ屋さんが高所得者のための場所なら世の中変わってきそうな気がします。

私の経験では、居酒屋などでの禁煙維持が一番辛かったですかな。


就寝中は朝までタバコに火をつけていないのに、日中はチェーンスモーカーという人もいます。


 タバコを吸うという行為の価値はどういうことでしょうか?
私の経験上、喫煙者の言う「至福の一服」などという言葉で表せるのはわかりますが、「タバコを吸わない至福」のほうが楽しいのです。

禁煙席に案内される時の優越感に、隅に追いやられた「喫煙コーナー」でちまぢまと煙を立てる人々を横目にスルーできるかっこよさを考えて見てください。

何にもまして、次のタバコを買うため、自販機やコンビニを常に頭に置くこと、吸うため・買うための煩わしい行動が「至福」のためのトラウマになっていませんか?


煙を吸い込んだ時の口腔・気管・肺への刺激と循環器を通して体に染み込むニコチンの毒は他の麻薬と変わりありません。精神錯乱がないだけです。しかし、周囲の人に害を撒き散らすことを考えれば、麻薬以上です。


タバコを吸わない事の価値観や禁煙できた時の達成感。


何よりも、現代・未来の生活の中のプライオリティー(優先)を考えるときにタバコに火をつけている時代でないことに気付いてください。


昔はハンフリーボガードがタバコを燻らせるシーンがかっこよかったのですが、今の映画では喫煙シーンは使われません。カッコ悪く見えるからです。2枚目のヒーローがタバコを吸うのがカッコ悪いのです。 (カッコ悪く見えていいヤクザ映画などでは喫煙シーンが未だに健在ですが・・。)
*実際、先日の懐かしのTV映画でのボガードは私から見て違和感いっぱいでした。



今の時代、はた目にすごーくカッコ悪いことをしているのが喫煙者なのです。



価値観を強く感じることが禁煙のコツです。


honkab2 at 12:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年11月01日 まもなく完成です

足場外し後足場なしでも手の届く塗装箇所を残し、玄関の階段も取り付けられました。
今日、電線が入り、残すところ給排水工事の設備屋さんのスケジュールを急いでもらうだけですね。

(まだ、基礎の仕上げや、室内清掃、それとストーブ設置は残っていますが・・・。)



西面北面左は西面
勝手口ポーチの工事は続いています。

右の写真は北面ですが、施主様の塗装の段階が見て取れます。
上は仕上げ3回塗り。 塗装の薄い部分は1回塗りです。
それにしてもお上手です。

洗面スペース洗濯機パン左の洗面スペースは後日鏡を設置されるとのことです。


右の洗濯機パンは洗濯機下のメンテ・清掃がしやすいタイプ。
スグレモノは水栓(水道の蛇口)が洗濯機パンについています。

ログ壁内を冷たい水道管が通らないため、見えない部分の結露など生じさせないタイプです。





ドアストッパー二階の寝室ドアのドアストッパーです。

またまた新製品、マグネット式でストッパーが持ち上がるのですが、そのまま固定できます。

上部の部分をプッシュすると解除されます。

どんどん優れものが出ますね。

この次は、施主様こだわりの照明機器を紹介します。(施主様支給にしていただいたものです。)

honkab2 at 14:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月26日 重曹水で虫歯が治ってしまう?

某番組(見逃しましたが・・)放送の後、ネットで話題になっていましたので知ったのですが、・・・。

重曹水で口をすすぐだけで、

虫歯予防
歯周病予防
歯肉炎改善
歯槽膿漏改善
口内炎完治
舌苔除去
口臭予防

に、劇的な効果があるとのことです。

もっと早くに知っていたかったな、と思いましたが、まだ遅くない。
80・20運動(ハチマル・ニーマル運動・・・80歳で20本以上の自歯を残そうという歯科の標語)に自ら合致するよう、また 娘・息子にも知らせたいと思いました。


 歯科医も認める「常識」でもあるようですが、「初期の虫歯なら治ってしまう?」ことや、「続けると歯が白くなる?」、など歯科医の業務妨害にもなってしまう知識は教えてくれないのでしょうか?(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

ちなみに、使用量は食用重曹小さじ半分を100mlの水で完全に溶かし、30秒程すすぐだけで歯磨き以上の効果があるように書かれているサイトもありました。


虫歯の原因は口内が酸性化することでもありますが、重曹はアルカリ性です。 
そのあたりもいいのでしょうか?
今までの虫歯予防といえば「フッ素」ですが、使用法に難ありで危険な副作用もあるということを考えても、重曹のほうが自然なように思えます。

*注意* 濃すぎる重曹水は口内皮膚等に刺激が強すぎ、良くないようで 適度な濃さでなければならないようです。



honkab2 at 10:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月19日 I 施主様の塗装技術が半端ない !!!

 26・27日の完成見学会に向けての最終工事に入っていますが、続々と見学希望のお電話は頂いております。
できればたくさんの方々に見学していただきたいと施主様もご希望なさっています。

当日までに足場が取れていればいいのですが、スケジュール上、のこってしまったらごめんなさい!

今回、I 様は下地塗装から上塗り、さらに室内塗装まですべて「セルフ」でされています。
当初は、下塗りから恐る恐る始めたのですが、・・・・・・・・いまやその塗装技術は私をして「完璧」。

いつかどこかの現場で、職人としてお願いしたいくらい の思い切りのいい、きれいな塗装をされています。
ペイントはティックリラを弊社から注文し、刷毛・バケツ等をご用意いただき、始めました。

その塗装のコツが I 様の奥様のブログに記されています。 右のリンクからご覧ください。

現場を見ると一目瞭然。とにかく上手です。  

私の見た目でも、「プロの塗装より長持ちします」と、感想を述べさせていただきました。

奥様・お子様も参加され、自宅の建築に、文字通り手をかけ、既にログハウスのオーナーそのものです。

honkab2 at 13:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月11日 Jejeje ! 目が点 

 食欲の秋・睡眠の秋などのんきな私ですが、某公立大学の理系学科在学中の次女にとっては「勉学の秋」の様です。  親バカの自慢になってしまいますが、いい加減な学生生活をかつて送っていた私からすれば、とんでもない驚きの娘になってしまいました。

ほぼすべての履修教科の成績が「優」なのです。  私など、2割あったかどうか?
昔から、「優」または「A」の評価の数が10コ以上か、とか 就職時の採用条件にもなっていたものでした。  


何ということでしょう。 このままだと、主席も狙えそうです。



 返済不要の某財団の奨学金対象になってもらいたいものです。今でも学生支援機構の奨学金は成績のいい人のみ得られる、「利子なし」を得ていますが・・・。 家から通えない学生には最高月額¥51,000・・(私学の場合¥月額¥120,000まで)  ≪就職できずに、奨学金を滞納する人の率が増えているそうです≫

仕送りが少なく、家から離れて暮らす、その生活費が足りず、土日にはショッピング・センターのフード・コートでバイトをして稼いでくれています。
たまに夜LINE(無料通話アプリ)で電話すると、毎夜遅くまで図書館その他でレポート提出など、勉強をしています。


 その娘の現在の趣味は週一に活動をする軽音楽バンドのリードギター練習だそうです。
大学に入ってから始めたギターですが、幼少からやっていたピアノや中・高生時代に吹奏楽部でこなしたトランペットやパーカッション(打楽器)の経験が生きているのか、独学でそれなりに弾けるようになったようです。


ある意味違う意味で問うた私の質問、「大学生活では高校の何倍もの経験ができるだろう?」に対して、「そうだね!!!」と返すその言葉は、何事にも全力を出すパワフルな行動力に裏打ちされた、むやみに妥協を重ねてきた私とは別次元の「人格」になっていました。


もう、「何事にも心配いらない」と、安心しました。



それにしても、この子ほんとにわたしの子?

honkab2 at 13:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月03日 第3回 ホンカ・ファンミーティング

 今年もホンカ・ファンミーティングが行われます。

11月30日(土) 17:00〜19:00 横浜のみなとみらいからのクルーズ船「OCEAN BLUE」にて。
詳しくは下をクリックしてください。昨日までに40名の申込みがあったようです。ご参加等のお問い合わせはお早目に!

http://www.honka.co.jp/special/index.html



honkab2 at 09:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年09月17日 風呂が入り2階の作業が続きます

ふろ3ふろ2ふろ1














風呂が入りました。
バリアフリーフラットで入口がスライド・ドアーです。 完成まではご覧のように養生されます。

傾斜天井板張り2階傾斜天井部の板張りです。
断熱には標準のグラスウール
そして気密シートを張り、ホンカ天井板13丕瑤張られます。
ホンカでは15丕瑤療薫羣爐筌哀襦璽屐弊)の入ったパネルやスタイリッシュなフィンガーボードパネル(半円に彫られたグルーブ)も選べます。*別途見積り



2階妻壁部断熱気密シート32階妻壁部断熱気密シート2階妻壁部断熱気密シート2








妻壁建具DK(ドレー・キップ)やFIX(はめゴロシ)窓部隙間に気密シート抑えのテープを張ります。
これにより、気密効果が一層増します。

2階床板25丕瑤鯆イ辰晋紂⇒楡犬気譴討い泙后
この段階ではご案内する方にはスリッパをはいていただきます。(現場には用意されています。)

honkab2 at 10:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)