■香取市FM邸(LOKKI)が完成するまで

2012年03月20日 6カ月点検にうかがいました

F邸写真1 雨の中、F邸は「男の城」感を漂わせ F様は外国語の原書をこともなげに読み、くつろいでいらっしゃいました。
周囲の杉の木の芯部(赤身部)を使いデッキの手摺を造作・塗装されていました。
床下配線で照明まで取り付け、44屐13.5坪)のテラスは表情を変えていました。


F邸写真2 肌寒い外気でしたが、遠赤外線のぬくもりは心地よく、F様に入れていただいたコーヒーも「ラグジュアリー」以外の何も無い ただただ素晴らしい時間がゆっくりと過ぎていくのが感じられます。

忙しく働くF様にとって この「時間」がエネルギーを補充するのです。


F邸写真4F邸写真5網戸越しの雨のデッキですが、WRC(ウエスタン・レッド・シダー)に塗った塗装色が映えていました。
「耐候性」についてはいくつかの対策を講じています。


F様手作りの 2nd bedroom の ロフト用梯子です。丸太を半分にするところから最後はペーパーがけまで、かなり手間はかかっています。
かなりしっかりとしています。


F邸写真7F邸写真6トイレ内の収納やタオル掛けから大きなダイニングのテーブルまで 端材や余ったログ材での作品を見せていただきました。

外部点検をお終わったO君、セトリングは思いのほか少なく、震災の影響で工期が延び、昨夏の猛暑で乾燥が進んだことも推定されました。


今回はご家族の都合でF様おひとりでしたが、たまにF様の職場のご同僚たちがいらっしゃるそうです。


次は12カ月点検でお伺いいたします。

honkab2 at 13:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年10月09日 45屐13.6坪)のデッキは広いです

F様邸 久しぶりにF様邸におうかがいしましたが、デジカメの設定を直しておらず、沢山撮った写真がピンボケでした。
この写真は予備にと携帯で撮ったものです。
何と言う失態。  我ながら情けなくなりました。


F様は不在でしたが、デッキ張り・塗装と全て終えてありました。

27畳もの広さを張られたF様、お疲れさまでした。

なかなかの出来栄えです。  塗料もあっていると思います。


間もなく3か月の初回点検時期です。   その折に写真は撮り直しさせてください。







honkab2 at 11:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月18日 lokki の「どや」顔

ベッドルームBedroom2です。

充分な広さ。

ぐっすり眠れそうです。

左側が水回りとの間仕切り壁。

ベッドルーム△離蹈侫入り口ドアの頭上にロフトを作りました。

昇降梯子は施主様手作りの予定です。






洗面・ユーティリティースペースユーティリティーから見たバスルームユーティリティーと奥に続くバス1616サイズです。




窓はルーバー角度調節式なのでセキュリティーを兼ねた解放感を得られます。







トイレ突きあたりユーティリティーの反対側のトイレと双方の中央にある通路の二連窓です。


採光・風の流れが得られます。









天窓デッキ部基礎工事天窓はリモコン式スクリーンです。
天井高の場所には必須です。

LOKKIの顔でもある大面積外部デッキの基礎工事風景を載せました。

ウエスタン・レッドシダーのデッキは施主様による張り付けが予定されています。

honkab2 at 14:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月10日 室内の写真です

室内 
エントランス・リビング側からダイニング、そして両脇がベッドルームにはさまれる通路をのぞみます。

LDの空間に丸太のポストは存在感を主張しています。施主様製作です。(オリジナルはホンカ製角ポストです。)


室内2南面からのあふれるような陽光で室内はこんなにも明るいのです。

ところが防犯ペアガラスですが、LOW-Eガラスでもありますので、赤外線はカットされますので 暑くなりません。





ストーブ玄関わきのストーブはダッチウエスト・エンライトです。

後ろのレンガの目地の白は施主様ご希望です。

セトリングするログ壁とは隙間を空けます。


冬の季節がやってくるころにストーブ屋さんによる使用説明がされます。





ベッドルームWIC南側ベッドルームと続くWIC(ウオークインクロゼット)です。

LOKKIは平屋プランですが、天井高の為 ロフトがつくれます。
手摺もつけましたので、あとは施主様お手製の梯子階段を待つばかりになりました。


続きは次回です。お楽しみに!


honkab2 at 08:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年07月29日 いよいよ追い込みです

外観 設備機器が付きましたが、まだ室内が雑然としている為 後日のUPとなります。

外部基礎を作り大引き根太、幕板まで作っていきます。 デッキはWRCですが、張り付けは施主様の予定です。 外部基礎以降のスケジュールはは盆休み以降になりそうです。


南側寝室 照明も入り 養生外し 掃除 すると 全容が撮影できます。 今しばらくお待ちください。

寝室上のロフト用梯子は施主様が製作予定です。





レンガ炉台 ストーブの炉台です。途中の写真です。

 左官屋さんも震災以降忙しく やっと今日のストーブ設置に間に合うことになりました。 

次にはストーブの写真がUP出来そうです。

honkab2 at 09:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年07月20日 F様作

工具箱 週末は寝袋持参で現場で作業されるF様ですが、今回 端材を使って工具箱を創られたようです。

メールでいただいた写真ですが、立派です。

あとはパインの綺麗さを保つためには塗装ですか?

F様はほんとに器用で、自作のLD用テーブルや丸太のポスト(柱)もピーリング(皮むき)・磨き・塗装などされています。


それらの設置写真はもう少し後です。こうご期待を!!!

honkab2 at 10:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年07月06日 建築資材の流通不足などで遅れていました

塗装状態 破風・鼻隠し・軒裏とトリムボードにホンカホワイトが塗られ、LOKKIのデザイン性が強調されて来ました。
断熱材・床下地用構造合板が入らないため遅れていましたが、今週解決しました。




断熱材ー防湿シートー天井板天井張りに続き床張り、間仕切り壁の工事にかかれます。







屋根煙突の右下に見えるのは天窓ですがリモコン開閉式ブラインドタイプです。
ここの位置は非常に高く、ロッド(操作棒)での開け閉めがしづらい為です。





角度調整ルーバー窓セキュリティーも兼ねた角度調整可能ルーバー付風呂サッシです。
景色を楽しみながらの入浴にもプライバシー配慮の目かくしにもなる優れものです。





セキュリティーガラスセキュリティーと言えば、FIXも含めた全てのホンカ建具のガラス部には強化ガラスが入っています。

もちろんペアガラスですし、Low-e です。





TVアンテナ?アンテナ?

いいえ、ホンカ建具の窓格子です。

取り付けはオプションですが、脱着によってイメージが大きく変わります。

honkab2 at 09:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月04日 資材不足で遅れています

塗装後 かなりの手間ですが、ここまで塗られました。
F様 今日は現地でT社員と細部の塗色やシーリングファン、レンガ・タイルの選定・打合せをしていただいております。

梅雨入りが屋根工事の工程を延ばしています。



棟部1棟部2室内天井の状態です。

電気配線が所々見えます。

片流れ屋根ですがL型のプランの為、棟部からゆるやかに流れ落ちる屋根です。



主寝室のロフト主寝室にはロフトがあります。

収納だけでは終わらせたくない、不思議な空間でもあります。

音響の配線も床下などをくぐらせます。



honkab2 at 13:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月07日 外壁塗装は終了したとのことです

A F様は写真のようにミニチュア・モデルを作りながら外壁や屋根との色のバランスを検討していらっしゃいます。
寸法から家具や棚などの配置も熟慮できます。

この日ご家族総出で外壁の上塗り作業に取り掛かられました。
テーブルに見え隠れするのはF様の愛犬「coco」ちゃんです。  何やら他人事(ひとごと)いや犬事ではありません。 ちょっとメタボかな?



B弊社T社員がコツなどを伝授した後、皆様は一斉に塗り始められました。

左の写真はT社員の撮ったものですが、塗装完了後にF様が記念にと、ログをバックのご家族皆様の写真をメール添付にてお送りいただきました。
なかなかの出来栄えのようです。 全景はまたの機会に紹介いたします。




Cホンカ製ユンボ?  いえいえ、ホンカは「ユンボ」は作っていません。 「タンボ」に建てることもできますし、「トンボ」が止まる家ですが、・・・・。・・・ユンボで散歩は出来るのでしょうか?
<なんのこっちゃ!!!>
ホンカのシールを貼ったF様の「オウン・ユンボ」です。
マイ・ユンボだなんてすごいですね。


その上細かい工作まで。繊細さと大胆さを併せ持っている方です。

何という方なのでしょう!!!

この先かなりの部分についてもご自身で手を加えられる予定です。


F様、この土地を決めたのは近くに愛犬(コーギ―)cocoちゃんと同じ店名のコンビニがあったからですか?  もしかすると・・・・と、思いました。





honkab2 at 14:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月29日 GWにはF様ご家族皆様による塗装作業が行われます

垂木まで 垂木までかけられました。

その垂木の上には・・・、いま不足しているという構造用合板が。野地板(屋根の下地)用です。

震災の影響で流通が止まっていましたが、どうにか手に入りました。

材木屋さんにお願いし杉の丸太から野地板用に切り出してもらいましたが、使用しないことになりました。 



垂直修正 左の写真はログ壁の垂直を「矯正」しているところです。 如何に精巧に加工しているホンカのログ材といえどただ積み上げるだけでは垂直は出ません。

「矯正」し、垂木の上に野地板を打ち付けることでこの「ねじれ応力」は固定・安定することになります。


セトリングを正しく行わせるためであり、家を長持ちさせる基本ですが、この工程をしていないログ業者もあります。



排水系工事西側ですが排水系の塩ビ管が見えます。

浄化槽に蒸発散装置をつけました。

昨日TIKKURILAも届きました。
F様はカラーリング等、模型を作って検討されているんです。



電柱延伸抜根左:電柱延伸工事終了後のアプローチの写真です。

右:F様がマイユンボにて抜根されたものですが、ストーブで燃やす以外になにか芸術作品にでもなりそうです。



honkab2 at 13:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)