■千葉市緑区IT邸(SUVI)完成まで

2011年03月27日 暖炉の慣らし運転と説明

薪ストーブ・インストラクション この日、お引き渡し後ご主人のご都合に合わせストーブ屋さんのSさんが説明に来てくれました。

着火剤の説明からならし運転の必要性など長く使うためのコツや注意点を詳細に伝えられました。

ダンパーや空気吸入口の開閉のタイミングがよくわかりました。

強風だったこの日、煙が逆に室内に流れ込むこともなく 煙突からはほのかな煙が強風に散っていました。

煙突の設置位置や棟高と距離に応じた煙突の長さなど、設計段階からアドバイスをもらいます。
ダッチウエストのエンライトは使いやすい機種ですね。

ならし運転高価な機種でも前面ガラスがススにより曇りが出やすいタイプもあります。

再燃焼や煙を少なくするための触媒を使ったタイプだと、定期的な交換が必要ですが このエンライトは炉内の空気の流れを工夫することによって完全燃焼を誘導するのだそうです。(メーカー説明より)


炉前の床暖とこの炎はお嬢様達の心もはぐくんでくれそうです。


夕闇の迫る時刻でしたが、夜の炎はもっと素敵なんです。





先日ご案内させていただいたK様(既ホンカオーナー)、後付けも可能です!!
お見積もりいたしましょうか?

先日見学後のK様のブログはこちら☟

http://blogs.yahoo.co.jp/bgjcx418/MYBLOG/yblog.html

honkab2 at 15:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月18日 煙突のトップやデッキ(テラス)の完成した全景です

東側 防災瓦に落葉・小鳥対策の雨樋、外壁他被膜塗装と メンテナンスフリー 若しくはメンテナンスに気を使うことの少ない仕様にしましたが、緑が多くあるこの土地でメルヘンの如くしっくりと存在感を主張しています。
かわいい配色ですね。




ハウステックEC北面についたHousetech 社製 地下水対応型エコキュートです。

定期的な加熱配管部の排水によってカルキ等のつまりを防止します。
メンテナンス契約によって保証が続きます。




カウンターこの対面キッチン前カウンターは幅を広くしたので様々な使い道があります。

お嬢様達の勉強スペースとしても考えています。

強度も申し分ないのですが、上で新体操などさせないでください。



栗田さんカービング私どものモデルハウスからも10分かからない、カービングで有名な栗田さん(香亜奈工房http://www.kaana.jp/)からいただいたという作品です。
リビングに飾りました。

honkab2 at 13:31|PermalinkComments(0)TrackBack(1)

2011年03月10日 作業は佳境にさしかかってまいりました

ハウステックエコキュート 北面のエコキュートです。
配管途中です。
洗面化粧台が来週の為、残念ながら音ナインの実証は見学会には間に合いません。

今日は千葉県住宅センターによる完了検査でした。
建物等はOK。
敷地境界杭の確認写真の追加送付が求められました。


キッチン造作玄関造作本棚












キッチン・玄関・2F書棚等の造作写真ですが、清掃前の為あまり見えません。

明日にはプロのクリーニングが入ります。

見学会には靴下・手袋は用意いたします。触って確かめてください。

honkab2 at 13:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月08日 見学会後に床塗装が入ります

I邸 昨日は雪交じりの雨でしたが、見学会に向けて毎日のようにペンキ屋さん・設備屋さん・電気屋さんなどが入っています。

完了検査後もいろいろ予定は入っています。




すとっ葉すとっ葉upI邸で初めて採用した「落葉対策雨樋」です。
屋根の色ともマッチしてその仕組み、製品の完成度からも納得です。

かなりの大雨にも対応でき、落葉や小鳥の巣対策にもぴったりと思います。


エコキュート設置基礎 明日にはエコキュートが据え付けられます。

地下水対応型ですが、外観は普通ものと変わりません。

洗面化粧台や便器も配管されます。



オトナイン 「音ナイン」の外周吸音部です。
二階のトイレ排水音が15dbほど下がるようです。

既に見えなくなってしまいましたが、効果をお確かめください。
メーカーの商品説明はこちら☟
http://www.cci-otonain.com/otonain.html




honkab2 at 11:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年03月03日 12(土)・13(日)以外もご案内できます

I邸 予定では3/9〜10に床塗装がありますが、3/8までに見学ご希望の方はお問い合わせください。

当日及び翌日は塗装後の養生日として2Fの見学が難しくなります。

収納造作他作業中ではありますがご案内できます。


現地は旧集落で細い道でわかり辛いこともありますので、待ち合わせ地図☟をご覧ください。

http://www.mapion.co.jp/m/35.5329761111111_140.174511388889_10/

ちはら台駅近くのファミリーマートの駐車場です。 ホンカシールなど貼ったわかりやすい車でお持ちいたします。


尚、お問い合わせ電話は 弊社モデルハウスの番号 「0436-95-5641」に !!!  (外出時にも転送しています)

尚、弊社モデルハウスには広域〜拡大のわかりやすい地図も揃えております。



honkab2 at 10:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月20日 フィニッシュ(上塗り仕上)塗装工程です

ペイント 少しずつ春の足音がする日が多くなりました。

完成が近づいてきました。

無風でも陽射しが陰ると寒くなってきます。
室内では階段もつき、収納の造作が始まりました。


詳細は改めてお知らせいたしますが、現場をご覧いただくこともできますので是非ご連絡ください。

honkab2 at 15:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月07日 防湿シート張り

防湿シート 防湿シートが張られました。
ホンカ天井材(シーリングパネル)が張られる前です。このような段階は施主様にとっては工事中の現場への来場や記録があったとしても、長い生活の中で忘れてしまいがちですが、弊社ではお引き渡しの書類の中に各工程の写真を印刷、まとめてお渡ししています。


* ログハウスの大屋根はその面積・角度により大きく陽射しなどの天候に左右されます。 夏にはロフトスペースの暑さ、冬には生じやすい屋根内結露、熱損失などです。
快適なログ生活の為にはきちんとした屋根施工の重要性は非常に大きいです。



北東側から 北東側からの写真です。

下地塗装済みとはいえ、若干の紫外線による色の変化はあります。(夏の紫外線の影響とは比較になりませんが・・・。)

塗装色も決定し、間もなく上塗り作業に入ります。


煙突 煙突の角トップ部下地です。
ラスカットを張り、モルタル下地まで進みました。

見本カタログによって選ばれたタイルが張られます。
この上にストーブ煙突が乗ります。

煙突を伝い流れる可能性のある、強酸・クレオソートによる屋根部(防水板金含む)を保護するための2重煙突の基台であります。

煙突はもちろんステンレス製ですが、強酸ペーハーは2前後にもなるとのことです。長く持たせるための煙突の設置方法です。


* 出来るだけクレオソート成分などが出ないようになど、基本的にはストーブや煙突を長持ちさせる為に充分に乾燥させた木材を使用する必要があるのはいうまでも有りませんが・・・・。

honkab2 at 11:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月01日 今日だけでも色々な職人さんたちが入りました

和瓦のカット瓦葺き この和瓦の色は初めてでしたが、すごく落ち着いています。
壁色等とのコラボではお勧めの色ですね。
ITさんの選択ですが、私も好きになりました。

カットし、寸法調節しながら葺いていきます。



引き戸への変更をしました断熱材張り付け室内では先週ユニットバスが組み立てられましたが、間仕切り壁との空間に断熱材を張りました。
床下からの通気を防ぎ、バス内の保温と遮音効果があります。

ちなみにバス入口はスライドドアを採用です。



1Fトイレ断熱材張り傾斜天井断熱材左は1F玄関正面、トイレの壁の断熱材張り付け状況です。この断熱材は遮音効果を発揮します。

右は傾斜天井の断熱材です。
この後防湿シートが張られ、シーリングパネル(天井板13㎜厚×120㎜巾)が張られていきます。

写真の角度が悪いのですが右下に2Fトイレ部間仕切りの断熱材も見えます。




排水管防音2Fトイレ床下の排水管は「音ナイン」を使っています。

一般の塩ビ配管と比べ、5倍以上の値段がしますが、実際の生活では階上からの設備機器の排水管の音は思いのほか気になりますので、またまたこれを採用しました。
弊社ではお客様に請求しません。
ドアストッパーやドアクローザーなどとともにあった方がいいであろう「気遣いサービス」です。

設備・配管屋さんも家の内側では㎜単位の細かい作業ですが、外回りだとユンボを使った豪快な作業です。

若干の変更で電話したところ、電気屋さんもはるばる50分 車を飛ばしてきてくれ 私を含めると10名でした。

いい職人さん達です。


毎日お茶をいただいたり、遅くなった時ラーメンをいただいたことも、施主様ありがとうございます。


honkab2 at 10:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月25日 JIOによる躯体検査でした


JIO躯体検査 昨日午後に行われた、JIOによる中間検査(躯体検査)の写真です。

委託検査員もログハウスに慣れてきました。

検査の各ポイントを確認し、すぐに終わりました。

後日検査報告書は送付されますが、現場ではOKの言葉をいただきました。


ちなみに改良点が指摘された場合には、施工後の写真やメーカーの資材の資料の添付を求められます。

これにより10年間のJIOからの瑕疵保証が担保されます。




IT邸梅庭では早めの白梅がきれいでした。

梅一輪 一輪ほどの 暖かさ (服部嵐雪)

この句からすると 写真ではかなり暖かい雰囲気なのでは? と、思うほど咲き誇っています。

確かに無風ですので、大寒の建築中のログ内外気温10℃前後でも、陽射しをしてほのかな風情を感じさせてくれています。

 「 ♪ 梅は咲いたか 桜はまだかいな~ ♪ 」
沖縄など地方によっては桜の方が先に咲く(あるいは同時に咲く)ところもあるようですが、春ですね、間もなく。


明日にはユニットバスの据え付け工事。
水切り板金後には仕上塗装、屋根葺きが始まります。

木工事は入荷が遅れていた断熱材が入り、天井や間仕切り壁の造作に入ります。

いまだと、セトリング対応ヶ所の施工等 仕上げをすると見えなくなってしまう部分を見ることが出来ます。


またまたここで一句、

梅一番 鮭が二番で あと昆布  by ムーミン ・・・・・ おにぎりか(`□´)コラッ!

春が来た 私の春は いまいずこ   〃     ・・・・・ 知るか!!! 。゜゜(´□`。)°゜。

ログハウス 建築中も 暖かい     〃     ・・・・・ 本当です


                              お後がよろしいようで。

honkab2 at 11:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年01月07日 今年の仕事始めです

外観 広葉樹の葉が落ちて良く見えますが、葉の茂る季節には「木陰の隠れ家」のようなログになります。

暮れの仕事で妻壁外装下地まで終わっています。

屋根下地も終わっています。



建具取付耐火ボード左の写真は1階のログ壁の建具の取り付けです。
右は2階妻壁部の取り付け方です。
どうですか、2階では隙間なく取り付けられていますね。ここのところがセトリングするログ壁との違いです。

妻壁に延焼防止の為の耐火ボードが挟まれています。

現在の断熱材不足の余波でしばらくこの構造段階が見学可能ですので、ご希望の方はお申し出ください。



honkab2 at 11:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)