△HONKAから

2012年09月08日 ホンカの垂木受け金具

在来工法垂木受け金具 左の写真は在来工法の工事中の写真です。
屋根垂木のあおり止め用ねじり金具で桁に止めているのがわかりますか?

更に野地板(屋根下地材)が杉の無垢板で張られています。 実に伝統的な工法です。



ホンカ垂木止め金具左はホンカの大屋根のL型止め金具の施工状況です。工場で桁が斜めにBevel・Cutされているので屋根垂木は両側からL型金具によって頑丈に固定されます。

(総二階ログの垂木止め金具は可動型です。)

野地板は構造用合板です。大屋根はかなりの風圧がかかります。


また、前に載せましたが、ログハウスはログを積んでいくと垂直にはなっていないことがあります、それを直すことを「よろび補正」と言いますが、矩(直角)を保つためには各階の床・屋根を剛構造にしなければなりません。

ログハウスは免震構造にも似た耐震性を備えていますが、各階の床や屋根が安定した強い面構造であることで、復元性を誇ることができます。

野地板や床下地を細い無垢の杉板で張って、板の割れ・そりや節穴が心配な家を知っています。 昔ならいいのですが・・・。断熱・機密を謳う家ではそぐわないし、剛性の求められる建築物にもミスマッチだと思います。

優れた耐震性・耐風性・気密性・防音性が確保できる構造用合板を使うということが「適材適所」なんです。



妻壁妻壁部金具 左はロフト利用の2階建てモデルの妻壁部内側の施工状況です。
柱で屋根荷重を受けるのではなく、構造面を作り金具でしっかりと固定する。 



根太受け金具 2階床の根太受け金具です。
切込がない分2×8材の強度が100%発揮されます。
(間の板材も両サイドからコーススレッド打ち仕様ですので、強度は失われません。)
もちろん1階の天井が張られたら見えなくなります。




母屋小屋裏棟部小屋裏天井裏の2タイプを比べてください。
棟木1本と母屋2本それぞれのビーム(梁)による天井施工に違いがあります。

棟部小屋裏の小空間は配線や屋根裏の換気に都合のいいスペースです。 

honkab2 at 17:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月11日 Honka 青山office

showroom プレ・オープンということで青山まで行ってまいりました。正式オープンは本日・5/11です。

左の写真は商談スペース。

大小モニターのほかに右にプロジェクターによるスクリーン機能もあります。壁材・床材に椅子・テーブル、更に食器類などもプレゼン品なんです。


青山1丁目交差点青山1丁目交差点一面ガラス張りのコウズキキャピタルイースト・ビルですが、ここ4階からは正面にHonda青山ショウルームが見えます。

交差点の雰囲気は正に「山手線の内側」です。

 ここのイベントでお客様と時間と空間を共有できればと思います。

ちなみにおいでいただく場合、アポイントが必要です。ビルのセキュリティーの関係です。


コウズキ・ビル はコナミ創業者の上月氏の所有ビルです。

honkab2 at 13:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月07日 新プランの紹介6

Symmetria 間取りSymmetriaSymmetria(シンメトリア・・・「均整」の意味)

総2階建120.0屐36.3坪)


 正面はログハウスとして木の質量感を表した外観としています。
平面・立面共に黄金比に近い比率でまとめたので、シンプルなプロポーションに整えられています。

各壁面の窓も木品よくバランスを保つよう配置しています。

 都市部の狭い敷地の住宅を想定し、玄関はインナーアプローチの奥に設け、インナーアプローチには車・カヌー・自転車などを置くスペースとして計画しています。


2階平面計画は4 BEDROOMが可能な構成として、30代で家を購入しても、その後の人生の可変性に対応可能であることを想定しています。




honkab2 at 10:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年05月01日 新プランの紹介5

 前のEelis と 次に掲げる Julius 更に Wiljami  都合 3 プランは共通のコンセプトで 建築デザイナー・Edward Suzuki 氏によって生み出されました。
ホンカでの代表作はM3邸です。

ユリウス間取りユリウス

Julius(ユリウス・・・「男性名」)
総二階建ログ延床100.5屐30.4坪)

1階に駐車場を設けるプランとしている。
また、インナーテラス*を1階、駐車場の先に設けることでより空間を広く感じることができるよう配慮している。
1階のインナーテラス*にLDKを面するよう配置し、2階部分はインナーテラス*の吹き抜けとなっている。

吹き抜けに各寝室が面すように配置することで、近隣との煩わしい視線の考査をここでも防ぐことができる。

また、テラスに背の高い樹木を設置すれば、寝室から適度な距離感で自然を楽しむこともできるだろう。





ウイリヤミ間取りウイリヤミ

Wiljami (ウイリアミ・・・「男性名」)
総2階ログ・延べ床面積102.3屐30.9坪)


想定敷地の間口・奥行きは適度な広さである。

1階スペースは隣家に邪魔されて光や風の入り込みにくい状態になってしまう可能性がある為、LDKは2階に配置している。

各Bedroom の面積も程良い広さが確保されており、インナーテラス*もLDKと一体空間を作り上げることで、2階を解放感溢れる気持ちのいい場所としている。




*将来、家族構成が変化し、部屋を増やしたいと思った時には、あるいはこのインナーテラスを増築可能なスペースと捉えることもできるのではないだろうか。




(続 く)



honkab2 at 11:52|Permalink

2012年04月30日 新プランの紹介4

今日からは3つの姉妹プランを紹介します。

次に掲げるプランに共通した設計意図は、

都市の中で家を建てるときには出来るだけ建物を端に寄せつつ、近隣との間に例えばテラスを挟んで互いの距離を取りながら、空いたスペースに植栽を植えたり囲いを設けたりといった形で自分たちのプライバシーを確保しようとする。
しかしながら、このスタイルでいざ生活してみると、テラスを通した植栽や囲いの先に存在する隣家の生活が否応なしに視界へ入ってくるため、心からくつろぐことがが非常に難しいことに気付くだろう。

この3つのプランでは、このバッファーゾーン(緩衝帯)となるテラスを建物の中央に配置し、そこに面してリビングやDKなどの主要な部屋を配置することで近隣との視線の考査をなくし、快適にプライバシーが確保できるように計画している。

近隣との間に立てていた植栽や囲い等の目かくしはログの外壁がその役目を担い、中央のインナーテラスに向かって各部屋が配置されている為、そこに住まう家族の視線は常にこのインナーテラスに向かう。
インナーテラスには絶えず太陽の光が降り注ぎ、爽やかな風が流れ込み、そこに設置した樹木が鮮やかな彩りとともに季節の移ろいを各部屋へ届けてくれる。

またその気持ちの良いテラスを通して向かいの部屋にいる家族の気配を常に感じることができるのである。




前置きに多くを取ってしまいましたが、・・・

それでは先ず第一番に・・・・



エーリス間取りエーリスEELIS(エーリス・・・「男性名」) 総2階ログ延床94.9/28.7坪)

4.8m×11m
想定敷地の間口が狭く、奥行きが広い。


建物の形状としては縦長なものとなっており、2階のインナーテラスの外壁面に対するワイドも大きくなっている為、テラスの広がり感も大きい。


 将来、家族構成が変化し、部屋を増やしたいと思った時には、あるいはこのインナーテラスを増築可能なスペースとしてとらえることもできるのではないだろうか。

縦長な敷地の想定から近隣との距離の近さを想定しているが、その場合、1階スペースは隣家に邪魔されて光や風の入り込みにくい状態になってしまう可能性がある為、LDKは2階に配置している。


屋根の形状については、雨勾配を取れる最小の傾きとし、出来るだけフラットな形に見えるようにすることで建物自体のデザインがシャープに見えてくるだろう。


(続く)

honkab2 at 14:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月28日 新プランの紹介3

KANTA間取りKANTA今回はHarri Koskinen (ハッリ・コスキネン / 国際的に活躍するフィンランドのデザイナー)のFXLログ(ノンセトリング)限定のプランを2つ紹介します。


KANTA(カンタ・・・「基本」の意)

FXL限定総二階ログ84.6屐25.5坪)

DINKS《 double income, no kids 》の夫婦又はスモールファミリーを想定しデザインされた2階建のキューブ型コンパクトハウスです。


全ての機能をバランス良く、使いやすく、効果的にレイアウトしています。


空間に圧迫感を与えないように仕切りを外したLDK。のびやかな2階のバルコニーに沿ったバス、ユーティリティー。


視界を遮らない透明感・透過性を大切にした発想から、1階中央に配置された階段は蹴込板を外し、素通しで向こう側の見える階段としています。






SUOJASUOJA間取りSUOJA(スオヤ・・・「保護」の意)


FXLログ限定総二階プラン延床144.4屐43.6坪)





都市型住居を想定しながらも、快適性と空間の品質に重きを置いて考案されたプランです。

スタイリッシュなフォルムの中にも、丈夫な木部材による安心感・安堵感・健康感を建物全体で感じることができます。


2階の大きなバルコニーも、グリーンオアシスとしてこの建物の特徴としています。




・・・・・陸屋根等建築方法が全く異なってきます。
セトリングスペースの不必要な建具取り付け(特殊トリムボード)となります。



(続く)

honkab2 at 15:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月28日 新プランの紹介2

MIELIMIELI間取り2012新モデルの紹介、2回目です。

MIELI(ミエリ・・・「知性」の意)

 Lofty Home Design /ロフト型二階建 延床90.3屐27.3坪)


煩雑な都会の中でも、シンプルでコンパクトな建物に生活様式を内包させ、また家族の安全と安心を丸太組み工法で健全に包む家を考えました。

ロフティータイプでは屋根の桁側隅部は居住空間として使えないというユーザーにとって、この問題をクリアーするためにドーマー等を設けてきましたが、今回は生活者の視点からコストを抑え、また家の端部まで使える家創りを心がけた結果、リフトアップ屋根手法に行きつきました。

二階の床よりログ壁を約1m立ち上げることによってシンプルな屋根が保て、居住空間も得られます。

ミエリでは2階に3寝室計画し、1階では玄関の隣に、外からも出入りできる自転車や観葉植物を置ける空間を計画しています。

もちろん仕切りを外せば広いLDに替えられます。




FIKSUFIKSU間取り

FIKSU(フィクス・・・「賢い」の意)

Two Story Design/総2階建84.4屐25.5坪)


都市部の建物を想定し、コンパクトな敷地にも収まるようなボリューム感で仕上げています。


1階はダイニングとリビングがシームレスに繋がり、小さめのサイズ感ながら一体化した丈夫な木の空間は、家族の団欒、コミュニケ―ションの時間を醸しだすでしょう。

2階は3寝室と大きめの収納を計画しています。


緩勾配の方流れ屋根はバルコニー側を水下とし、風雨の影響を少しでも和らげられるようにしています。

市街地においても、木の空間で心地よくアーバンライフが送れるように、スマート&アクティブに暮らすカップルやファミリー向けの提案です。




(続く)



honkab2 at 14:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月24日 新モデルから

AKSELI平面AKSELIパース2012新モデルを紹介いたします。

AKSELI(アクセリ・・・「軸」の意)平屋72屐21.8坪)



 郊外や別荘地など、自然や美しい景観を享受できる場所に建てられることを想定。
中央のデッキへ面しているリビングとベッドルームの広い開口部からは環境からの最大限の快適なビューや日当たりを楽しめます。
開口部の方向や方角など「軸線」を大切に配置計画がされることを願っています。

レフトウイング(LDK)とライトウイング(BEDROOM・個室)はエントランス、バス、ユーティリティーのゾーンで繋がれており、各ウイングやゾーンからアクセスできるフラットデッキは、趣味の道具のメンテナンス、バーベキューやこどもたちの遊び場として、デッキがどこまでも伸びていくような配置計画が好ましいと考えます。


JALOKIVIパースJALOKIVIプラン
JALOKIVI(ヤロキウィ・・・「宝石」の意)平屋91屐27.5坪)




 5m角の正方形を4ケ集合させ、1辺10mの正方形の中に生活を納めています。
住宅の生活要素を挟んで3寝室を配置していますので、各部屋のプライバシーは充足されています。

LDの大開口はログ壁より内側に配置することによって、すっきりしたガラス面を実現しています。 その外側では屋根のあるテラスとして季節の食事を楽しめます。
シンプルでなだらかな方流れ屋根は、森の中、林の中の宝石箱のように写るでしょう。
郊外の住宅として、また別荘として、若年層から高年層まで幅広く使っていただけます。



ホンカジャパンのHPからの「製品ラインナップ」タグには2012新デザインブック内のすべてのプランが載っていますが、ここでは新プランのコンセプトなどを紹介していきます。

honkab2 at 11:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月22日 ドアのパネルデザインは選べます

クラシック斜線タイプ玄関とログポスト 左はオーソドックスなホンカ斜線デザインパネルのドアです。

右は縦線デザインのパネルです。


どちらがお好みですか?

断熱材を挟んだドアパネルはその厚み以上に断熱・遮音性能は高いです。



デザインでいえば窓格子もいくつかのパターンから選べます。

アウケア2階室内から室内側からの見た目も変わります。

「ホンカルック」で選べます。


トリプルガラス標準化など、建具が変わりいま改定中とのことです。



honkab2 at 13:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年04月12日 DESIGN BOOK 2012

design book 2012 お待たせいたしました。

HONKA DESIGN BOOK 2012 が出来上がりました。

第一陣到着分には数に限りがありますのでお早めに !

今回の変更は新たに有名建築デザイナーのプランが複数掲載されたことです。

全掲載37プランは2011デザインブックと比べると1つ少なくなっています。


内訳は3減3増(2011Designbookの内容に対して3プランが減り、3プランが増えた) 1 STORY (平屋) 。

6減1増の Lofty home (小屋裏利用2階建て)。

3減7増の 2 Story (ログ積み上げ・・総二階建て)。


つまり 11もの新プランが載っています。


HONKA・JAPAN のHPからのタグ「製品ラインナップ」からのプラン一覧はまだ変更になっておりませんが、このプランブック(カタログ)はびっくりの内容です。

ホンカオーナーへのaika(アイカ)では1story/2story の充実を揚げており、そのうちのいくつかのパースが載っていますが、・・・。



やはり皆さんの興味はプラン(間取り)ですね。


ご期待を!!!


honkab2 at 12:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)