△HONKAから

2015年02月14日 一軒の家に使われる材木の量

「このところブログに新しい記事がないですね。」と、言われてしまいました。

年末年始の来客応対・お年玉等出費がかさむ時期にテレビは壊れるはパソコンはフリーズしだすは、冷凍庫を買ってしまうは、・・・で、(かなりの出費で)青息吐息でした。

そこにプラスして、いま息子の進学を含む学校の問題やら、大学生の娘のアパート・学生(障害)保険の更新やらこのところ忙しい、のですが、実のところ問題は「お金」です。お金がないから諸問題は大きく感じられるのです。ゆとりが有るほどお金があればどれほど余裕を持った生活ができるでしょう。

 

いま、何名様かのお客様との折衝で、見積をお出ししておりますが、○○様の近いご縁者が同業の某有名○○○○社で、○○様の予定地のとなりに新築戸建てを建てるのだそうです。「血筋なのか(?)プランの外観デザインがログハウスの大屋根型です。」とおっしゃっています。...(育った環境・価値観などが原因になる。)確かにそういうところはあるかもしれませんね。

 

今日、新聞のチラシで○○○社、「平屋・注文住宅27坪○○○万円」とありました。

この会社、新聞のチラシやテレビCMなど結構費用をかけています。

一般に「有名メーカーは3〜4割が広告費」と、よく言われますが、残りの粗利は2割前後のようです。(弊社はこんなには出せませんが・・。)

○○○万円で広告費用を差し引くと△△△万円、さらに粗利を引くと、・・・・なんと原価率56%以下ですか?

もともと安い材料をと苦労しているのでしょうし、沢山建てることで棟あたりのコストを抑えられるのでしょうが、職人さんの手間賃や使う資材はかなり厳しいことになるでしょうね。

 

あの日の出の勢いだったタマホームさんでさえ2015年5月期連結業績予想の下方修正・純利益は前年同期比98%減の3900万円となる見通しとの発表でした。従来予想は7%減の16億円でした。

 

この業界、倒産や事業縮小の噂は日常茶飯事ですが、他社ながら心配になってしまいます。

 

話は戻りますが、原価率56%以下の家ってどのような材料を使っているのでしょうか?   一般的に坪単価40万円程度までのローコストと呼ばれる住宅や前出の広告費など含まれる坪70万円ほどの有名メーカーでは工法の差さえあれど、平均的延面積40坪坪程度の家に使われる柱の木材価格合計は60〜80万円程度です。大体3.5寸(10.5cm角)や4寸(12cm角)の柱や・ビーム(梁)・2X(ツーバイ)材の間柱・筋交いなど全てを含んでの話です。

まあ、同じ太さの柱などでも値段はピンキリ・何倍も違いますが・・・。

壁の下地のボードって驚く程安いの知ってますか?ホームセンターに行って値段を見てください。それに壁紙・断熱材・耐水シート・外壁材を重ねますが、原価はたかが知れています。

 

一方、我がログハウス、総工費の3〜4割程度をキット費用が占めます。これには輸送費や通関費用建具・金具などが入っていますが、4t程度のトラックで運べてしまう総量と40フィートコンテナ何台ものキット総量、比べたらどれほど木材原価の比率は高いのかわかりますね。

さらにプレカット柱や工場で作った壁を組み立て、スイスイ工程が進む住宅とログハウスでは手間が全く違います。

 

「ログハウスは高い」とお思いの方、理由が解りましたか?

 

最近のニュースで感じたことをお話してみました。

 

 

続きを読む

honkab2 at 15:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月03日 第3回 ホンカ・ファンミーティング

 今年もホンカ・ファンミーティングが行われます。

11月30日(土) 17:00〜19:00 横浜のみなとみらいからのクルーズ船「OCEAN BLUE」にて。
詳しくは下をクリックしてください。昨日までに40名の申込みがあったようです。ご参加等のお問い合わせはお早目に!

http://www.honka.co.jp/special/index.html



honkab2 at 09:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年04月26日 HONKA 55周年キャンペーンのお知らせの中にMH(モデルハウス)来場記念品交換カードが入っています。

glass

(*プレゼントは数に限りがございます。カード1枚に付1個)

iittala / Kartio Mouthblown タンブラー

どんなに満腹であっても欲しくなるデザートはある。

どんなに必要な食器が十分に揃っていても欲しいと思う物
別腹アイテムが僕にも少しだけあって
そういった物を少しづつ別注し
スコープのラインナップに加えているんだけど
どうしても僕らのリクエストでは叶えられない物もある。
マウスブローのカルティオ。薄いカルティオです。

できれば新品で手に入れたいと思っていたので
カイ・フランク生誕100年のアニバーサリーイヤー2011年に
リリースされたのはとんでもなく嬉しいニュースでした。
正直、こんなチャンスはそうそうない!興奮しました。

僕にとって
アラビア食器の頂点がパラティッシのオーバルなら
イッタラガラスの頂点はマウスブローのカルティオ。
僕の中の地位でいえば、フローラよりも上かな?

フィンランドへ行くと
マイスオミのハンナさんがいつも自宅へ招待してくれて
ホームパーティーを毎回セッティングしてくれます。
その時の彼女のテーブルセットによく登場するのが
オーバルのパラティッシとマウスブローの薄いカルティオ。

ワイングラスとカルティオタンブラーのならんだ姿が
色濃く印象に残っていて
僕の中にあるフィンランドでの思い出の
重要なワンシーンになっています。
テーブルに自分のグラスが2つセットされているのって
本当に特別を感じる。そして気持ちとセンスも感じる。

1つにはワイン、1つには水。
大きなワイングラスと小さなカルティオタンブラー
両方とも薄い。そのバランスは最高です。

ハンナさんの家では
マウスブローのカルティオを毎日使ってるんだ!凄い!
って最初は思ってたんだけど実はそんな事はなかった。
特別な時にしか使わないのだそうです。
ゲストが来た時や、本当に大切な日にだけ大事に使う。

それ以来
そんなグラスが我家にも1つあるといいなと思いつつも
なかなか巡り会えないものですね。
僕のようにヴィンテージより新品を愛用したい人は特に。
だから、このマウスブローのカルティオタンブラーは
食器がどれだけ十分にあるかという状況は関係なくて
遂にキタ!が正直な気持ちです。

僕にとって、この薄いカルティオのタンブラーは
いつも使う物ではなく、特別な時にだけ
テーブルに登場する物。
徹底して日常使いしない方向で大事にしていきます。

このグラスが僕だけでなく
1人でも多くの人にとっての特別なグラスになって
これから生まれてくる、大切な思い出のワンシーンに
いつも登場するキーアイテムとなっていってくれると
いいなって思っています。

〜iittala社ホームページより〜
http://www.scope.ne.jp/iittala/kartio/mb_tumbler/

現物は写真のように、特別に「HONKA」のロゴを入れたものです。


honkab2 at 10:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年03月01日 HONKA 55周年キャンペーン

ホンカラケンネ社創業55周年キャンペーンが始まりました。
ホンカ・ジャパン掲載ページは以下の通りです。
http://www.honka.co.jp/special/index.html

材・工一式価格からの5.5%引きというのはどのくらいでしょう。

ちなみに、平均的なログハウス¥25,000,000 では¥1,375,000なんです。

但し、先着55棟 若しくは8/12までという条件付きです。


まあ、この時期の発注では消費増税の影響も避けられる(9/30までの建築請負契約なら完成がずれ込んでも消費税は5%のまま。)ので、・・・・プラス3%分得するとも考えられます。
(¥1,375,000 + ¥750,000 = ¥2,125,000 )
別の言い方ですと、10/1以降の契約では同じ建物で、¥2,125,000 高くなるというわけです。


是非とも、この期間に御契約を !!!



*ちなみに、現行消費税5%は¥1,250,000

     今年度増加分 3%は¥ 750,000  です。

honkab2 at 16:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年02月09日 福岡の空は大陸からの空中浮遊物質で曇っていたのか?

Hilton Fukuoka右は福岡ヤフースタジアム
正面は今回のホンカ・ミーティングのあったHILTON/Fukuokaです。(以前の日航ホテル)

近くに韓国・中国の領事館があるし、福岡自体国際観光都市なこともあり、外国人が多かったです。

夜の屋台は途中までついて行きましたが、満腹な我が胃と相談すると、「Give up」との結論で、次回の挑戦とはなりましたが、福岡の街は良かったですね。


meetingドンぺりミーティング後のアワードでは恒例の「ドンぺり」をいただきました。

ビボーン・宮下社長、ごちそうさまでした。

このあと、ふぐ・鍋とごちそうに舌ずつみ、皆さん夜の街に消えて行きました。

まじめな私はホテルの自室でfacebookのmanboo機能(英文設定のみの機能)で東欧美人とビデオチャット、・・・・。(ン?まじめではない???・・・すみません。)


大宰府天満宮翌日は大宰府天満宮にお参り。

受験生の我が子のためにお守りを購入。元旦に私の地元・千葉の千葉神社で家族で初詣した際のお守りとかち合うのでは?と、心配したが、祀ってある本尊が同じ藤原道真です。

これはご利益も2Xになりそうです。

HONNKA創業55周年

期待し、お待ちください。  

honkab2 at 17:10|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2012年12月13日 新エンブレム

エンブレム 施主様にお待ちいただいていた「ホンカ・エンブレム」の最新のものが出来上がりました。

直径9僉仝みは4   鋳物ですが、ホンカロゴの刻印部が以前よりシャープになっているかなという感じです。



エンブレム・アップ円形になって二代目。
木製基台は無くなり、円形金物だけになりました。

前のものは基台から外して玄関に飾ってもよし、建物内に飾っている方もいらっしゃいましたが、これはもう、玄関ドア脇が一番似合うのではないかと思います。


早速お届けいたします。

honkab2 at 10:23|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2012年11月22日 HONKAファンミーティング2012

抽選会 あいにくの雨の中も100名を越すホンカファミリー(OB・計画中の方も含む)でフィンランド大使館は熱気に包まれました。
左は抽選会での一幕です。
画像修正技術が未熟なためこのようになってしまいましたがお許し下さい。


Fさん奥様 左は皆様の来場前のプラクティス・・・・。

福士さんのピアノ演奏。シベリウスですか・・・。
フィンランド由来の曲よかったですね。 

食前酒にフィンランド料理、皆様堪能されていらっしゃったようです。

チョロさんやらみなさんが上手な写真をブログでUPしていますので、私は遠慮させていただきます。  (弊社の顧客登録となられていらっしゃる方々、間もなく送られる「ログパートナー」にてご報告いたします。)

T様ご家族左は弊社で現在、ルオントを建築中のT様ご家族とマルコ社長です。
(大使館建物の玄関にて)

有栖川記念公園やら、この地(麻布)では歩いてくる途中やらカフェやら、外国語が飛び交い、周辺も含めて外国気分に浸ってまいりました。

普段歩く機会が少ないため、地下鉄乗り換えやら・・・・・・で、翌日以降足腰が悲鳴を・・・。


さあ、次回は何処で開催でしょうか?
 

honkab2 at 16:15|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2012年11月12日 ご予約ください

carender ホンカカレンダーができました。

弊社で顧客登録されている方(弊社から季刊誌「ログパートナー」が届いている方)及び登録希望の方のうち、ご希望者○○名様・先着順にカレンダーを差し上げます。 
(無くなり次第終了させていただきます。)


* 今回も世界中のホンカで配る、「統一カレンダー」の為、ホンカ・ジャパン確保分にも限りがあるようです。

お早目に!!!


サイズはA3版を開いて使用しますので、A2版サイズです。 

honkab2 at 13:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月24日 HONKA FAN MEETING

(ホンカ・メルマガ登録者には送付済みの内容です。)
日本の中の外国(治外法権)にての開催です。

↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓



☆────────────────────────────
│ ★ 第2回 HONKA FAN MEETING 開催決定!!!
└────────────────────────────

第2回 HONKA FAN MEETING を 2012年11月17日(土) に開催いたします! 

昨年の第1回は山中湖において開催され、参加の皆様からのちに「とても
楽しかった〜! ぜひ2回目も開催してくださいね!」と嬉しいお言葉をいただいて
おりました。

そこで、今回の第2回目の会場は、なんと、フィンランド大使館(港区南麻布)!

日本にありながらも、一歩足を踏み入れればそこは日本ではなくフィンランド
共和国内という、特別な場所で皆様と楽しいひと時を過ごしたいと考えています。

詳細は次号 メールマガジン Vol.57にてお知らせいたします。

どうぞお楽しみに!






honkab2 at 13:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月09日 屋根垂木固定金具

金具 昨日のブログを読んだ方から垂木固定金具が見えないとの指摘がありました。

現在とは別の現場写真ですが、棟木のベベルカット部に先ず片側つけられ、クレーンで垂木を乗せたところで反対側からも固定金具でおさえていきます。

(ピッチごとに取り付けられ、地上であらかじめ屋根勾配の角度に組み立てられL字型になった垂木をクレーンで吊り上げ、金具で止めていきます。)


棟部(建物の一番高い部分)と桁部(軒の壁との接合部)にこのL型の固定金具で垂木を挟み固定します。(両側から2×8サイズの各垂木を止めます。)



屋根面積の大きい切り妻屋根は「大屋根」とも呼ばれることがありますが、 トラス構造などの支えを入れ、屋根荷重を分散させる設計が求められるとともに、その大きな屋根面積から風の影響も受けやすいので、強風時に屋根が飛ばされないよう万全の工法をするのがホンカです。

honkab2 at 11:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)