■館山市H.K.邸アウケアができるまで

2013年06月13日 再塗装工事が行われました

K様邸梅雨空のなか築4年半の館山・K様邸では再塗装が行われました。

この地は太平洋を正面にする高台の為強風・紫外線など普通の地域には無い影響が「ログ(特に塗装表面)」に生じました。

紫外線とナトリウム塩基の潮風は旧塗装TIKKURILAステイン(油性浸透塗料)をして、特に東南を挟む3方向の色あせは「色やけ」となってさえいました。


陽射しの強さでパインのログ壁節部からのヤニもかなりでていましたが、洗浄・ケレン作業で下地を整え、今回はOSUMOカラーにてFINISH(上塗り)です。

濃いめのお色直しは遠くから見ると、家を建て直しいたのかと錯覚するほどイメージが変わりました。

次、数年後・3回目のの塗装では、「塗膜系塗料で・・・。」と、新築時から決めていらっしゃる、K・H様です。

honkab2 at 13:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月21日 カラッとさわやかなHK邸でした

外構の変化 海からの強風が吹き上げてくるHK邸の立地条件で定期点検とは別にメールにてご機嫌を伺ったところ、「2階バルコニードアの開閉時の引っかかりが気になる」とのことでO社員とともにお伺いしました。

海岸からはかなりの高台ですので気圧配置によっては台風張りの強風が吹き付ける日も多く、セトリングは既に落ち着いたか?  セトリングボルトの緩んでいる個所はありませんでした。

次回冬の定期点検時にははっきりするでしょう。

点検写真点検写真O左はドア調節の仕方を覚えようと熱心に見入るHさんです。

右は難しいふりをするO君です?!  アッ、失礼!!

いやホントに簡単に調整できるんです。

鍵屋さんは依頼でかぎなどを紛失し開けられなくなったドアや金庫などを開けるのに、ほんとは簡単に開けられるのに、じっくり時間をかけあたかも非常に難しい技術を要したとばかりにもったいつけるのだそうです。

(金庫なら中身の半分の価値が技術料だというのを聞いたことがありますが、本当でしょうか?  確かに、ハイハイとすぐに開けたのではそんなに払いたくありませんよね・・・。)




周囲も見せていただき、お引き渡し時からはかなり芝などを植栽され素敵なお家になってきました。


トリムボードやデッキの再塗装をされ、ログのイメージも少し変りました。




 生活に関してお伺いしたところ、今年の暑い日々でも1週間程家を空け、帰った日中には暑い室内をエアコンで冷やす必要があるとのことですが、「夜就寝する時 エアコンを消しても、朝まで快適な室内環境です」とのことです。


「ロフトの寝室で熱のこもり等は?」と、私。 さらに、「DK窓や天窓を空ける必要は?」との質問に、「夏でも冬でも朝まで室内は快適です」とのご回答でした。


(東京に戻ると高層階にある部屋の高さが周囲のビルの屋上と同じ高さで 多くのエアコンによるヒートアイランドのため、バルコニーにも出られないとのことでした。)



今日の館山の陽射しは強かったのですが海辺の高台はカラッとした空気で、絵ハガキのようなホンカのアウケアが映えていました。



何時もお気づかいありがとうございます。
また冬にお伺いいたします。


honkab2 at 16:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年01月19日 ログ生活の楽しみ

斜面写真 斜面の半分だけ芝を張りました。
残りは残ったログ材や購入された枕木材などで
花壇を作られるということでした。
先日の浄化槽の補助金申請後の水道局の現場検査の日には
すでにかなりご自身で花壇工事を進められていらっしゃいました。
その他玄関近くもレンガブロックなどでデコレートされ、
パンジーなども植えられていました。

ホンカポスト ホンカのポストは開口が大きいのですが
強い風の時には雨が吹き込む場合もあります。
そして、カギはありますが中が見えてしまうということで
入れ口をきれいにされていました。
いいアイディアですね。

honkab2 at 12:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月28日 スターゥオーズの映像のような遠近感は?

スターデストロイヤー??

 煙突の写真もこの角度で撮ると
不思議なものです。






2階バルコニー2階バルコニー
H.K.様邸も
お引き渡しが済
み、愛着のこの
邸ももう、メン
テ時などしか入
ることはできません。

なんだか、・・・わが子が嫁に行くような、そんなさびしささえ感じます。

まだあまり載せていなかった2階デッキ(バルコニー)の写真を載せておきます。

honkab2 at 13:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月16日 H.K.様邸ブログ見学会

玄関ドアを開けると玄関タイルオリジナルより
大きく玄関の段
差を設けました。
=FL(フロア
ーレベル)から
18Cm下げ、
玄関ポーチ・
デッキはさらに
2.4Cm段差をつけてあります。

階段上部より玄関を見るダイニング部吹き抜け
広く開けた
2か所の吹き抜
けがこの家の
最大の特徴で
す。皆様が
驚く開放感です。


キッチン・正面キッチン・側面キッチンはヤマ
ハ、冷蔵庫は
パナソニック
(前松下)で
すが、カラー
リングは施主様
こだわりのまったくの同一色です。


ストーブダイニング方向から見た和室・ユーティリティー入口
この角度からの
写真も掲載して
おきます。





ユーティリティー入口正面ユーティリティー入口から見たバスここを入ると
正面に洗濯機ス
ペース、右手に
洗面・左手にバ
ス。ドアの右裏
側上に配電盤、

足下にメンテナンス時の出入り口を兼ねる床下収納があります。

洗面化粧台上部洗面化粧台下部

上部に24時間
換気用ファンが
設置されていま
す。



スイッチ他トイレドアと収納照明用スイッチ
24時間換気用
スイッチ他の下
にはヤマハバス
の特徴の音響用
ライン・インで
す。

携帯やi‐pod等の為の小さな棚も作りました。

トイレトイレ内カウンタートイレ収納棚とDK窓







TOTOは13mmφの口径の水道契約でもタンクなしで汚物を流せる(水圧の)ネオレストシリーズを出したのでトイレ内もすっきりしています。
足元には床暖対応も可能な防汚床材を張りました。



honkab2 at 10:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月15日 H.K.様邸ブログ見学会

外観北側外観今日は雲ひとつ
ない晴天の一日
でした。

この冬一番の冷
え込みとなった
関東地方ですが、
ここ館山では日中、無風のぽかぽかでYシャツ一枚でOKなほどでした。

1階テラス(玄関ポーチ・デッキ兼用)西側勝手口完成写真・養生
取り外し後の写
真は載せていま
せんでしたので
今回見てくださ
い。



L字部分からロフト(巾2800×奥行3900)・階段部を見る巾2000×奥行2800のL字部分2か所の吹き抜
けを合わせると
20.72
(12.54畳)
もの空間である
のにロフトの
床面積は
16.52屐覆曚10畳)もあります。
あともう一間が悠々と作れます。

ロフト(セカンドリビング)からの寝室・WICドア2階主寝室ドアから中を見る


写真を見てくだ
さい。



主寝室エアコン主寝室傾斜天井

1階と同じ
角取付エアコン
も付きました。




WIC(ウオーク・イン・クロゼット)室内

明日は
1階の室内
特に
設備機器を
再掲します。


honkab2 at 17:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月10日 もう一度載せます

ENEOS床暖裏(構造) 弊社が採用、
お勧めしている
ENEOS社製
電気床暖ユニッ
トです。
今回H.K.様邸
でも1階のL・D・Kそれぞれのスペースを3系統別々に
コントロール可能なように設置いたしました。

 操作盤にはタイマー・切り忘れ防止機能などがあり、使いやすさが特徴です。

熱源がシート状の他メーカーと異なり、きちんと熱線が固定・成型されている
ため、断線・漏電などが比較的起こりにくい製品です。

 設置・施工もしやすく、断熱材一体型になっているため床下への熱伝導ロスが
少なく、その分ランニングコストが低いとのこと(メーカー)です。

確かに普通に床下断熱材を敷き、下地合板を挟みその上に設置しますから、
2重の断熱ということにもなるのです。(床材の下の層が厚いだけでも有効です)

 価格についても・・・。
ガス温水床暖のイニシャルコストやメンテナンス、リフォームなど考えると
コストパフォーマンスはかなり優位と思います。


 HK様邸ではリビング部の温度上昇に疑問符がありましたが、電気屋さんに配線を
チェックしてもらったところ、完璧になりました。



やはり、じんわり〜ッとシアワセ感を感じます。






honkab2 at 11:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月08日 H.K.様邸ブログ見学会

ベンチ手すり 玄関入口ステップを上がった左の
玄関ポーチ一体型デッキの手すりを
こんな風にしました。
海を見ながらゆったりと暮らす。
そんな場所にピッタリな造作です。
風が強い日には外にテーブルなど出せません。
そんな日でも重宝するベンチ兼用手すりです。


外部照明玄関ポーチ部照明 照明はログの
命の一つです。
ログは、昼の顔
と夜の顔が異な
ります。
選ぶ照明によっ
て楽しさも変わってきます。ちなみにこの照明はK様がkoizumiでお打ち合わせ、
提案してもらった器具です。

ブラケットキッチン部2系統ダウンライト
 こんな標準的
な機能の照明や






和室照明吹き抜け部照明
 スイッチを
押すタイミング
で点灯の仕方が
異なる照明




リビング照明 こんな
ロマンチックな
照明などが
付けられました。







まだまだ続く・・・・。

honkab2 at 15:14|Permalink

2008年12月08日 H.K.様邸ブログ見学会

階段 ホンカの階段は現在のWW社製から
間もなくRP社に変わりますが
サイズ等はほぼ一緒です。
2階のロフトから見た図です。





階段2階段下 玄関を入ると
正面に階段が見
えます。
階段室が無く、
吹き抜けと一体
の空間だと間取
りも広めに取れます。

トイレ前収納トイレ 前にもアップ
しましたが、
トイレの全景で
す。
床には汚れ防止
用のTOTO純正
床材が張られています。

和室(窓側からドアを見る)和室 和室の真上に
主寝室がありま
す。
声・歩く音など
が下に響かない
よう残ったグラ
スウールを間に
挟んでみました。

2階主寝室ドア 左はロフトへのドアです。
右のドアはウォークイン・クロゼット(第二寝室兼用)です。
もちろんそちらからもロフトへ出られます。
すべてに鍵があるので使い勝手は自由になります。
3枚のドアが決してあたることはありません。
もちろん全てのドアにドアストッパーを外部ドアには
ドアクローザーを標準としてサービスするのがホンカ房総です。
天窓のブラインド・網戸もです。

ダイニング上吹き抜けリビング上吹き抜け弊社モデルハウ
スと同じ
Panasonicの
角用エアコンを
付けました。
ストーブとシー
リングファン。
効率のよい空気の流れを2か所の大きな吹き抜けで発生できるので、
過ごしやすいログになるはずです。




い紡海・・・・

honkab2 at 14:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月08日 H.K.様邸ブログ見学会

外構工事 昨日はK様のお友達が沢山おいでになり、
住まれてからのログでの生活に大変な
お話の盛り上がりでした。
一昨日おいでのY様、大変なご事情にも
係わらず ご一緒にありがとうございました。
3段積み増しのログの空間とロフトの広さ
いかがでしたでしょうか?

写真は先週から始めた斜面の芝張りなどの外構工事の様子です。

バーモントキャスティング・コンコード・サンドリビング・薪ストーブ ストーブです。
どうですか?
ホンカログと
ぴったりですね。
まさに
ゴージャスです。
1階床は床暖が
3系統(リビング・ダイニング・キッチン)床暖用床材を張っています。


ストーブ2階段から見たストーブレンガの炉台左
腰壁は玄関収納
を兼ね、スイッ
チ類の配線もし
てあります。
高さ150僂任后
開放感とプライバシーを両立させる間仕切りでもあります。

キッチンキッチンユニット このヤマハの
キッチン、ラウ
ンドデザインが
素晴らしいです。
スムースクロー
ザーや食洗器・
浄水器など、
優れものはそれ
だけではありません。
バスと同じくサウンドシステム付きなのです。蹴込板部分にスピーカーが・・・。
音響メーカー製だけのことはあります。早速、W社員のi-podで聞いてみました。
素晴らしい・・・!

リビングからキッチンを見るとバス1.25坪タイプ圧倒的使い良さ
=引き戸にした
ことで
1.25坪の広さが
100%生かせ
ます。
もちろんバスも
サウンドシステム付きです。

玄関・玄関収納玄関・リビング上吹き抜けストーブの裏側
は玄関収納です。
取り外し可能な
棚の収納キャパ
は想像以上です。
床は300mm
角のタイル張です。

リビング上吹き抜けダイニング上吹き抜けこの家は2か所
の大きな吹き抜
けが特徴です。
はさまれて狭い
はずのロフトス
ペースも広いん
です。
それもそうです。本来なら延べ床38坪台にも床面積を増やせる35坪ですから、
ロフトのゆとりが有り余るくらいあるのです。その上ログ段積増しですから・・。

ロフト空間 ロフトの床の形状はL字型です。
標準プランよりダイニング上の吹き
抜けを広くし、ロフトを削ったにも拘らず・・。
まだまだロフトが広く感じます。
両翼の床面積の広さと天井の高さがゆとりを感じさせているのです。





に続く・・・・



honkab2 at 12:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)