■市原市OK邸・カヨ(改)ができるまで

2007年12月08日 大きな屋根の裏側は?

吹き抜けから見た二階ホール上
 外観が大きくて、それに比例して
大きな屋根から想像されるのが
ロフト(2階(は暗そう!!
 でも見てください。
2階各部屋に通ずる吹き抜けと
階段の上部には、
入り組んではいますが
トップライトの数を見てください。

明るい!!!
2階ホールから見た南側妻壁部開口 くるりと南側を振り向くと
妻壁は大きくフィックスの窓で
光を集めています。
以前の旧家屋では戸閉めの時には
家中が暗くてじめじめしていたとのこと。
今度は「明るすぎる」
なんてこともあるかもしれません。
でも大丈夫、弊社ではトップライトの
組み込み型ロールブラインドに
ロールアップ網戸はスタンダードですから。

小さな室内ドア! 玄関のちょうど
真上にあたります。
収納にしては大きすぎる空間です。
ご主人の書斎などにも使えるし、
奥様の趣味や
ユーティリティにもぴったり。


収納? もちろん東向きの
フィックス窓はあります。
窓がありすぎて
陽射しが暑くないか?
大丈夫です。
HONKAのガラスはLOW-Eガラスなのです。
ガラス表面に金属を蒸着してあるので、
陽射しの遠赤外線を
遮断しますし、紫外線による日焼けや
家具等の色変わりを防ぎます。見た目は全くの透明ペアガラスなのにです。

honkab2 at 08:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2007年11月29日 ご近所の皆様宜しくお願いいたします

足場が取れました
 今まで長く
足場や養生ネットで覆われ、
ご近所の景観を損ねて
おりましたが、
これからは景観を作る
中心的な役割を担う建物
になることでしょう。


南西側 こちら側には
デッキ・ベランダ
という顔があります。
1階の大きなデッキが完成すると
もっとダイナミックなログ
の雰囲気が出てきます。


北東側 玄関アプローチ
や外構、
また車庫などが
完成したら
見え方は変ります。



内部中央から南がわ 吹き抜けや
2階デッキへ
の通路です。
右側室内では
収納の造作が
されています。

honkab2 at 09:55|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2007年11月23日 ENEOS床暖

床張り
 OKさま邸では
かなりの部屋で
(いくつあるのか図面を
確認しないとわかりません)
すでに床は張られ、
養生されています。

 床暖を採用しているのでキッチンのスペースの周囲に張られています。
床暖対応の床材は国産です。施工のしやすさや歩留まり、コスト面など
外材にない安心面はあります。

HONKAの標準の無垢床材はパインの25亳なので床暖用としては使えません。
一般メーカーでは13または15亳のパインも普通に使われていますが、床暖用に
追加で強制加熱乾燥をした材でも やはり反ったり、隙間は開きます。

快適、温かいです。モデルハウスで体感できます。

 OK様邸の前のKさん、先日、材の養生が風で飛ばされていたとき、きちんと直
して頂きました。ほんとにありがとうございます。

いつも職人の車を停めさせていただいているにもかかわらずこんなことまでも・・。
ほんの菓子折りをお持ちしたら、逆にとびうおの干物を棟梁と二人で戴いてしまい
ました。ほんとにありがとうございます。

感激で、何も頭の中にない状態で ふと、吹き抜けから上を見上げると そこは何処
かの施設かと錯覚するような広い空間でした。改めて広さを実感しました。大工さん
たち頑張ってください。


honkab2 at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年11月19日 工事は進みます

収納造作
 二階の傾斜天井の
デッドスペースの部分に
収納を設けるのは
ログの定番です。
この幅があると結構な量を
収納できます。
 別にウオーク・イン・クロゼットは作るのですが、
在来住宅の「押入れ」のように各部屋にとは ならないのがログの
宿命です。

バルコニー鼻隠し バルコニーの
手摺も付きました。

 この3段のエンドは
ストレート・フェイシャエンド
と言い、
(軒天仕上げ・破風・鼻隠し付き)です。
どうです、この屋根の厚み、存在感。
これがHONKA標準です。

honkab2 at 17:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年11月10日 床下防音マット

床下防音マット
 モデルハウスにも
敷いたのですが、
OKさまも取り入れたいと
工事になりました。
このマットを敷くことで
かなりの遮音になります。

ログハウスは外部の音は遮断できる構造なのですが
内部の音は比較的響きます。傾斜天井や吹き抜け・
無垢材の間の空洞が影響しているのかもしれません。

 一般住宅もやはり響きますが、その使う材の性質上、
(合板や断熱材・壁紙などの振動に対しての共鳴周波数
が材質ごとに異なるため)均一素材のログよりは雑音が
ソフトになります。

ログは音楽などの心地良い音が増幅されるのと理屈は同じで、
内部発生の雑音は逆にかなり気になるものです。

これが少人数のご家族だけのおうちだと、足音などの
生活音が、家族の絆の一助にもなるのかもしれません。

一方、OK様は来客も多い方ですし、ご家族のプライバシー
は重要なご希望用件なのです。単なるログハウスではなく
都市型生活のできるログホームでは、必要なアイテムの
ひとつなのかもしれません。

 屋根垂木には隙間無く断熱材が張られています。ユニット
バスの室内間仕切壁側の2×4の間にも断熱材。シャワー音の
防止にもなります。

OK様邸断熱材OK様邸断熱材2

honkab2 at 16:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年11月06日 内外共に職人が入りました

OK様邸
 屋根瓦も終わり、
外壁塗装・軒裏板
及び妻壁のボードが張られ、
室内では天井をと
いろいろな角度から工事が
本格化してきました。

 OK様の事業でもあるエネルギー関連代理店の一つの商品に
電気式床暖房システムがあります。

 弊社モデルハウスでも採用してL.D.及びギャラリーに
敷設してあります。間もなく点けますのでその快適さを
味わいにおいでください。

 尚、ホンカ房総はウインターシーズン・フェアーを行います。
詳しくは今月15日発行のログパートナー第Ч罎忘椶擦泙垢、
新規契約のお客様のうち先着5名様にすばらしいオプションの
プレゼント企画です。

その中の選択肢としてこのENEOS社の床暖を入れました。
広さは洋室10帖分ユニット(2回路・21.2Aコントローラー)
です。ちなみにメーカーのデーターとして1ヶ月あたりの電気料
は¥5,000程度だそうです。




honkab2 at 17:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年11月01日 外壁塗装中

夕闇迫るOK様邸
 夕闇の中で
この外壁の色は目立ちます。

急に降り出した雨に
瓦も漆黒に輝きを放っていました。


道路側正面妻壁の一階ドアも塗装されていました。
徐々にホンカっぽくなってきました。

OKさま、T社員も本格的に復帰したことですし、職人も
一気に入れる体制が出来ました。

たいそうご心配だったと思います。申し訳ありません。

OKさま邸のブログのUPも滞りがちでしたが、これからは
多くなると思います。とにかく見所は沢山あるログですので。




honkab2 at 17:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月22日 窓格子は5つのタイプがあります

OK様邸母屋を望む
窓格子 窓にアクセントをつけます。
もちろん脱着式です。
ですから、塗装などは
やりやすいのです。

OK様邸では外壁塗装が始まりました。

いつも車の借り止めにご自身の駐車場を使いなさいと言っていただいて、
お言葉に甘えさせていただいているOK様邸の前のKDさんですが、
今日は先日から作っていた自然薯用の芋掘り棒を見せていただきました。

布袋竹でみごとに作っていました。鋼の加工はトラックの板バネを切断・
削ったものです。 市販のものに比べると使いやすそうです。

実際の自然薯掘りには、季節的にまだ早いそうです。山の土によって味が
違うんですよね!あ〜ァ食べたい〜゚・*:.。..。.:*・゜゚・*

そばには太い孟宗竹が切りそろえられていました。これを煮込んで、
鳥かごつくりの竹ひごにするのだそうです。竹に油があると経年変化で
黒くなりもろくなるそうです。

自然薯用堀棒 若い頃

溶接などの仕事を
やっていたとのことで
工作機械の扱いも
お手の物です。
趣味も多彩で生活が楽しそうです。

昔はこのような気さくなおじさんがどこにでもいたのですが、
時代と共に人情は変わってきてしまいました。



honkab2 at 14:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月15日 OK様邸ログ壁汚れ落とし

OK様邸汚れ落とし
 先にお伝えしたように
OK様邸では台風や
長雨にさらされてしまったログ壁が
かなり汚れてしまったのですが、
先週からそのクリーニングを
してもらっています。

想像よりずっときれいに仕上がりましたが、まだ終わりではないそうです。
仕上げ工程はこれからだとのことです。

OK様、奥様 大変ご心配でしたでしょうが、申し訳ありませんでした。
この写真のログの梁など一番汚れていたのですが、ご覧のとおりです。
また壁もほぼ斑にはなっていません。

このまま無塗装でもお引渡し可能かと思いますが、室内のクリアーは
されてもいいのかなと私は思いました。

室外のデッキなどに関してはWOODLONGーECOだけでもいいかな
とは思いますが?


honkab2 at 16:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2007年10月12日 遥か宇宙から見えます

google earth?

 宇宙から見ると
千葉県はほんとに
都心に近いんだなと
実感できます。
いやいや、この写真は
袖ヶ浦市のとある施設の中の
資料として展示してあったものですが。

なるほど、埼玉の南部と神奈川の東部と共に都心に近いところに
千葉が位置してるではありませんか?

主要道路の位置関係からもわかります。
以前は半島性から千葉は田舎の代名詞のように思われることが多かったのですが、

現在既にあるアクアラインやこの先の圏央道の工事が進んでくると、東京に近い
田舎というよりも絶好のレジャー基地もしくは別荘などの開発により、気付いた
ときには今の神奈川県や軽井沢・那須のように変わっているかもしれません。

温暖で、実際 冬でも窓を開けて眠れるような海岸沿いの土地は将来、すごい
金額で取引されるかもしれません。

市町村合併でも財政が厳しくなっている南房ですが、いつかしら劇的に変わるよう
な気がします。


honkab2 at 18:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)