♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき

2014年09月06日 コピペですが、「健康とは?」を考えさせられますね。

70歳超の54%が服用の降圧剤 死亡リスク10倍に高まる結果も

2014.09.05 11:00
 
 

「血圧147は健康なのか」──医学界を揺るがした「健康基準値論争」について、70万人を対象とした大規模調査を行なった医学者が新たな問題提起をした。その核心を解説する。

  きっかけは週刊ポストの特集記事だった。


 「『血圧147は健康』で『病人1800万人減』のカラクリ」(5月2日号)

  人間ドック学会が4月4日、150万人の人間ドック受診者のうち、健康な状態にある約1万人のデータをもとにはじき出した新しい「健康基準値」を発表。その新基準値について取り上げた本誌記事が大きな反響を呼び、他のメディアも特集を組むなど、健康基準をめぐる大論争に発展した。

 
「健康基準値」とは、血圧やコレステロール値などの数値が、ある一定の範囲内に収まっていれば「正常」、逸脱していれば「異常」と判定する際の基準となる数値のことだ。人間ドック学会の新基準が話題を呼んだのは、それらの数値が既存の基準に比べ、大幅に緩和されたからだ。


  ところが、その新健康基準はその後、他の学会からの猛抗議を受けることになる。

 <本当に「正常」といえるか不明であり(中略)一部には「要再検査、要治療」が含まれている>(高血圧学会)

 <人間ドック学会の「基準範囲」は日本国民の健康に悪影響を及ぼしかねない危険なもの>(動脈硬化学会)

  などと、既存の基準値を定めてきた各学会の逆鱗に触れたのだ。


  そうした圧力の前に、人間ドック学会は「あくまで健康の目安であり、病気のリスクを示したものではない」と、すぐさま尻尾を巻いた。


  そのまま押し切られるかに見えた「健康基準値論争」に待ったをかけたのが、大櫛陽一(おおぐし・よういち)・東海大学医学部名誉教授である。


  大櫛教授は、いまから10年前の2004年、日本総合健診医学会シンポジウムのなかで、全国約70万人の健診結果から、日本ではじめて男女別・年齢別の「健康基準値」を発表した第一人者だ。


  今回の人間ドック学会の調査のまとめ役といえる研究小委員会学術委員長を務めた山門實(やまかど・みのる)・足利工業大学看護学部長とは、かつて共同研究を行なった間柄でもある。


 大櫛教授は過去の自身の研究成果や欧米の最新論文などをもとに『「血圧147」で薬は飲むな』(小学館刊)を緊急出版し、健康基準についての考え方を世に問うた。  発売早々、大きな話題になっている本書だが、なかでも注目を集めているのが、本書に収録された大櫛教授の70万人調査をもとにした「新『健康基準値』一覧表」だ。それを見ると、現行の基準とは大きくずれていることがわかる。



  たとえば60〜64歳の男性の場合、血圧は164までが「正常」で、悪玉コレステロールとして知られるLDLコレステロール値についても183までが「正常」となっており、120以上を「異常」とする現行の基準とは大きくかけ離れている。

 「現基準値は性別も年齢も分かれていない項目が大半ですが、欧米の複数の調査研究では性差や年齢差でさまざまな疾患に対するリスクが異なることがわかっています。たとえば米マサチューセッツ州フラミンガムの住民を追跡調査した研究では、男性と女性、かつ5歳刻みで心疾患に対するリスクが異なることが明らかになりました。


  日本では強引に一つの基準にすることで、本来は健康なはずの人が『病気』とされ、無駄な薬を飲まされている危険性があるのです」


  その典型が降圧剤だという。

 「降圧剤で少し前までよく使われていた『Ca拮抗剤』に関する無作為化試験(客観的に治療効果を評価することを目的とした研究試験)では、急激に血圧を下げたグループは、少しだけ下げたグループと比較して、死亡率が1.4倍上がったという結果が出ました。


  私たちの研究でも180/110以上という血圧高めの方たちのうち、降圧剤を飲まなかった人たちと、降圧剤で160/100未満まで血圧を下げた人たちを比較したところ、薬を飲んだグループの死亡リスクが10倍に跳ね上がったという結果が出ています。


  このような降圧剤のリスクは世界では常識とされていますが、日本だけはすさまじい勢いで服用されており、厚労省の平成24年『国民健康・栄養調査報告』では70歳を超える人では54%が服用しています」


※週刊ポスト2014年9月12日号

 




honkab2 at 12:07|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2014年06月10日 T市K邸 完成

正面かねてから建築中のT市K邸が完成いたしました。

これまで、プライバシーの公表をお望みでないK様でしたので、建築途中等ブログでのアップは遠慮させていただきました。

 


斜め外観道路側からはこのように見えます。

新緑に生えた210サイズの丸太ログです。

ティックリラの色も雰囲気に合っています。

 


イペデッキ小さなログですが、前には大きなイぺ材で作ったデッキが・・・。イぺの余り材でご覧の移動ステップや室内シャワースペースでのスノコを作りました。ここはWATOCOオイルの2回塗りです。打ち付ける前の作業でした。

ステンレス特殊ねじもイぺの硬さで、最初に下穴をあけての作業でしたが、それでもたくさんのネジがお釈迦に・・・。イぺ材恐るべし。

 

正面外タイルデッキ脇にご覧のタイル張り。

ゴム栓でプールにもなります。外水栓はもちろんシャワー付き。

プロのタイル屋さんのすごいのは水切りのための勾配をつけたタイル貼りです。

 

シャワーシャワー下室内タイルはホンカ・ダイレクトセールス平井氏とK様が実際にショールームで選定したものです。

なかなかいいセンスです。

グローエのシャワーは水量に定評があるようです。


 


トイレ洗面洗面器トイレと洗面です。

床の段差に注目ください。

身長の高いK様用に便器高さを5cm高くしました。


ADVAN製ガラス洗面は壁配管で足元を広くしました。

 


サウナ室キエバリサウナ室と寝室に置かれたキエバリ(椅子テーブル)です。

スイッチや照明にもこだわりの選定がされたK邸。皆様をご案内できないのが残念です。

続きを読む

honkab2 at 14:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月29日 ナポレオンおじさん

BlogPaint 8年ぶりに見かけました。
場所は国道128号沿い某コンビニ駐車場
今日のいでたちはいつもの帽子にアーミー調上着とエンジのタイツにカラーコーディネートされていました。

以前外房線長田のコンビニでは地元女子高生に囲まれ長いこと話していました。女高生の間では「クック船長」とよばれているようです。


もと公務員など諸説ありますが、某情報によるともと大工という話も伝わってきます。



 私は知らなかったのですが、今月25・26日ごろラジオのニッポン放送で「ナポレオンおじさんを探せ」という企画で特集していたようです。



この写真は3月27日12時過ぎの偶然の一枚ですが、このコンビニでお買物のようでした。
入口では、何人もの人に声をかけられ、一緒に記念写真を撮っていました。

大網白里市きっての有名人です。茂原・東金・白子・土気あたりが行動範囲とのことの様です。



自転車での移動のため、肌は浅黒く贅肉のない均整のとれたスタイルがタイツとよく合っています。ファッションはオリジナルに加工したものが主の様ですが、こだわりが感じられます。


 この日やっと目撃3回目にして写真を撮ることに成功しましたが、初回、確か9年前、初めて見たときには唖然としてしまいました。すごいインパクトだったのを思い出します。(そのため、写真も撮れませんでした)
あの時の愛車はドロップハンドルかマウンテンバイクだったと思います。(今日はママチャリでした。)

フック船長
噂によると70才を超しているとか???

今度見かけたら、声をかけてみたいですね。

帰ってからgugu(google検索)て見たら、いろいろ投稿されている写真が見ることができました。



うれしくなった日でした。

honkab2 at 14:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年03月18日 春一番と杉花粉症

 関東管区気象台からはまだ発表がありませんが、たぶんこの南寄りの強風は「春一番」となるでしょう。
あまり強い症状ではないのですが、数年前から始まった花粉症はかなり不快です。

 聞くところによると、花粉症対策の決定的な薬が間もなく発売されるようですが・・・。
私は、時にはくしゃみや鼻水が止まらないこともありますが、普段マスクをすればかなり症状は軽く、目がかゆい程度の症状なので薬までは・・・・、と思いますが、重症者にとってはかなりの朗報、劇的な効果が期待できるそうです。

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓
http://getnews.jp/archives/529757

<抜粋>

・・・・今年6月から花粉症治療が劇的に変わる!」という話題で持ちきりだ。

 そのビッグニュースとは、鳥居薬品株式会社(本社・東京)が開発した「シダトレンスギ花粉舌下液」(以下、シダトレン)が、今年1月17日に厚生労働省に承認され、6月にも治療現場に登場するということ。

 これは花粉症治療法「舌下免疫療法」のキーとなる新薬だ。シダトレンの最大の特徴は、シンプルな服用方法にある。

 注射の代わりに、スプレー式の容器に入った抗原エキスを舌の下にシュッシュッとスプレーして、粘膜を通じて体内に吸収されるまで2分間ほど待つ。その後は、口内に残った薬液を舐めて飲み込むだけだ。

 シダトレンを開発した鳥居薬品によれば、「甘さと塩気が混じって“甘じょっぱい”味がします。決して苦かったりして飲みにくい薬ではありません」という。

 この服用法を毎日1回続ける。投与開始から2週間は徐々に量を増やしていき、体が抗原エキスに慣れた3週目からはパックに入った定量の薬剤を服用する。毎日薬剤を2分間口に含み飲むだけでOKだから、何度も通院して注射を打たねばならない従来の根治法に比べて格段の進歩だ。

 これまで舌下免疫療法を受けるためには、「スギ花粉エキス」という注射用の薬剤を薄めて舌下に服用する保険の利かない自由診療を受けるか、製薬会社と提携する限られた医療機関での治験を受けるしかなかった。冒頭の40代男性は自由診療で舌下免疫療法を受けていたケースだ。

 しかし今回、治験を経て「スギ花粉エキス」を発展させたシダトレンが新薬として商品化されることで、スギ花粉アレルギーをもつ患者のための切り札ともいえる舌下免疫療法薬がついに一般のものとなる。

 現在、自由診療で舌下免疫療法を行なっている、谷本呼吸器内科クリニックの谷本梓医師がいう。

「注射による皮下免疫療法から舌下免疫療法に切り替えた40代の女性患者は、治療法を切り替えてから本当に楽になったといいます。

 以前は、注射自体の痛みと、その後の腫れからくる不快感で通院が苦痛だといっていましたが、舌下免疫療法ではそうした不快感や苦痛とは無縁だ、と。今シーズンはまだ花粉症の症状が出ていないととても喜んでいますね」

 シダトレン開発元の鳥居薬品も手応えを感じている。

「これまで弊社は他社が脱落する中、半世紀にわたってスギ花粉の免疫療法薬の販売を行なってきました。その成果がついに実ったと思うと感無量です。

以上



honkab2 at 10:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年02月10日 体中が痛い・・・・・。

 土日に積もった数十年ぶりの雪との格闘で体中が痛みます。
天気予報で千葉は午後雨に変わるとの予報を信じていましたが、雪風は激しさを増す中、それでも「スタッドレスを着けているから」と夕方まで事務所で待機、5時を待って帰宅。

一向に雪が降り止まない土曜の夜、かつて自宅前のスペースで2階屋根からの雪で車の屋根を直撃させ、甚大なる被害を2度も経験していることもあり、すぐ近くの公共施設脇の赤道に車を止めました。


雪の降る夜は騒音もなく、実にテレビの観賞にぴったりの夜でした。
それでも、早めの就寝でしたが、深夜度々の、家の前の路上の喧騒で起こされてしまいました。

タイヤチェーンの取り付け不備の金属音ならまだしも、トラックのタイヤ空転が何度もあったからです。


 大型トラックは荷台の下がダブルタイヤですが、チェーンを取り付けているのが外側のタイヤだけなので、あれだけ積もった雪に内側タイヤが乗っかってしまったら、外のチェーンタイヤが接地できず空転するだけなのです。  何台ものトラックが同じ状態でそれぞれ数十分もの間悪戦苦闘していました。幹線道路は轍(わだち)も広く大丈夫だったが、田舎の脇道に入ると「ダブルチェーン」でないことが命取りであったのです。

朝方の新聞を運んでくる特急便「PRESS」もそうでした。いつもは暴走車のごとく深夜を疾走する車が同じようにスタック。
この車は、前にもチェーンをつけていれば(4輪チェーン)問題なかったでしょうが、とにかくまっすぐ走りません。
新聞店の応援などで、1時間後には車はなくなっていましたが、朝に近い、遅い時間帯であったこともあり、結局朝刊が配達されたのは翌朝でした(2日分)。



 そもそも雪の降る夜は全ての音を吸収して日ごろ騒音でうるさい我が家でも特別な時間を感じることができます。

そんな中、「ドドド・・ドドド・・ドドド」と・・・・・・・・。

「すわ、地震か?」と一瞬恐怖心を持たせる振動とともに二階屋根からの落雪は一晩のうち2度もあったが、それでも「これは相当積もりそうだな」。 まどろみと不安の中での平常心、子供の頃のワクワクするような気分は欠片も生じません。



 そして迎えた日曜の朝、まだ雪の降り続く出勤時間、先ず我が家の玄関先の歩行スペースを除雪。一汗かいたあと車へ。ボンネット・屋根の雪を下ろし窓ガラスの雪を払い、当然前に進めるものとの疑いもなくエンジンをかけ、発進。

ブー、ビュルギュル(タイヤの空転音)。   何度やっても一向に進みません。


「ん?どうして?」
外に出てみると、車高(車の底)より高く積もった雪のため進まないことが判明。

バンパーがもう雪の上に乗っており、スタッドレスタイヤも接地圧力が足らず性能を発揮できなかったのです。
4輪の轍をスコップで掘ってみたが、結局 車高より高い雪では前に進まないことが判明したのです。
4輪チェーンならどうか(?)とも思いますが、とにかく新雪は手に負えません。


 結局、車高より高い部分の雪を1時間かけて取り除き(10m程度の距離)、発進し、幹線道路上の轍に乗ることができました。



最徐行の車列の中、車があちらこちらで乗り捨てられているのを見ました。
中央車線で斜めに止まったままの車もありました。

こんな日、救急車・消防自動車もも走っていましたが、ご苦労様です。

会社に着き、新雪の駐車場に突っ込んでしまった私、同じ轍を踏んでしまいました。

脱出にまた1時間。


 自宅前は2階屋根からの雪で50cmもの重い雪が・・・。   車を入れることができず、歩道下の雪のないスペースにとりあえず避難。
雪かき 実に4時間。  暗くなると凍結するからと必死で除雪。 雪国の方々の苦労が少し経験できました。

夜までには車を家の前にもってこれました。


今朝は会社の除雪で、連日 鈍(ナマ)ったカラダに活が入りましたが、簡易型の融雪 または除雪機が欲しいというのが実感です。


それにしても体中が痛いのですが・・・。


honkab2 at 16:39|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2014年01月23日 一生賃貸で暮らすにはどのくらい蓄えが必要か

定年後の住宅費用ということで、非常に参考になる記事がありましたので、コピペいたしました。
 

出典:プレジデントオンライン
2014年01月23日08時45分 一生賃貸で暮らすにはどのくらい蓄えが必要か
 
 

30年間でいくら住居費がかかるか? ■ポイントは定年後の家賃負担

 住宅ローンを組んで家を買うのと賃貸物件に住み続けるのとでは、最終的にどちらが得なのでしょうか? 
なかなか一概には判定できないテーマですが、トータルの損得勘定はともかく、賃貸暮らしの場合は定年を迎えて収入が大幅にダウンしてからも家賃を負担し続けなければならないことが最も気掛かりなポイントでしょう。

そこで、住宅を購入しなかった場合、60〜90歳までの間に賃貸物件でどの程度のお金がかかってくるのかをシミュレーションしてみました。

まず、月々10万円の物件に住むと仮定したら、単純計算で家賃負担の総額は3600万円。そして、2年に1度更新料がかかるのが一般的なので、合計15回で150万円がプラスされます。

しかも、同じ物件に30年間も住み続けるのは非現実的ですから、10年に1度の頻度で引っ越しをしたと仮定しましょう。3回の引っ越しで敷金・礼金が合計で3カ月分、仲介手数料が1カ月分ずつかかるとすれば、総額で約3870万円の負担となります。
なお、このシミュレーションは以前の住まいを引き払った際に戻ってきた敷金の残り(部屋のクリーニング代などを差引後)を引っ越し代に充てたと仮定して計算しました。


 もちろん、最近は敷金・礼金ともにゼロの物件も出回っています。しかしながら、それでもシニアの場合は収入が限られている点などを踏まえて支払いを要求されるケースが多いのが実情です。
それに、入居条件が緩い物件は部屋のクオリティにも難がありがちです。


 問題は、年金収入だけで、これだけの負担に耐えることができるかどうかです。家を買ってローンを組んだ場合なら、ローンの組み方を工夫することにより、子どもの教育費負担がピークに達する頃に返済額を抑えたり、年金生活になる前に返済を終える、といった工夫をすることが可能です。
ところが、賃貸物件の場合は家賃が老後までコンスタントにかかってくるので、そういったコントロールが難しいものです。ここまでの負担は厳しいということなら、物件のクオリティを下げるしかありません。


 ただ、子どもが成人して巣立った後は部屋数が少なくて済むようになるという側面もあるので、夫婦2人だけで住むのに十分なコンパクトな間取りの物件を選び、今までよりも家賃を安く抑えることは可能でしょう。とことんまで負担を軽くしたいなら公団のような公営住宅に注目する手もありますが、所得水準などに関する要件が定められていてかなり福祉的な位置づけの住まいですから、誰でも入居できるというものではありません。


一方でUR賃貸とかをイメージしている人も多いようですが、こちらはそれなりに収入のある人を前提とした物件で、年金生活者の場合は家賃の100倍以上に相当する貯蓄があるかどうかを毎年調べられたりします。



 いずれにせよ、維持費しかかからなくなった持ち家派と比べれば、賃貸派の月々の出費はどうしても多くなってしまいます。もちろん、ニーズに応じて自由に引っ越せるというメリットもありますが……。


加えて、お金以外の問題としては、保証人を確保できるかどうかという問題が大きなネックになります。親族や友人など、身近な誰かに引き受けてもらえるかどうか。物件の供給自体は豊富であっても、どうしても大家さんは孤独死のリスクなどを意識し、あまりシニアには貸したがらないものです。
シニアでもOKな物件を見つけて保証人も確保することは非常に切実な問題なので、あまり軽く考えておかないほうがいいでしょう。



(ファイナンシャル・プランナー 竹下さくら 構成=大西洋平)



honkab2 at 10:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月06日 本年もよろしくお願いいたします

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。


現在の現場は施主様がプライバシー公開を望まれていないので(今までも、リフォームや他社ログの再塗装など、掲載しておりませんが・・・。)、載せられず話題が少ないですが、今年は以前のように頻繁に投稿していこうと思っています。



honkab2 at 08:47|Permalink

2013年11月03日 禁煙「価値観を変えることで世界が変わる」

 このブログの管理先であるlivedoorではBLOGOS(http://blogos.com/)というアナリスト達の意見が載っているサイトがあります。

ライフのタグから最新の記事で永江一石氏の文章がありました。
題して「ロイヤルホストの全席禁煙で、売り上げは伸びるのか → 伸びる 」です。(http://blogos.com/article/72851/

30%の喫煙率の男性と10%の喫煙率の女性、合計で人口の20%の人のための喫煙コーナーを取り払うことになったファミレス・ロイヤルホストについての記事です。

「既存顧客の入れ替え」、つまり今まで少数の客の便宜を図ることにより「分煙」をサービスとしてきたが、もう「喫煙者は客ではない」(ちょっといいすぎかな?・・言い換えれば、食事の場で喫煙しないルールを守ってもらうというお店側の主張)ことを受け入れられる客層にすることで客単価を上げようという試みであることがわかりました。

今や航空機内は国内外の路線で全面禁煙です。
また計画がGOになったリニア新幹線でも早々と全席禁煙が決まり、在来線、新幹線の一部喫煙車両があるのみで、早晩全面禁煙になるのは時代の趨勢です。

上記紹介記事の中の気になった一覧表を切り取ってみました。

所得の比較何と言うことでしょう((*'-'*)何やらbefore~afterの中の感嘆のようですが・・・。)

飲酒習慣はそれほどの差ではないものの野菜摂取量以外は所得の少ない層の非健康生活習慣が見て取れます。

*飲酒については所得があれば飲み屋さんにも行くだろうし、いいお酒も買えるのかもしれません。
年金が少なく、生活保護を受けている人のニュース番組で、「支給日の贅沢は月一の発泡酒1缶と牛丼屋での外食」なんてのもあったほどです。


この表からは、お金が無いから野菜を多く買えないし(料理の内容が貧弱)、朝ごはんなどを抜き、栄養の偏りで肥満を生み、仕事の内容や生活様式から運動の習慣を作れず、ますます不健康になっていく。唯一の楽しみは「一服すること」くらいか?・・・と見えてきます。


私はというとヘビースモーカーからの完全禁煙後17年が経ちますが、肥満と運動習慣が相互にリンクしてこうなってしまっています。


運動を日課とし、健康を取り戻すことが私には必要です。いつやるか?・・・・・「今でしょう!!!」
もうすでに2年近くも続く「40肩(あくまで40です)」も一進一退の症状は、それでも春より夏、夏より今の方が肩の可動域が広がり痛みなど症状はゆっくりですが回復しています。
私生活をも含め「人生のリハビリ」を始めなくてはと思っています。



 さて、本題に戻りますが、タバコは幻覚を生じさせないので麻薬ではありませんが、明らかに「中毒」を起こします。
四六時中あれば吸う、無ければ買いに行くことを考える。精神状態をして「病気」ですね。

上記ブログの中でありますが、食事中漂う紫煙はヘビースモーカーであった私でさえ不快です。
いっそ、飲食関係の場所の「全面禁煙法」を作ったらと思います。
更に、全面禁煙のパチンコ屋さん、・・・・はははパチンコ屋さんが高所得者のための場所なら世の中変わってきそうな気がします。

私の経験では、居酒屋などでの禁煙維持が一番辛かったですかな。


就寝中は朝までタバコに火をつけていないのに、日中はチェーンスモーカーという人もいます。


 タバコを吸うという行為の価値はどういうことでしょうか?
私の経験上、喫煙者の言う「至福の一服」などという言葉で表せるのはわかりますが、「タバコを吸わない至福」のほうが楽しいのです。

禁煙席に案内される時の優越感に、隅に追いやられた「喫煙コーナー」でちまぢまと煙を立てる人々を横目にスルーできるかっこよさを考えて見てください。

何にもまして、次のタバコを買うため、自販機やコンビニを常に頭に置くこと、吸うため・買うための煩わしい行動が「至福」のためのトラウマになっていませんか?


煙を吸い込んだ時の口腔・気管・肺への刺激と循環器を通して体に染み込むニコチンの毒は他の麻薬と変わりありません。精神錯乱がないだけです。しかし、周囲の人に害を撒き散らすことを考えれば、麻薬以上です。


タバコを吸わない事の価値観や禁煙できた時の達成感。


何よりも、現代・未来の生活の中のプライオリティー(優先)を考えるときにタバコに火をつけている時代でないことに気付いてください。


昔はハンフリーボガードがタバコを燻らせるシーンがかっこよかったのですが、今の映画では喫煙シーンは使われません。カッコ悪く見えるからです。2枚目のヒーローがタバコを吸うのがカッコ悪いのです。 (カッコ悪く見えていいヤクザ映画などでは喫煙シーンが未だに健在ですが・・。)
*実際、先日の懐かしのTV映画でのボガードは私から見て違和感いっぱいでした。



今の時代、はた目にすごーくカッコ悪いことをしているのが喫煙者なのです。



価値観を強く感じることが禁煙のコツです。


honkab2 at 12:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月26日 重曹水で虫歯が治ってしまう?

某番組(見逃しましたが・・)放送の後、ネットで話題になっていましたので知ったのですが、・・・。

重曹水で口をすすぐだけで、

虫歯予防
歯周病予防
歯肉炎改善
歯槽膿漏改善
口内炎完治
舌苔除去
口臭予防

に、劇的な効果があるとのことです。

もっと早くに知っていたかったな、と思いましたが、まだ遅くない。
80・20運動(ハチマル・ニーマル運動・・・80歳で20本以上の自歯を残そうという歯科の標語)に自ら合致するよう、また 娘・息子にも知らせたいと思いました。


 歯科医も認める「常識」でもあるようですが、「初期の虫歯なら治ってしまう?」ことや、「続けると歯が白くなる?」、など歯科医の業務妨害にもなってしまう知識は教えてくれないのでしょうか?(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

ちなみに、使用量は食用重曹小さじ半分を100mlの水で完全に溶かし、30秒程すすぐだけで歯磨き以上の効果があるように書かれているサイトもありました。


虫歯の原因は口内が酸性化することでもありますが、重曹はアルカリ性です。 
そのあたりもいいのでしょうか?
今までの虫歯予防といえば「フッ素」ですが、使用法に難ありで危険な副作用もあるということを考えても、重曹のほうが自然なように思えます。

*注意* 濃すぎる重曹水は口内皮膚等に刺激が強すぎ、良くないようで 適度な濃さでなければならないようです。



honkab2 at 10:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年10月11日 Jejeje ! 目が点 

 食欲の秋・睡眠の秋などのんきな私ですが、某公立大学の理系学科在学中の次女にとっては「勉学の秋」の様です。  親バカの自慢になってしまいますが、いい加減な学生生活をかつて送っていた私からすれば、とんでもない驚きの娘になってしまいました。

ほぼすべての履修教科の成績が「優」なのです。  私など、2割あったかどうか?
昔から、「優」または「A」の評価の数が10コ以上か、とか 就職時の採用条件にもなっていたものでした。  


何ということでしょう。 このままだと、主席も狙えそうです。



 返済不要の某財団の奨学金対象になってもらいたいものです。今でも学生支援機構の奨学金は成績のいい人のみ得られる、「利子なし」を得ていますが・・・。 家から通えない学生には最高月額¥51,000・・(私学の場合¥月額¥120,000まで)  ≪就職できずに、奨学金を滞納する人の率が増えているそうです≫

仕送りが少なく、家から離れて暮らす、その生活費が足りず、土日にはショッピング・センターのフード・コートでバイトをして稼いでくれています。
たまに夜LINE(無料通話アプリ)で電話すると、毎夜遅くまで図書館その他でレポート提出など、勉強をしています。


 その娘の現在の趣味は週一に活動をする軽音楽バンドのリードギター練習だそうです。
大学に入ってから始めたギターですが、幼少からやっていたピアノや中・高生時代に吹奏楽部でこなしたトランペットやパーカッション(打楽器)の経験が生きているのか、独学でそれなりに弾けるようになったようです。


ある意味違う意味で問うた私の質問、「大学生活では高校の何倍もの経験ができるだろう?」に対して、「そうだね!!!」と返すその言葉は、何事にも全力を出すパワフルな行動力に裏打ちされた、むやみに妥協を重ねてきた私とは別次元の「人格」になっていました。


もう、「何事にも心配いらない」と、安心しました。



それにしても、この子ほんとにわたしの子?

honkab2 at 13:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)