2013年04月26日 HONKA 55周年キャンペーンのお知らせの中にMH(モデルハウス)来場記念品交換カードが入っています。

glass

(*プレゼントは数に限りがございます。カード1枚に付1個)

iittala / Kartio Mouthblown タンブラー

どんなに満腹であっても欲しくなるデザートはある。

どんなに必要な食器が十分に揃っていても欲しいと思う物
別腹アイテムが僕にも少しだけあって
そういった物を少しづつ別注し
スコープのラインナップに加えているんだけど
どうしても僕らのリクエストでは叶えられない物もある。
マウスブローのカルティオ。薄いカルティオです。

できれば新品で手に入れたいと思っていたので
カイ・フランク生誕100年のアニバーサリーイヤー2011年に
リリースされたのはとんでもなく嬉しいニュースでした。
正直、こんなチャンスはそうそうない!興奮しました。

僕にとって
アラビア食器の頂点がパラティッシのオーバルなら
イッタラガラスの頂点はマウスブローのカルティオ。
僕の中の地位でいえば、フローラよりも上かな?

フィンランドへ行くと
マイスオミのハンナさんがいつも自宅へ招待してくれて
ホームパーティーを毎回セッティングしてくれます。
その時の彼女のテーブルセットによく登場するのが
オーバルのパラティッシとマウスブローの薄いカルティオ。

ワイングラスとカルティオタンブラーのならんだ姿が
色濃く印象に残っていて
僕の中にあるフィンランドでの思い出の
重要なワンシーンになっています。
テーブルに自分のグラスが2つセットされているのって
本当に特別を感じる。そして気持ちとセンスも感じる。

1つにはワイン、1つには水。
大きなワイングラスと小さなカルティオタンブラー
両方とも薄い。そのバランスは最高です。

ハンナさんの家では
マウスブローのカルティオを毎日使ってるんだ!凄い!
って最初は思ってたんだけど実はそんな事はなかった。
特別な時にしか使わないのだそうです。
ゲストが来た時や、本当に大切な日にだけ大事に使う。

それ以来
そんなグラスが我家にも1つあるといいなと思いつつも
なかなか巡り会えないものですね。
僕のようにヴィンテージより新品を愛用したい人は特に。
だから、このマウスブローのカルティオタンブラーは
食器がどれだけ十分にあるかという状況は関係なくて
遂にキタ!が正直な気持ちです。

僕にとって、この薄いカルティオのタンブラーは
いつも使う物ではなく、特別な時にだけ
テーブルに登場する物。
徹底して日常使いしない方向で大事にしていきます。

このグラスが僕だけでなく
1人でも多くの人にとっての特別なグラスになって
これから生まれてくる、大切な思い出のワンシーンに
いつも登場するキーアイテムとなっていってくれると
いいなって思っています。

〜iittala社ホームページより〜
http://www.scope.ne.jp/iittala/kartio/mb_tumbler/

現物は写真のように、特別に「HONKA」のロゴを入れたものです。


honkab2 at 10:37│Comments(0)TrackBack(0)△HONKAから 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字