2012年09月08日 弊社ではトリプル窓への変更後の施工はここが初めてです

窓の取り付け工程です この春のご契約のお客様からホンカはトリプルガラス窓が標準になりました。

加工手配やら運送・工程により初見参ではあります。

(弊社モデルハウスでは3パターンの新仕様トリプル窓を実際にご覧いただけます。)

建具が付き始めると家の顔が現れるようにはっきりしてきます。


室内室内からの窓の画ですが、T-bar(セトリングというログハウス特有の構造の為窓を壁に直接固定できないため、スライド構造で窓を組みます。
そしてその隙間を埋めるのが発泡充填材やらグラスウールなどの断熱材です。
更に、それらを覆うのが窓枠の四辺のトリムボードというわけです。
ホンカでは室内・外で特徴的なオリジナルデザインのキットとなっております。
(霧除け・コーナーピースなど) 


もぐら家の周囲ではもぐらが活躍しています。

基礎やデッキ部土間コンクリートの地下部も砕石・填圧してあるので、このように周囲しか活躍できません。

施主様いわく、将来は犬走部にも砕石敷き詰めを考えていらっしゃるとのことでした。  もぐらくんも大変です。



他社ログこの写真はT様邸のあるリゾート開発施設アプローチ道路脇に建築中の他社ログハウスです。

基礎の上に土台を回してその上にログを載せています。茶色は防蟻剤でしょうか?(外壁のみ?)
ログ材は無垢の国産杉のようです。
ロフトの構造が1階部のログ積み上げ後に柱を立て棟や母屋を渡す工法です。 (この工法の代表的なメーカーはB○××社です。)

2階部の積み増しログ壁がない、純粋なロフト(小屋裏)利用の2階建てログです。 混構造ではないため、構造計算が必要ありません。

屋根重量を柱で受ける構造です。比較的早く屋根工事ができ、費用も抑えることができる特徴があります。
(ホンカのロフティーホームは屋根荷重を妻壁や間仕切り壁の面で受けます。・・・しかし製作に時間がかかります。)

まだ垂木の固定金具が見えないのですが、どのような金具をつけるのでしょうか?  この工務店は知りませんが、コーススレッド(建築用木ネジ)のみで止めるところもあります。
・・・・・・・・  * 台風時などあおり風で大屋根(建物全体)が揺れる有り得ないログも知っています。

今日は作業がされていなかったので、車を止め撮影できました。

しかしながら、この高さの作業まで足場がないなんて、・・・他社ながら心配です。

 

honkab2 at 12:11│Comments(0)TrackBack(0) ■長柄町TM邸(LUONTO延床29.5坪)が出来るまで 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字