2012年09月04日 明日JIOの躯体検査です

下屋 玄関側からの画です。
下屋(げや=1階部分の屋根の意)が見えてきました。

趣が変わってきました。





屋根下地午後の通り雨によって画像のコントラストが暗いですが悪しからず。

トップライト(屋根の明かり取り・・・ここでは天窓)が付き、屋根の(防水)下地も張られました。
 



軒天桁側(屋根の一番低いヶ所)の軒裏には既に軒裏天井材が張られ、棟換気の吸気役物(黒い部分)が見えます。
メッシュ状の空気取り入れ口となっており、屋根裏の湿気や暑い空気を通り抜けさせる役目を持ちます。
棟の最上部に付ける排気用役物と一対の役割をします。


根太 室内では根太がつけられ、次は断熱材、さらに床下地である構造用合板の作業となります。 

この根太のサイズは一般的住宅に使われるものと比べるとその頑丈さに納得できるはずです。




BlogPaint左の写真が一般的な住宅の根太掛け工程です。

ご覧のようにノミで欠き込み、はめ込み打ち付けますが、このわずかのサイズの根太材に切り込みを入れたなら応力は短い白線の部分の木材強度でしかないのです。 
2寸(6cm)角の木材もその1/3・・・つまり接合部(根太受け部)は2cm厚の材強度 です。  おわかりでしょうか?

根太のサイズや根太受け金具で万全を期すことが住宅強度に必要とされています。  床下断熱材を挟み込むスペースにも事欠く根太サイズも床下地が張られたあとでは見えません。


コンセント部左はログ内に配線されたコンセント口です。

こんな画珍しいでしょう?

外壁の下地塗装も間もなくです。
 

honkab2 at 11:02│Comments(1)TrackBack(0)■長柄町TM邸(LUONTO延床29.5坪)が出来るまで 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ポチ   2012年09月04日 19:35
 こんばんは。 日々の進捗状況 並びに プロの わかりやすい 解説 ありがとうございます。 おビールもどきが おビールに変身したように 感じ 喉を癒してくれております。 ^−^

コメントする

名前
URL
 
  絵文字