2012年08月26日 屋根垂木が架かりました

現状 現状です。
このところの残暑でも、
木陰のある風景は建築中も涼しげです。
 
手前の薪はT様が以前から少しづつ用意されていたものです。
こういう風景も合うんですね。


垂木屋根垂木にシート養生をしていますので、涼しく見学できます。

このあと野地板(のじいた=やねの下地)が張られます。
その上にアスファルト・ルーフィング(防水シート)を敷きますが、まだ天窓の開口やストーブの煙突用の開口を見なければなりません。
ただ、ルーフィングができれば雨への心配がなくなり、この先の屋根屋さんの作業に時間的余裕ができます。


配線 室内では電気配線工事も進められており、床下・根太や天井を回す配線、ログ壁に穴を開けるスイッチ・コンセント類の工事途中です。

天井から垂れる配線は電気機器に繋がれるまでこの状態です。



防蟻剤床下・根太部の防蟻処理用の薬剤です。

即効性と薬剤効果持続性等、低環境汚染品でもあり 使いやすい製品です。
大引・根太が付いたあと、断熱材取り付け前に噴霧・塗布されます。



* この現場は閑静な別荘地ですので、ご近所への配慮から見学をご希望の場合は弊社スタッフが同行いたします。
 

honkab2 at 10:05│Comments(0)TrackBack(0)■長柄町TM邸(LUONTO延床29.5坪)が出来るまで 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字