2012年08月17日 ログシェルの矩(かね=垂直・直角)、蹌踉(よろび=傾き)の補正を行います

よろび補正よろび補正2補正値を出しているO社員です。
それぞれのログ壁の傾きを測ります。
そしてどの方向にどれだけ補正しなければならないのか割り出しておきます。

如何に加工精度のいいホンカログといえどこれだけ積むと数センチ単位で傾きます。

補正数値図(左写真)グリーンの養生テープにペンで書いてありますが、 この意味は右の壁は垂直ですが、左の壁を2cm引かなければならないという意味です。
右図のようにそれぞれが矩(かね)=垂直にならなければなりません。

屋根垂木(たるき)や二階の根太(ねだ)を止め、屋根・床下地の構造用合板をしっかりと打ち付けることにより、この矩が保たれます。


この工程を踏まなければ、セトリングがうまく進まず、建具の取り付けやログの隙間など心配な建物になってしまいます。


積み上がりそれにしても木の量はすごいです。

 

honkab2 at 10:45│Comments(0)TrackBack(0) ■長柄町TM邸(LUONTO延床29.5坪)が出来るまで 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字