2011年04月29日 GWにはF様ご家族皆様による塗装作業が行われます

垂木まで 垂木までかけられました。

その垂木の上には・・・、いま不足しているという構造用合板が。野地板(屋根の下地)用です。

震災の影響で流通が止まっていましたが、どうにか手に入りました。

材木屋さんにお願いし杉の丸太から野地板用に切り出してもらいましたが、使用しないことになりました。 



垂直修正 左の写真はログ壁の垂直を「矯正」しているところです。 如何に精巧に加工しているホンカのログ材といえどただ積み上げるだけでは垂直は出ません。

「矯正」し、垂木の上に野地板を打ち付けることでこの「ねじれ応力」は固定・安定することになります。


セトリングを正しく行わせるためであり、家を長持ちさせる基本ですが、この工程をしていないログ業者もあります。



排水系工事西側ですが排水系の塩ビ管が見えます。

浄化槽に蒸発散装置をつけました。

昨日TIKKURILAも届きました。
F様はカラーリング等、模型を作って検討されているんです。



電柱延伸抜根左:電柱延伸工事終了後のアプローチの写真です。

右:F様がマイユンボにて抜根されたものですが、ストーブで燃やす以外になにか芸術作品にでもなりそうです。



honkab2 at 13:54│Comments(0)TrackBack(0)■香取市FM邸(LOKKI)が完成するまで 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字