2011年04月23日 小さな情報ですが・・・

 震災以来 「無駄は省こう!!」 とばかりに色々考えるようになりました。

家の中で厚手の靴下を履けば上着を1枚羽織る程の暖かさになります。 暖房費をカットできます。

やたらと明るい性格を「便所の百W(ワット)」などと言いますが、テレビ画面は室内照明の明るいところで見なければ視力が悪くなる、というのは間違いだということが最近言われています。

日本のリビングはどのご家庭でも、とにかく明るすぎですね。

生活の各シーンで「間接照明」や「影」を楽しむ、そんなゆとりが欲しいです。

それこそリッチな省エネでは?



 さて、今朝の読売朝刊の紙面でNTTのサービスについての紹介コーナーがありました。私も「目からうろこ」でしたので紹介いたします。


私の自宅では、20年ほど前に「迷惑電話」があったことを機会に、当時NTTで始まったばかりのサービス「ナンバーディスプレー」を申し込んでいました。


以来、かかってきた電話の相手發受話器を取る前にわかることで、それなりに便利に感じてはいたものの、ふと『それがどうした?』という思いになり、価値観がぐらついたのです。そして思いました、「別にわからなくても、今は迷惑電話なんてないし・・・・。」

ナンバーディスプレーは加入時工事費2100円の後は毎月420円(税込)が加算されます。 この20年で420×12ヶ月×20年=¥100,800 です。費用対効果というより「ただの無駄」に思え、即座に解約いたしました。 エ~ッ!? 気づくのが遅いって?  その通りでした。


(ナンバーディスプレーに代わる機能では050電話つまりインターネット番号を周知しておけば無料でナンバーは表示されます。)


今日の一枚目の目からのうろこは、ナンバーディスプレー機能に近い補完機能かな?と思い紹介いします。  NTTの  【 ナンバーお知らせ 136 】 というサービスです。
[最後にかかってきた日時と相手方發魏酸爾巴里蕕擦]というもので、事前申し込み不要、一回毎の課金(¥31.5円/回)ですので 必要な場合だけ利用できます。かけなおしもできますが非通知・公衆電話・国際電話は不可とのことでした。    場合によっては便利に使えると思います。


二枚目のうろこは、【 空いたらお知らせ 159 】 というサービスです。
[電話をかけた相手が通話中の際、いったん電話を切ってから1分以内に「159」をかけ続けて「1」を押して登録すると、相手の通話の終了時点で音声案内で通知してくれるサービス]で、事前申し込み不要、お知らせを聞いた後即座に「159さらに3」を押すことにより、既に会話を終えている相手に かけなおすことが出来る という便利な機能です。 やはり¥31.5円/回の使用料はかかります。*携帯・PHS・フリーダイアルなどには不対応とのことです。

何回もかけても先方が話し中で、そのうちかけそびれてしまう、そんなことはなくなります。


 ついでに、紙面情報ではないのですが、NTTでは料金明細を郵送で送ってまいりますが、我が家ではいつもはそのままゴミ箱に直行でしたので、今回「@ビリング」に登録をいたしました。

それほど気にしない明細ならばe-mailで知らせてくれるだけで充分です。  ちなみにこの申し込みによって月々¥115.5円の節約になります。


チリも積もれば・・・・です。

参考にしてください。
皆さんもそんな情報がありましたら教えてください。


honkab2 at 11:34│Comments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字