2011年04月07日 荷降ろし作業でした

荷降ろし1荷降ろし2荷降ろし3








こんな風に荷降ろしされます。

20フィートコンテナからの引き出し・吊りあげ風景です。

右の写真の一番手前のログ材は1台目の40フィートコンテナ(12.192m)いっぱいの長さでした。

基礎写真現場では型枠も外され土日のログ積みにむけて整いました。

土日は施主様が現場に来られるのが土日ということで 出来るだけ作業を見ていただく、また ご要望などもおうかがい出来るよう、職人もふくめスタッフの休みを変更することにより 施主様施工部分の便宜を含め「意思の疎通」を考えたものです。

 この先も施主様本位で続けたいと思います。  

一般的に 工務店側としてはできるだけ施主様には現場に来てほしくないというスタンスが多いのです。

「職人に話され勝手に仕様変更など決められても・・・。」 という考えでしょうが、現場とスタッフ全ての連絡が密になっていれば、誰に打ち合わせしてもらっても全員に情報が共有されます。


現場での打合せは間違いのない施工をするうえで、大切なことだと思います。


また、職人サイドでも施主様の顔が、気持ちが解ればより一層、良い家にしたいと励みにもなるものです。

スタッフの休みを変更することで価格がUPするわけでもないし、できることから変えようと思います。



honkab2 at 10:12│Comments(0)TrackBack(0)■香取市FM邸(LOKKI)が完成するまで 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字