2011年02月01日 今日だけでも色々な職人さんたちが入りました

和瓦のカット瓦葺き この和瓦の色は初めてでしたが、すごく落ち着いています。
壁色等とのコラボではお勧めの色ですね。
ITさんの選択ですが、私も好きになりました。

カットし、寸法調節しながら葺いていきます。



引き戸への変更をしました断熱材張り付け室内では先週ユニットバスが組み立てられましたが、間仕切り壁との空間に断熱材を張りました。
床下からの通気を防ぎ、バス内の保温と遮音効果があります。

ちなみにバス入口はスライドドアを採用です。



1Fトイレ断熱材張り傾斜天井断熱材左は1F玄関正面、トイレの壁の断熱材張り付け状況です。この断熱材は遮音効果を発揮します。

右は傾斜天井の断熱材です。
この後防湿シートが張られ、シーリングパネル(天井板13㎜厚×120㎜巾)が張られていきます。

写真の角度が悪いのですが右下に2Fトイレ部間仕切りの断熱材も見えます。




排水管防音2Fトイレ床下の排水管は「音ナイン」を使っています。

一般の塩ビ配管と比べ、5倍以上の値段がしますが、実際の生活では階上からの設備機器の排水管の音は思いのほか気になりますので、またまたこれを採用しました。
弊社ではお客様に請求しません。
ドアストッパーやドアクローザーなどとともにあった方がいいであろう「気遣いサービス」です。

設備・配管屋さんも家の内側では㎜単位の細かい作業ですが、外回りだとユンボを使った豪快な作業です。

若干の変更で電話したところ、電気屋さんもはるばる50分 車を飛ばしてきてくれ 私を含めると10名でした。

いい職人さん達です。


毎日お茶をいただいたり、遅くなった時ラーメンをいただいたことも、施主様ありがとうございます。


honkab2 at 10:58│Comments(0)TrackBack(0) ■千葉市緑区IT邸(SUVI)完成まで 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字