2010年07月27日 「ホンカはいいけど高いよ」 「目の保養に行ってらっしゃい」

 何名かのお客様が「某〇〇ログ展示場で言われました。」といいながら弊社のモデルハウスにおいでになっています。

ほめていただいたそのライバル社長さんにありがとうございます、と言いたいところですが、その言わんとするところは「品質はいいけど、ねだんは(びっくりするほど)高いんだよ」だと思います。

それはそうです。
最上級のログやティンバー材。そのキットの量は他のログ業者の材をはるかにしのぎます。(セトリング対応ジャッキや金具類をも含む)積載コンテナの数さえ大きな差があります。

その上、ログ積みや屋根が上がるまで等他社と絶対的に異なる建築時間。


定評のDK窓やドアなどの建具の品質は手間のかかるホンカの建築マニュアルによってその断熱・防災・快適生活の性能に生かされ、他社と絶対に差が生じます。


その性能の差はおどろくばかりです。

いかに過去何10棟ものログを作ってきた・・・・にしても、雨漏り・すきま風はもちろん夏の2階の暑さや冬の1階床の寒さを犠牲にしての値段の選択はあり得ません。


大工手間や断熱・シーリング工程等の多さからくる必然的価格の差は「住宅性能の差」とお思いください。

ホンカの112亢辧180亶/段)ラミネートログに対する同レベルログ巾の〇〇社の材工一式価格はわずか200万円程度でした。

ホンカの2400万円に対して2200万円は確かに安く思われますが、安く作れるのにも理由があるのです。


年間何10棟造っています、という工務店、本当に性能のいいログを建てていますか?

1社の代理店を長くやっているので他メーカーの仕様やマニュアルはわからないというのは仕方ない(罪が無い)のですが・・・・・、

利益を少しでも多くするため、どこかで仕様(又は手間)をグレードダウン、そんな工務店は少なくないのです。

honkab2 at 15:58│Comments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字