2010年06月11日 50才時未婚率

 先の子供手当の項で男性が余るといいましたが、厚生労働省の統計では50才時の未婚率は男15.4%に対して女6.8%とのことです。昔はと言えば30年前(1980年)ではそれぞれ2.6%と4.5%です。


女性はこの30年間での未婚率は倍までは増えていませんが 男性の場合、6倍もの増加なのです。
それが晩婚化で独身が多いイメージと重なると周りじゅうそこここに独身男性がいるように思えるのではないでしょうか?


原因には時代背景の中でも特に流行のように言われている、男性の『草食化』があるのではないかと思います。

資料によると日本人の、特に男性が各世代にわたって < 異性と交際経験が無い >と答えています。


団塊の世代のすぐあと、高度成長時代の何でもありの また社会道徳も成熟していなかった時代に、いい加減な(しかし悪いことはしませんでした)青春時代を送った私から見ると、異性との交際経験が無いなどは考えられないのですが、バブル以降に適齢期を迎えた世代では なにか社会規範・価値観が変わってしまったようです。

(当時、繁華街や駅前でのガールハントなんて日常茶飯事。 メルアドを聞く、TEL番号を聞くから始まる現在と違い、その日のうちに結果を出さなければならない真剣さはありました。先に記したSや中野のKやNなどはいい仲間でした。)


時代背景では少子化で母親以外に家族に女性がいないとか、男女同権・ゆとり教育による「差別禁止」論的社会風評があると思います。兄妹が多ければ何事も競争(ケンカ)ですし、異性の兄妹から基本的な「異性」を理解できたのです。


また女性が主張できる時代になったことや男性の経験不足も男性の草食化に拍車をかけています。


未婚の人だけでなく、さらに離婚率の増加が高齢社会の影の部分を増やします。。
いまや30%台後半もの離婚率は老後の男女の力関係を劇的に覆す社会問題でもあります。
核家族化といわれて久しく、世代間・夫婦間の絆も風前の灯火のようです。

独居老人や孤独死のひとつの遠因でもあります。


それにしても100のうち一回も結婚経験のない男性が15人強もいるなんて・・・。

honkab2 at 15:01│Comments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字