2009年02月24日 花粉症の季節真っ盛りです。

昨日のYahooに「花粉症」についてのコラムがありました。
一部をコピーしてみました。

 将来、子どもが花粉症で苦しまないようにするためにはどうすればよいか―。理化学研究所免疫・アレルギー科学総合研究センターの谷口克センター長が「花粉症にならないための9か条」を紹介した。

 2月23日に横浜市の理研横浜研究所で報道関係者を対象に開かれた「製薬協プレスツアー」(主催=日本製薬工業協会)で、谷口センター長は「スギ花粉症ワクチン開発」と題して講演。この中で、▽生後早期にBCGを接種させる▽幼児期からヨーグルトなど乳酸菌飲食物を摂取させる▽小児期にはなるべく抗生物質を使わない▽猫、犬を家の中で飼育する▽早期に託児所などに預け、細菌感染の機会を増やす▽適度に不衛生な環境を維持する▽狭い家で、子だくさんの状態で育てる▽農家で育てる▽手や顔を洗う回数を少なくする―の9か条を紹介した。

  ー 中 略 ー

、「花粉症は、ある程度不衛生でエンドトキシンの量が多い環境で育つと発症しにくくなる。逆に、下水道などインフラが完備されている所、車の交通量の多い所で育つと発症率が高くなる」

・・・・・
また

「幼児期でアレルギー体質が決定するという仮説は正しいことが証明された。花粉症などのアレルギー性疾患は文明病であり、人間が物質文明を追求したために生じた免疫機能失調症だ」と指摘。・・・

【エンドトキシン】
 細胞内毒素。細菌の死などによって細胞壁が壊れることで放出される。

以上ですが、宜しければ全文を読んでください。

数年前、回虫などの寄生虫の蔓延している国では花粉症は無いとの説がありましたが、その裏付けはこれだったんですね。

神経質に育ててしまった長女とその体質・同一の生活様式で孫たちもアレルギー体質のようです。
こんな理由があったんですね。

もう少しワイルドに育てる必要があるのかも・・・。

honkab2 at 10:39│Comments(0)TrackBack(0) ♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字