2009年02月13日 千葉県公立高校の特色化試験の発表日でした

合格番号 朝、中三の娘とともにC高校の合格発表を
見に行ってきました。

 前もって私に受験番号を教えたくなかったようで、
(遠視のため明らかに娘より私のほうが早く受験番号を
認識しまうため、無言で前にかき分けて出ました。)
近視の娘の見える位置の掲示板の前まで引かれて行くと、
その瞬間 突然、娘は泣き出してしまいました。

一瞬「だめだったか?」との思いがよぎったのですが、
泣きじゃくりながら「ァ・・あった・・・」との娘の声で
ホッとしたのとともに、涙の止まらない娘を引きよせ、
ねぎらいの言葉とともに短くもあり長くもあったこの数ヶ
月が思い起こされたのでした。

あとは来週火曜日までに「入学確約書」を提出、その後の
スケジュール待ちとなります。

鼻先の人参ならぬエサで、合格したら・・・・と大きな約束を
してしまいました。どうしましょう?

まだ半数近くの同級生は進路決定していないのです。
来月5日の一般入試の発表まではディズニーシーもランドも行けません。
(友達がパスしなかったようなので)

それよりも高一の授業が始まるまでの気持ち・態度のありかたで高校生活は
決まってしまいます。開放感は一瞬だけです。

入試時の成績はすごかったが、崩れていった生徒や、ぎりぎりで受かった
ことを糧にその後頑張って、見事 素晴らしい大学に進学した子もいます。


それにしても、娘の青春は見てる親も認める有意義な時間です。
合格のその夜も「過去問」に取り組んでいたのでした。
(親もびっくり・・・。)

今日は子育てしていて、報われたと感じることのできる瞬間でした。
皆様に感謝です。


honkab2 at 11:52│Comments(0)TrackBack(0) ♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字