2008年12月10日 もう一度載せます

ENEOS床暖裏(構造) 弊社が採用、
お勧めしている
ENEOS社製
電気床暖ユニッ
トです。
今回H.K.様邸
でも1階のL・D・Kそれぞれのスペースを3系統別々に
コントロール可能なように設置いたしました。

 操作盤にはタイマー・切り忘れ防止機能などがあり、使いやすさが特徴です。

熱源がシート状の他メーカーと異なり、きちんと熱線が固定・成型されている
ため、断線・漏電などが比較的起こりにくい製品です。

 設置・施工もしやすく、断熱材一体型になっているため床下への熱伝導ロスが
少なく、その分ランニングコストが低いとのこと(メーカー)です。

確かに普通に床下断熱材を敷き、下地合板を挟みその上に設置しますから、
2重の断熱ということにもなるのです。(床材の下の層が厚いだけでも有効です)

 価格についても・・・。
ガス温水床暖のイニシャルコストやメンテナンス、リフォームなど考えると
コストパフォーマンスはかなり優位と思います。


 HK様邸ではリビング部の温度上昇に疑問符がありましたが、電気屋さんに配線を
チェックしてもらったところ、完璧になりました。



やはり、じんわり〜ッとシアワセ感を感じます。






honkab2 at 11:19│Comments(0)TrackBack(0)■館山市H.K.邸アウケアができるまで 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字