2008年04月11日 ホンカのログは長いんです

 ホンカの施工マニュアルの中に『荷下ろし/搬入路』の項目があります。

ホンカのログ材はフィンガージョイント加工といって、全てのログの段が
隙間の無い一本ものとして加工・輸送されてきます。

基本的にはコーキングの必要な継ぎ手はありません。

もちろん世界の中でホンカは長さ数百メートルといったような世界一の
ログの大建造物を作っているし、その施工時にはホンカのキーラノッチ
加工でしか合わせられないシーリングマニュアルでの万全のノウハウは
あります。

 ログ材の加工バンドルとしては12メーターか6メーターかは指定でき
ますが、6メーター材は特別、トレーラーが入らない・ラフタークレーンが
入れられないなどの狭い道路・敷地等の条件の場合だけです。(6メーター材
の場合でもチンキングなどのコーキングの必要な継ぎ手部分は生じません。
ノッチ内だけで完全に処理できるのがホンカです。・・・鎖継ぎ手など対策を
している工務店もありますが、それとて万全ではありません。)

 とはいっても本来のログ材は40フィートのトレーラー内いっぱいに積まれ
てきます。コンテナの長さが12メートル・・・・・運転席をいれると15
メートル以上あります。高さは3.8メートル巾は2.5メートルです。

建築地まで運べるか否かは途中の道路形状によります。トレーラーの旋回時軌跡
図及び所要道路幅表などから判断できますが、現地を見せていただくことが
必要になります。

基本見積りとは別にこの搬送費(弊社の場合横浜港から現地への)や狭小道路
・敷地が狭い為、別に一時的仮置きが必致でユニック車などでの「小運搬」の
必要な場合、別途費用は発生します。

通常、3台のトレーラーです。その費用は無視できません。(10坪台の平屋
ログでもログ材他資材はトレーラー2台分です)このあたりの費用が短い材で
建築しているメーカーなどよりは不利なのですが、それを埋めて余りあるのが
「隙間の無いログ」なのではないでしょうか?

まー費用も私にご相談ください・・・・。ぁ、あまり大きな声ではいえませんが!











honkab2 at 11:53│Comments(0)TrackBack(0) ♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字