2008年01月31日 インフルエンザ流行中

末っ子のT君が一昨日の夜高熱になり、本人に確認したところ
クラスメートの欠席が9名あったとのこと。
先生からはインフルエンザの予防接種を受けたか?否か?と聞
かれたとのこと。すわイン・・・かと思ったのですが、高熱がか
わいそう、と買い置きの総合感冒薬を飲ませてしまいました。

39度台あった熱も翌朝には38度台まで下がったのですが、
大事を考え 近くの内科まで連れて行きました。

 検査をし、しばらく待つと結果が・・・。
「やはりインフルエンザ・・・A・・です」との非常なお医者
さんの声が、本人は非常に元気で「おなかが痛い」と、唯一
心配な言葉はありましたが、好きなおにぎりを食べ終わると
「治った!」。

おなかが空いた感じを、痛いという表現しか出来なかったから
ではないかと思えるほど病院でもケロッとしていました。

例の《タミフル》を処方していただき、家に帰ったのですが、
なにか釈然としません。
以前には家族中が何日も苦しんだ「風邪(敢えてそう呼びます)」
で病院にいかなかったが、治ったことも数々あります。
今回は非常に軽いし、今日などは学校を休ませたくはなかった
のですが・・・。

もしかすると、インフルエンザにかかりながら、それと認識(診断)
出来なく、普通の風邪と思い、「薬が効かないな・・・」など
思うだけで、時期が来て治ってしまうこともありえるのでは・・・。

〔私だけでしょうか〕
そういえば、7〜8年ほど前39度前後の熱と下痢が1ヶ月半ほど続き、
仕事も忙しかったので、病院で一度並んだだけ(混んでいたので
途中で帰ってきてしまいました。)でした。

今となっては何の病気だったのか、偶然あった抗生物質などたくさんの
薬は飲みましたが、ああ今思っても怖い・・・。

どうぞ皆さんはこんな不精にならないで下さい。


honkab2 at 14:03│Comments(0)TrackBack(0) ♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字