2007年04月24日 今日はK様の土地決済でした

K様銀行決済
いつもながら土地決済のときは銀行の応接間が狭く感じます。銀行の担当者・不動産屋の担当者・司法書士そして施主様ご一家と『動く圧迫感』である私・ムーミン 酸素がうすい・・・・・冗談ですが、 まるこちゃん(K様のお子様・1才)よく我慢してました。

施主様のK様、かなり在来住宅とどちらにするか迷われたようです。 それはそうだと思います。同じ予算で居住スペースや収納はログだと2〜3割は少なくなってしまうかもしれません(選ぶメーカーによって異なりますが)。しかし立てたときが一番きれいで段々劣化していく在来住宅と完成以降もだんだん味が出てどんどん手を加えられるログと『温もり(人と家との関係)』がまったく違うのです。 汚れるから/傷がつくから という家で育つ子供と ログの無垢の木肌を感じながら、ログを自分の育つ環境に選んでくれた親の気持ちを無意識に浴びる子供 どちらが良いのでしょうか? K様にとってログにして良かったというときが必ず来ます。 そのときに少しでもお手伝いさせていただいた私ムーミンを思い出してもらえればと工事を控えての私の決心です。ちなみにこの写真はホンカの細部にわたる施工マニュアルで最高の職人による手間です。他ログにない感覚の一つです。 

honkab2 at 18:00│Comments(0)TrackBack(0) ■市原市K邸・ぺルへ2が出来るまで | 住宅ローンアドバイザーからのお知らせ

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字