2015年07月

2015年07月25日 ログハウスとエアコン

 後付けでエアコンを・・・と考えていても10cm以上もの厚さのログ壁に配管のための穴をあけるのも大変です。取り付け電気工事屋さんによっては「穴あけ道具がありません」ということもあり得ます。

また吹き抜けや、大きな空間の間取りをしている場所へのエアコン機器選定では200V(ボルト)機器のほうが安定しているし、力も強いのです。最初からアンペア数や配線の可能性など考えておく必要があります。

≪ 建物の建築方法からくる必然性でダボ穴を利用して配線を取ることもあるログハウスは電源・配管を高所にとる必要のある「エアコン設置」には取り付け位置の制約が生じてきます。≫


また、屋根を抜く薪ストーブなどの暖炉煙突の屋根仕舞(雨漏り・経年炭化火災など生じないように)なども最初から考えておく必要もあります。

その他、後に窓部をドアに変更する、または増築する可能性など考えながら当初の間取りは検討することが必要です。

honkab2 at 11:29|Permalink