2014年11月

2014年11月08日 暑さの7割、寒さの6割は窓が原因 

・・・続き

低い断熱性なぜ放置、世界に遅れる「窓」後進国ニッポン

  〜 松尾和也 松尾設計室代表 日経新聞 電子版  2014/11/7  より


■暑さの7割、寒さの6割は窓が原因


 なぜ、世界各国がこのように窓の高性能化を厳格に進めているのか。もちろん、理由があります。


 日本建材・住宅設備産業協会の調べによれば、住宅で生じる熱の損失を部位ごとに相対化してみると興味深いことが分かります。窓などの開口部を通して、冬に暖房の熱が逃げる割合は58%、夏の冷房中に入ってくる割合は73%にも及びます。暑さの原因の7割、寒さの原因の6割が窓とみなせます。


 もちろん、家の断熱性能や形状などによって異なります。国によっても異なります。しかし、どの国でも暖房にかかるエネルギーはかなり大きな比率を占めており、窓はその原因の半分以上を占める部位なのですから、規制を厳しくするのは極めて合理的なわけです。

窓の熱の流出入%

一般的な住宅で生じる熱の損失を、部位ごとに相対化した値。特に開口部からの熱の出入りが大きいことが分かる。1999年の省エネ基準(次世代省エネ基準)で建てた家がモデル(資料:日本建材・住宅設備産業協会の資料を基に日経アーキテクチュアが作成)


■アルミの枠は熱が逃げやすい

 窓は枠とガラスで構成されています。このうちガラスの方はそれほど諸外国に比べて劣っているわけではありません。ペアガラス(複層=二重)やLow-Eペアガラス(低放射)といったガラスは、かなり一般化してきました。



 問題は枠にあります。断熱性能が低い窓枠は、あたかも隙間風が吹き込むかのようです。日本のサッシの大半は、枠がアルミでできています。理由はアルミが加工しやすい、工場のラインがアルミ向けであるといったことにあります。しかし物理的に考えれば、枠にアルミを使うことはあり得ません。断熱性能の目安となる熱伝導率で各材料を比較してみれば明らかです。


 熱伝導率は、アルミかそうでないかで約1000倍も異なるのです。だから世界的にはサッシの樹脂化や木質化は当たり前になってきています。

材料による熱伝導率

材料の熱伝導率の比較。アルミは樹脂や木に比べて熱を通しやすく、窓枠に利用するのが不利であることが分かる(資料:ケンプラッツ)






世界の窓

 米国では全50州のうち24州でアルミサッシが禁止されています。日本で売られている4.65W/m2・Kレベルのサッシは大半がアルミでできていて、アングルと呼ばれる室内側の部位だけが樹脂でできている「樹脂アングルサッシ」と呼ばれるものです。これが売れ筋の7割を占めます。





 大手住宅メーカーの大半が採用しているのはU値2.9W/m2・K(Low-Eペアガラス利用時)もしくは3.5W/m2・K(普通ペアガラス利用時)で内枠が樹脂、外枠がアルミでできた樹脂アルミサッシというものです。なかには、これを「樹脂サッシ」と呼ぶ人も存在します。


■ペアガラスでも結露の恐れ

中略〜

 どんな窓でも最も結露する可能性が高いのは、下枠とガラスが接する近辺です。人間の健康に理想的な冬の室内環境は、室温が20℃で相対湿度が50%程度とされており、この状況では外気温が低いと、すべての樹脂アルミサッシで結露が発生します。



 結露が発生するか否かは、まず枠が樹脂か木なのか、それ以外なのかでほぼ決まります。枠とガラスの断熱性能を比較した場合、一般的には枠の方が低いので、結露が生じるかどうかは枠の性能に引っ張られます。上記の室内環境で外気温が0℃であれば、結露が始まる温度(露点)は9.3℃です。アルミの枠では多くのケースで結露してしまいます。



■「結露は瑕疵」の欧米


 先の日本建材・住宅設備産業協会の調べによれば、窓など開口部からの熱損失は、少ない方の冬でさえ58%であり、次点の外壁15%と換気15%と比較しても圧倒的に大きくなっています。窓の設計が最優先かつ最大の課題であるのは、このためです。


中略〜

 ドイツやオーストリアでは窓の結露はもちろんのこと、壁体内の結露においても徹底的に抑制が図られます。「建築物理上、結露を引き起こすのは誤った設計であり、人の健康を害するから瑕疵である」という考え方が根底にあります。事の重さを痛感します。



 オーストリアでは鉄筋コンクリート(RC)造マンションなどは、コンクリートの水分がほぼ抜けるまでの2〜3年は家賃が低く貸し出されるということも聞いています。そもそも欧州のマンションは外断熱工法なので、結露は日本に比べてはるかに少ないのですが、そのうえでの話です。



 一方、日本なら築後2〜3年は賃料が最も高く取れる時期です。それどころか日本ではほぼ全てのマンションで、北側の部屋が結露に悩まされています。マンション販売会社によっては、「加湿器を止めてください」にとどまらず、引き渡し時に除湿機をセットにして渡している会社さえあります。




書評: 私たちHONKAマンたちが常にお客様に説明し続けていることですね。

     
     忘れてならないのは、玄関やテラスドアの断熱性能もです。
     木製ドアなら全て断熱が完全というではないのです。やっぱり無垢板の3cmや4cm厚のド
     アでは冬の寒さは伝導してしまいます。 ポイントは断熱材が挟まれているかです。また、
     ドアや窓のパッキング部がシングルかダブルかで、空気で断熱層を持てるか否かの問題
     になります。
     
     さらにそのパッキング部の素材、柔らかく且つ永年の耐久性を持つか否かです。擦り切れ
     てすきま風状態の他ログハウスは多く見ています。

     ホンカでは風防用室内ドアを設けているプランも多いですが、プライバシー対策だけでは
     ないのです。ドアを開けた時のヒートショックが和らげられるのです。


     壁の熱ロスについても語られていましたが、HONKAの112サイズの壁の厚さでもコンク
     リート壁120cm以上の断熱性能なんです。


     さらに、ログハウスはフィトンチッドで健康にしてくれ、湿度調整をもしてくれる建物です。

     最後にもう一点、厚いログは燃えにくく、有害ガスが出ないといつも言いますが、窓が木製
     なら外側の火は室内に侵入しづらいのをお知らせしておきます。

     燃えやすい樹脂サッシは無論のこと、アルミサッシも大変熱に弱く、すぐに変形し、ガラスも
     割れて室内に火が侵入してしまうのです。

     実際にモデルハウスにおいでいただき、ドア・窓の厚さ・パッキングなど見ていただきたいで
     すね。   そろそろ床暖房を点けようかと思います。


                                                以  上

2014年11月08日 暑さの7割、寒さの6割は窓が原因 

低い断熱性なぜ放置、世界に遅れる「窓」後進国ニッポン
      〜 松尾和也 松尾設計室代表2014/11/7  日経新聞電子版より

 日本は世界から見て、「ものづくり先進国」「超一流の工業国」というイメージがあると思います。しかしながら窓に限っては全く逆で、日本の工業製品の中でほぼ唯一といっていいほど、レベルの低い状態が続いてきました。


 まずは、その証拠として世界各国の窓の断熱性に対する最低基準と日本の窓の実態を比較してみましょう。

比較表

各国が求める窓の断熱性能を熱貫流率(表中のUw。単にUとする場合もある)で比較。小さいほど断熱性能が高い。ここに載せた値はどれも最低基準であり、これ以下の値にすることが求められている(資料:テクノフォルムバウテックジャパンの資料を一部加工)




 窓の断熱性能は、「熱貫流率」という指標で比較します。U値とも言い、単位はW/m2(平方メートル)・Kです。1m2当たり、かつ1時間当たりに通す熱量を表し、小さいほど熱の出入りが少なく高性能であることを意味します。多くの国では窓の重要性がよく認識されており、U値に関して最低基準を設けています。その値をまとめたのが上の表です。



 日本には非常に残念ながら、いまだに最低基準が存在しません。よくあるアルミニウム製の枠に一重(単板)のガラスを使った窓は、U値が6.5W/m2・Kと、とんでもなく低性能な値ですが、今もこうしたタイプの製品を販売することが許可されています。日本に5700万戸あるといわれる住宅の8割以上は、U値が6.5W/m2・Kというレベルでしかないといえます。



■1999年制定の基準が現役


 既存住宅は仕方がないとしても、新築住宅においても売れ筋の7割が4.65W/m2・Kという低いレベルにとどまっています。国内では窓の性能は星の数で表しており、その評価は下記のようになっています。


 冗談みたいな話ですが、次世代省エネ基準という1999年(平成11年)に定められた基準が、いまだ住宅業界では「あがり」としてあがめられる風潮があります。基準値は地域によって異なり、東京や大阪など大半の地域を含むエリア(旧・IV地域)については、あろうことか、窓性能の目安として4.65W/m2・K以下と書かれているのです。

日本の熱貫流率表

経済産業省が定めた窓の等級。最高レベルでも熱貫流率は2.33W/m2・K以下と、諸外国に比べて求められる性能が低い。義務化もされていない(資料:ケンプラッツ)



■欧州だけが高基準にあらず


 「欧州は省エネや断熱の基準が厳しすぎるから、それと比べるのは酷だ」。こんな意見がよく聞かれますが、それは欧州だけの話ではありません。お隣の韓国と比較してみましょう。



 韓国の東京や大阪に該当する地域の戸建て住宅(Detached house)に対する最低基準は2.7W/m2・K、推奨基準は1.6W/m2・Kです(60m2超)。これが意味するところは、同じくらいの温度域での比較では、今の日本の最高基準(2.33W/m2・K)が韓国の最低基準程度でしかないことを表しています。

 さらに、日本では最近まで、断熱性能に有利な樹脂製の枠と三重(トリプル)のガラスを使った製品は、ほとんど販売されていませんでした。その状況下では、日本の最高レベルのサッシが韓国の推奨基準に達することができなかったのです。

 現在中国では2.5W/屐Kだが、2015年を目安に2.0w/屐Kまで厳格化されることが検討されている。


 続く・・・・・。   (次は「暑さの7割、寒さの6割は窓が原因」の本題です。



2014年11月08日 私のブログが888回を記録いたしました。

 7年半でこの数字ですが、近頃投稿が少なく反省しております。

これからもよろしくお願いいたします。

honkab2 at 13:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

2014年11月02日 来年、相続税が増税となります。

10月30日(ブルームバーグ)より。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141030-00000001-bloom_st-bus_all

 かつて2億円以上の相続財産がある方が対象でしたが、1億円程度で実際に相続課税対策が必要になりそうだと記事では書いてあります。

 ,修里燭瓠▲▲僉璽箸筌泪鵐轡腑鵑魴て、賃貸経営を勧める事象が増えそうだと。 

 * 課税に際し更地は時価の8割程度の路線価で評価され、賃貸住宅を建てると借地権の発生で評価額はさらに6割程度まで減額。また、建物は時価の約4割の固定資産税評価が適用され、賃貸していれば、さらにその7割程度で評価される。・・・・・ 賃貸することで発生するメリット 〜 土地評価額 0.8 × 0.6 = 0.48  ,  建物評価額 0.4 × 0.7 = 0.28 


◆‐綉理由により100%相続財産とみなされる現金を不動産に変えると相続税評価額が下がり、節税に有効
 * マンション建築等が増えそうだと、再度述べています。


 来年の相続税改正で、基礎控除の定額分は現在の5000万円から3000万円に、相続人数に比例した分は1人1000万円から600万円にそれぞれ引き下げられる。相続人が1人の場合の控除額は6000万円から3600万円となり、資産4000万円でも新たに課税される。富裕層を主な対象としてきた相続税は対象者の裾野が広がり、課税額も増える


来年の相続税制改正で影響を受ける路線価と地域
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141102-00010002-dime-bus_all

私、上記資産者には該当しません(借金はあっても資産・貯蓄はなし・・・。)が、日常の生活・仕事に響いてきそうです。

 実際、高速道路の利用料金の大幅UPで通常の経済活動さえ控えめにならざるを得なく、各種控除の廃止・増税がさらに身入り収入を減らし、この上消費税を予定どうり上げるようでしたら、生活がかなり厳しくなります。

更なる「量的緩和」を日銀では5対4の評決で決定したようですが、お札を刷るなら国民ひとりあたり100万円程度配ってください。かなりの消費増となると思います。
景気回復のために思い切って120兆円どうですか安倍さん日銀さん。