2014年01月

2014年01月25日 フォアグラ弁当の販売をやめたファミリーマート 〜 びっくりしました !

 28日から予定していたフォアグラ食材を添えた「ハンバーグ弁当」の販売を中止したとのニュースがありました。

大衆化してきた食材とは言え、私が食べたという記憶の、数える程しかないその食経験の乏しさはさておき、ちょっと待った!と声を上げたいと思いました。
私も食べてみたかったという声は別として、・・・・・。



 22件の「飼育方法が残酷である」というよくわからない難癖に「「商品でお客さまに不快な思いをさせるのは本意ではない」との弁で発売中止を発表したが、最近のニュースであった冷凍食品の農薬や食中毒で回収された、または販売差し止めとなった商品ではないのです。

22件という数字が多いか少ないかは別として、この方々(複数?)は各ホテルなどフォアグラを日常的に料理として提供している場所にも「意見」を送っているのでしょうか? また、本場のフランスにはどのような投げかけをしているのでしょうか? 
世界中の食文化には残酷なものはかなりあります。
日本の鯨肉として売られているイルカを食べるという食文化は多くの西洋の人の反発を招いています。

フォアグラではないですが、完全養殖が高く評価されている「近大マグロ」は天然物よりサシ(油)が乗っておいしいとの評もありますが、その太らせる養殖は問題ないのでしょうか?   回転もできない狭いゲージで一生卵を産ませられる何億羽もの鶏はもっと私たちの日常に深く結びついている「飼育方法が残酷」である代表ではないのでしょうか?

動物を私たち人間が食材とみなしタンパク質を取ろうとする以上、どこかについて回る後ろめたい気持ちは西洋の人々は謝肉祭という免罪符で片付けられるのですが、私たち食肉の歴史が浅い日本人にとって一種のやるせなさはついてまわります。


 捨て犬・捨て猫などボランティアで面倒を見て里親探しをしている方々など高尚な「不幸に始末(殺処分)される命を防ぎたい」という目的のもと活動されており、その労苦は評価させていただきますが、里親に出す際には予防接種や不妊手術などが条件で(更に不幸になる命を遮断したい、ということのようです)、それぞれの人権?(犬・猫の自然な権利)は人間が勝手に制限してしまっています。

突き詰めて言えば 本来、人間は愛玩動物(犬・猫など)や家畜を飼っていいのでしょうか?  現状、利用しようとする以上家畜に対し、人間の都合を押し付けなければならないのです。

それとも、一生ベジタリアンで過ごしますか?  植物でさえ、菌類や昆虫をはじめとする動物なしでは育たず、巡り巡って「私たち人間は動物によって生きている」ということは言えます。


 アヒルの肝臓を太らせる食文化を問題視することより、世界にもっと訴えなければならないことはたくさんあるんではないですか?世界中の戦争や飢餓、身近には日本の若者の「焦燥感」。派遣やワーキング・プアの問題、ブラック企業に大手企業の内部留保。年金の将来性や少子化、数えればキリがありません。


上記22件は生活・現状になんら心配のない偏った「理想・博愛主義者」のクレーム(無理難題)としか考えられません。


悲しいかな今や大企業でさえ「世間体」や「クレーム」に業務内容を左右される時代になってしまいました。


 キリンの缶チュウハイのTVコマーシャルにカエルのキャラクターが出てるので、子供が影響されアルコール摂取の増長だ、との意見に対し即中止したのも最近です。

放送コードでアルコール飲料のコマーシャルが禁止されているわけでもなく、「カエルが出て未成年が触発される」というのはこじつけもひどいものだと思います。 (放送自粛?のタバコとは違います。)

昔はなんでもなかったコマーシャル・コピーなども今はビクビクで活字や映像媒体で流れなくなった表現も多いです。


人権・いじめ・差別など以前だったらただの「区別」ということで済んだことが、現在では大きな問題になります。
ただ、それを声高に言えば言うほど殺伐とした社会に感じてしまうのは私だけでしょうか?

フォアグラの件も声を上げる人の問題意識とそれを受け、製品の販売を取りやめた「事なかれ」企業。
嫌な時代になってきたものです。



honkab2 at 12:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月23日 一生賃貸で暮らすにはどのくらい蓄えが必要か

定年後の住宅費用ということで、非常に参考になる記事がありましたので、コピペいたしました。
 

出典:プレジデントオンライン
2014年01月23日08時45分 一生賃貸で暮らすにはどのくらい蓄えが必要か
 
 

30年間でいくら住居費がかかるか? ■ポイントは定年後の家賃負担

 住宅ローンを組んで家を買うのと賃貸物件に住み続けるのとでは、最終的にどちらが得なのでしょうか? 
なかなか一概には判定できないテーマですが、トータルの損得勘定はともかく、賃貸暮らしの場合は定年を迎えて収入が大幅にダウンしてからも家賃を負担し続けなければならないことが最も気掛かりなポイントでしょう。

そこで、住宅を購入しなかった場合、60〜90歳までの間に賃貸物件でどの程度のお金がかかってくるのかをシミュレーションしてみました。

まず、月々10万円の物件に住むと仮定したら、単純計算で家賃負担の総額は3600万円。そして、2年に1度更新料がかかるのが一般的なので、合計15回で150万円がプラスされます。

しかも、同じ物件に30年間も住み続けるのは非現実的ですから、10年に1度の頻度で引っ越しをしたと仮定しましょう。3回の引っ越しで敷金・礼金が合計で3カ月分、仲介手数料が1カ月分ずつかかるとすれば、総額で約3870万円の負担となります。
なお、このシミュレーションは以前の住まいを引き払った際に戻ってきた敷金の残り(部屋のクリーニング代などを差引後)を引っ越し代に充てたと仮定して計算しました。


 もちろん、最近は敷金・礼金ともにゼロの物件も出回っています。しかしながら、それでもシニアの場合は収入が限られている点などを踏まえて支払いを要求されるケースが多いのが実情です。
それに、入居条件が緩い物件は部屋のクオリティにも難がありがちです。


 問題は、年金収入だけで、これだけの負担に耐えることができるかどうかです。家を買ってローンを組んだ場合なら、ローンの組み方を工夫することにより、子どもの教育費負担がピークに達する頃に返済額を抑えたり、年金生活になる前に返済を終える、といった工夫をすることが可能です。
ところが、賃貸物件の場合は家賃が老後までコンスタントにかかってくるので、そういったコントロールが難しいものです。ここまでの負担は厳しいということなら、物件のクオリティを下げるしかありません。


 ただ、子どもが成人して巣立った後は部屋数が少なくて済むようになるという側面もあるので、夫婦2人だけで住むのに十分なコンパクトな間取りの物件を選び、今までよりも家賃を安く抑えることは可能でしょう。とことんまで負担を軽くしたいなら公団のような公営住宅に注目する手もありますが、所得水準などに関する要件が定められていてかなり福祉的な位置づけの住まいですから、誰でも入居できるというものではありません。


一方でUR賃貸とかをイメージしている人も多いようですが、こちらはそれなりに収入のある人を前提とした物件で、年金生活者の場合は家賃の100倍以上に相当する貯蓄があるかどうかを毎年調べられたりします。



 いずれにせよ、維持費しかかからなくなった持ち家派と比べれば、賃貸派の月々の出費はどうしても多くなってしまいます。もちろん、ニーズに応じて自由に引っ越せるというメリットもありますが……。


加えて、お金以外の問題としては、保証人を確保できるかどうかという問題が大きなネックになります。親族や友人など、身近な誰かに引き受けてもらえるかどうか。物件の供給自体は豊富であっても、どうしても大家さんは孤独死のリスクなどを意識し、あまりシニアには貸したがらないものです。
シニアでもOKな物件を見つけて保証人も確保することは非常に切実な問題なので、あまり軽く考えておかないほうがいいでしょう。



(ファイナンシャル・プランナー 竹下さくら 構成=大西洋平)



honkab2 at 10:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

2014年01月06日 本年もよろしくお願いいたします

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。


現在の現場は施主様がプライバシー公開を望まれていないので(今までも、リフォームや他社ログの再塗装など、掲載しておりませんが・・・。)、載せられず話題が少ないですが、今年は以前のように頻繁に投稿していこうと思っています。



honkab2 at 08:47|Permalink♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき