2013年11月

2013年11月21日 ストーブ設置

この角度が一番I様邸
AUKEAはこの角度が一番ですね。

まだ若干の工事は残っていますが、この日ストーブが設置されました。




煙突先ず煙突が引き伸ばされました。

燃焼時の煙の逆流を防ぐためにも、屋根の棟(切妻屋根のてっぺん)よりも高くする必要があります。(その高さは位置によっても変わります。)




煙突取り付けフェデラル・コンべクション・ヒーター
煙突は垂直が求められ、水準器で何度も正確に測り支えを取り付けます。

ストーブ本体は、ダッチウエストのFederal Convection Heaters S 172Kgの重さです。(煙突もステンレスの断熱2重・中空2重煙突でゆうに100Kgは超えます。

ストーブ温度計I様の奥様制作のレンガ・漆喰製の炉台や後部断熱パネル(耐熱コルクに漆喰を塗った状態)
素人とは思えない出来栄えです。

右の写真は、コンべクションヒーターの天板に標準装備されている温度計です。

℃(摂氏)F(華氏)が表示されtるので、天板での料理等の時に便利です。

自動車の排気ガスの触媒でお馴染みの燃焼システムで高熱を発生しながらもクリーンな排ガスが特徴のようです。
ダッチウエストの人気No.1ストーブとのことです。

施主様自らストーブのショールームに行かれ選ばれた逸品です。
ストーブのイベントに長野県まで足を運ばれるI様ならではのこだわりです。

この日設置後、D社のスタッフに早速、「火入れ」をしてもらいました。

火入れ
触媒や鋳物の性質上、ストーブは即座に高熱燃焼させてはいけない。

「慣らし運転」が必要なこと、何回、どの程度すればいいのかまた、灰の掃除やメンテナンス等お父様を含め質問されていらっしゃいました。

この季節にはぴったりの炎のゆらめきでした。

honkab2 at 13:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■市原市IB邸アウケアが出来るまで 

2013年11月03日 禁煙「価値観を変えることで世界が変わる」

 このブログの管理先であるlivedoorではBLOGOS(http://blogos.com/)というアナリスト達の意見が載っているサイトがあります。

ライフのタグから最新の記事で永江一石氏の文章がありました。
題して「ロイヤルホストの全席禁煙で、売り上げは伸びるのか → 伸びる 」です。(http://blogos.com/article/72851/

30%の喫煙率の男性と10%の喫煙率の女性、合計で人口の20%の人のための喫煙コーナーを取り払うことになったファミレス・ロイヤルホストについての記事です。

「既存顧客の入れ替え」、つまり今まで少数の客の便宜を図ることにより「分煙」をサービスとしてきたが、もう「喫煙者は客ではない」(ちょっといいすぎかな?・・言い換えれば、食事の場で喫煙しないルールを守ってもらうというお店側の主張)ことを受け入れられる客層にすることで客単価を上げようという試みであることがわかりました。

今や航空機内は国内外の路線で全面禁煙です。
また計画がGOになったリニア新幹線でも早々と全席禁煙が決まり、在来線、新幹線の一部喫煙車両があるのみで、早晩全面禁煙になるのは時代の趨勢です。

上記紹介記事の中の気になった一覧表を切り取ってみました。

所得の比較何と言うことでしょう((*'-'*)何やらbefore~afterの中の感嘆のようですが・・・。)

飲酒習慣はそれほどの差ではないものの野菜摂取量以外は所得の少ない層の非健康生活習慣が見て取れます。

*飲酒については所得があれば飲み屋さんにも行くだろうし、いいお酒も買えるのかもしれません。
年金が少なく、生活保護を受けている人のニュース番組で、「支給日の贅沢は月一の発泡酒1缶と牛丼屋での外食」なんてのもあったほどです。


この表からは、お金が無いから野菜を多く買えないし(料理の内容が貧弱)、朝ごはんなどを抜き、栄養の偏りで肥満を生み、仕事の内容や生活様式から運動の習慣を作れず、ますます不健康になっていく。唯一の楽しみは「一服すること」くらいか?・・・と見えてきます。


私はというとヘビースモーカーからの完全禁煙後17年が経ちますが、肥満と運動習慣が相互にリンクしてこうなってしまっています。


運動を日課とし、健康を取り戻すことが私には必要です。いつやるか?・・・・・「今でしょう!!!」
もうすでに2年近くも続く「40肩(あくまで40です)」も一進一退の症状は、それでも春より夏、夏より今の方が肩の可動域が広がり痛みなど症状はゆっくりですが回復しています。
私生活をも含め「人生のリハビリ」を始めなくてはと思っています。



 さて、本題に戻りますが、タバコは幻覚を生じさせないので麻薬ではありませんが、明らかに「中毒」を起こします。
四六時中あれば吸う、無ければ買いに行くことを考える。精神状態をして「病気」ですね。

上記ブログの中でありますが、食事中漂う紫煙はヘビースモーカーであった私でさえ不快です。
いっそ、飲食関係の場所の「全面禁煙法」を作ったらと思います。
更に、全面禁煙のパチンコ屋さん、・・・・はははパチンコ屋さんが高所得者のための場所なら世の中変わってきそうな気がします。

私の経験では、居酒屋などでの禁煙維持が一番辛かったですかな。


就寝中は朝までタバコに火をつけていないのに、日中はチェーンスモーカーという人もいます。


 タバコを吸うという行為の価値はどういうことでしょうか?
私の経験上、喫煙者の言う「至福の一服」などという言葉で表せるのはわかりますが、「タバコを吸わない至福」のほうが楽しいのです。

禁煙席に案内される時の優越感に、隅に追いやられた「喫煙コーナー」でちまぢまと煙を立てる人々を横目にスルーできるかっこよさを考えて見てください。

何にもまして、次のタバコを買うため、自販機やコンビニを常に頭に置くこと、吸うため・買うための煩わしい行動が「至福」のためのトラウマになっていませんか?


煙を吸い込んだ時の口腔・気管・肺への刺激と循環器を通して体に染み込むニコチンの毒は他の麻薬と変わりありません。精神錯乱がないだけです。しかし、周囲の人に害を撒き散らすことを考えれば、麻薬以上です。


タバコを吸わない事の価値観や禁煙できた時の達成感。


何よりも、現代・未来の生活の中のプライオリティー(優先)を考えるときにタバコに火をつけている時代でないことに気付いてください。


昔はハンフリーボガードがタバコを燻らせるシーンがかっこよかったのですが、今の映画では喫煙シーンは使われません。カッコ悪く見えるからです。2枚目のヒーローがタバコを吸うのがカッコ悪いのです。 (カッコ悪く見えていいヤクザ映画などでは喫煙シーンが未だに健在ですが・・。)
*実際、先日の懐かしのTV映画でのボガードは私から見て違和感いっぱいでした。



今の時代、はた目にすごーくカッコ悪いことをしているのが喫煙者なのです。



価値観を強く感じることが禁煙のコツです。


honkab2 at 12:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

2013年11月01日 まもなく完成です

足場外し後足場なしでも手の届く塗装箇所を残し、玄関の階段も取り付けられました。
今日、電線が入り、残すところ給排水工事の設備屋さんのスケジュールを急いでもらうだけですね。

(まだ、基礎の仕上げや、室内清掃、それとストーブ設置は残っていますが・・・。)



西面北面左は西面
勝手口ポーチの工事は続いています。

右の写真は北面ですが、施主様の塗装の段階が見て取れます。
上は仕上げ3回塗り。 塗装の薄い部分は1回塗りです。
それにしてもお上手です。

洗面スペース洗濯機パン左の洗面スペースは後日鏡を設置されるとのことです。


右の洗濯機パンは洗濯機下のメンテ・清掃がしやすいタイプ。
スグレモノは水栓(水道の蛇口)が洗濯機パンについています。

ログ壁内を冷たい水道管が通らないため、見えない部分の結露など生じさせないタイプです。





ドアストッパー二階の寝室ドアのドアストッパーです。

またまた新製品、マグネット式でストッパーが持ち上がるのですが、そのまま固定できます。

上部の部分をプッシュすると解除されます。

どんどん優れものが出ますね。

この次は、施主様こだわりの照明機器を紹介します。(施主様支給にしていただいたものです。)

honkab2 at 14:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■市原市IB邸アウケアが出来るまで