2012年06月

2012年06月29日 消費増税

 消費増税を中心とした「社会保障と税の一体改革」を口実の政争には辟易ですが、現実上昇しそうな消費税について記してみたいと思います。

私たち建築を生業としている側からは、消費税の上がる前の特需を期待する声はとうぜんです。

それ以前から陰りの出ていた戸建住宅業界もリーマンショックで追い打たれ、かなりの企業・グループの淘汰がなされました。

が、住宅産業で飯を食ってきた人々は他業種へ移ることは少なく(スキルが無く・・・といってもいいが、)新規起業の乱立はリフォーム需要にどうにか支えられたが、(結果は)ワークシェアーによって一人当たりの収入はかなり減っているのが現状です。


そして、90年代の消費税前のフィーバーは課税開始とともに一気に冷えていったことを思うと、今回も特需の予感はあるものの、長い目で見る消費支出の増ではないのは予想できます。(心配です。)




さて、話は本題に移りますが、お客様にとって一生に内何度も購入することは少ない《高額》な住宅は、消費税の増加だけでも50万円〜100万円単位で予定が増えます。


さて、大変。
税額が上がるものには低いうちに手を打つことはしておきたいですね。
住宅の契約や車などの耐久消費財は目に見える大きい金額のため騒がれます。 一時的には大きな痛手ですね。



しかし数字的に小さいが、積もると大きくなる食料品や日常必需品は我々の生活の質に直結するため、真綿で首を絞められるような厳しさは覚悟しなければならないかもしれません。外食の回数が半分になるとか、比べて安い方の食材で我慢するとか、です。



ところが我々バブル世代に生きたおじさんたちは実はこの生活の激変を経験しているのです。

80年代、どの業界もウキウキでした。  不思議なことに、お金はどこからか湧いてきたし、「借金も財産のうち」と言って多大な負債は多大な儲けを生んでいました。

これが90年代になり、バブルが実体のないお祭りであったということが解るに連れ、私たちは生活を変えていきました。
それもそうです、給料が少なくなる、ボーナスがなくなる以前に会社がなくなるのですから。
夜も朝まで飲み歩いていたのが、安い店→居酒屋→カラオケと客単価の安い娯楽へと移り、今では家でしか飲まないという方は多いです。
(私など、酒もやめました。・・・・・他にも理由はありますが・・・hehe(汗)・・・)


所詮、時代のあぶく銭目当ての業態は縮小していったのですが、私たち世代は「堅実に生きる」ことの大切さとを学んだのでした。

バブルの崩壊の結果、利益をあげたのは公的資金注入や貸し剥がしで力をつけた大手銀行や派遣社員化で内部留保を大きくし利益を巨大化した大企業、そして相対的に定期的に増える手当や福利厚生で突出してきた公務員です。


またまた脱線してしまいました。
話を戻します。

住宅購入時に消費税がかからないのは?(今までも、さらにこれからも)

○土地1000万円の土地が税込1100万円などとはなりません。1000万円のままです。  (不動産屋さんの仲介手数料に対してはかかります。)

○金融機関で強制的に加入させられる「団信保険料」にも消費税はかかりません。

○建物にかける火災保険料にもかかりません。

○もう一つ個人同士が営利を伴わない中古の自宅の売却をした場合にも売却価格には消費税はかかりません。





2014年度からですか?
ログハウスは建築期間が長いのですが、その時期に立て込んできた場合、対応できるかどうか心配しています。

honkab2 at 17:29|PermalinkComments(1)TrackBack(0)住宅ローンアドバイザーからのお知らせ 

2012年06月28日 ログハウスと火災保険

 以前、生命保険につて特集させていただき、「入り方」ほか説明させていただきました。
おさらいをすると、第一にローンを利用する方が金融機関でローン契約する際に強制的に入らなければならない「団信保険」と呼ばれる生命保険は、ローン契約者に万が一のことがあった場合(死亡・障害)、残債が相殺・減額されるというものです。

第二には家族構成や経年のリスクに対しての入り方でした。
子供の誕生・進学や結婚、病気を経済的リスクとして考えた場合の対策としてです。これには長生きした場合の生活費などもリスクとしてくくります。
養老・終身保険や個人年金などのキャッシュフロー準備から掛け捨ての保障額を得るための諸保険金がリスク対策になります。

しかし、先日各生保の「予定利率引き下げ」というニュースが入ってまいりました。 国債などへの運用益が見込めないため、掛金(保険料)を上げ、約束した保険金額の原資とするというものです。  会社によって異なりますが10%を大きく上回る値上げとなりそうです。(更新のない、過去に加入した契約は含まれません。)
保険の入り方にお迷いでしたら、全く利害関係のない私でしたらアドバイスできますよ。
保険の営業は顧客の都合より先ず、自分の成績(収入)がUPするアドバイスをしがちです。 《同じ保険料では貯蓄型保険金より掛け捨て型・定期型保険金が大きくなります。生命保険募集人(営業員)の成績をおしなべて評価するために【修正】という計算はするのですが、皆この修正金額を高くしたいわけです。》



 さて、今日はこの生命保険ではなく、火災保険についてです。
以前と異なり、住宅ローン実行時(住宅の完成時)に金融機関に強制的に加入させられていた昔(証券は金融機関の預かり)と異なり、今は自由な火災保険に入ることができることになっています。

何十万円という一括保険料やローン金利の加算などの負担が減り、知り合いなどの保険屋さんで契約できます。

通常、「新築価額」で保険金を決定しますが、経年で評価(保険金額)が減っていくタイプと比べても保険料にそれほど大きな差がなければ、「新築価額」を保険金額とするべきです。


また、家財保険は必需と言っていいかもしれません。(金融機関に保険証券のコピーを提出します)が、保険対象は家のみでOKなので、家財保険に入らない方が多いようです。

なぜ、家財保険が必要か?
それは、実際に火災になったとき、全焼なら保険金で家は復元できるでしょうが、半焼や部分焼(ぼや)程度では半分や数%の保険金だけです。
建材の進歩や道路の整備で消防が早く到着し部分焼という場合が多く、逆にリスクとなるからです。

消火のための放水などで、住めない状態になったり、リフォームに多大な費用が必要になったりします。  2000万円の家で半焼だから1000万円の保険金が出、さらに1000万円の家財保険の50%の500万円が支払われたと仮定すれば1500万円はかなり助かります。
ぼやで200万円の主契約分保険金だが、放水によって50%の家財が使えなくなり500万円支払われた場合などよくあることです。 この場合700万円という金額はかなり現実的な再建費用になり得ます。

リスクへの準備、これが大切なのです。



 更に、地震保険特約についてです。
現代の建築物では耐震基準に適合した建物が多く、地震保険は必要ないという方もいらっしゃいますが、地震が原因での火災や水害は通常の火災保険では対応しません(保険金は出ません)。
最高、火災保険金額の50%という制約はあるものの、万が一を考えたなら地震保険特約をつけておくべきですね。 耐震基準の等級によって保険料は変わってきます。


honkab2 at 14:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)住宅ローンアドバイザーからのお知らせ 

2012年06月19日 テラス(デッキ)部分にもコンクリートを流しました

基礎終了 この分譲地内では下草、特に笹竹が根を張りやすいため、ご覧のように土間コンクリートを流しました。

もちろんワイヤーメッシュも入っています。

通常、張られたデッキ材の下は根田や大引を独立基礎で受けています。
デッキは建物の構造躯体ではない為です。

下草対策、湿気対策に独立基礎のみでは心配な部分があります。
基礎周りは土で埋めるだけだからです。

普通の住宅地の場合、弊社では防湿シートに砕石敷詰めで下草や湿気対策にしていますが、ここでは大きなデッキだけに将来にわたって施主様の手を煩わせないよう、土間コンにいたしました。



こうすれば、上に庇やオーニングなどは必要ですがデッキ下の薪置きスペースなどとしても利用できることでしょう。


本体・ベタ基礎の立ち上がりも綺麗ですね。


そろそろ荷下ろしスケジュールを立てる時期です。





honkab2 at 09:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)■長柄町TM邸(LUONTO延床29.5坪)が出来るまで 

2012年06月17日 何処でしょう?

何処?リオの海岸?
それともドバイ?

ごめんなさい、東京湾でした。

千葉市新都心・幕張のアパホテル(前幕張プリンス)からの写真です。  早朝ですので車も少なく、海にはウインドサーフィンもないですね。


この道の先がかつてのナンパ橋。金・土曜の夜など千葉の兄ちゃん姉ちゃんが車を2重・3重に停めてナンパし、されていた名所です。
(今は警察の指導でなくなったものと理解していますが・・・。)

こうして見るとなにか外国のようにも思え、思わずシャッターを押してみました。
正面ずっと向こうが市原のコンビナートです。  拡大すると紅白に塗られた煙突も見えます。


 夜景を撮ろうとしたら「ヤケ(ィ)?」に長いシャッタースピードに手がブレ、逆に芸術作品のようになったのが下の写真です。

手ブレ写真
笑わないでください。

わたし的には、「うーん!、美しい!???」


上の写真を左にパーンしただけのアングルです。


朝下の漆黒部(海浜公園)に浮かぶ光の正体はこの住宅地ごしの千葉市の都心の灯りでした。

中層の住宅地として都市計画を立てた町並み景観で有名です。

その向こう側には、同じ埋立地でも地震時の液状化でかなり被害のあった低層住宅群。

ずっとむこうに、(拡大すると)千葉中心部の高層ビルも見えます。
私の自宅もこの方向です。


 V字型の建物であるこのホテルの一番のビューは足元の幕張メッセ・マリーンスタジアムやコストコなどのショッピングエリアの向こうに見える東京です。
残念ながら反対の客室なら見えたのですが・・・。


この写真は29/50階からの中途半端な高さからの希な写真でした。


全国のHONKA営業マン(ウーマン)との交歓でした。


honkab2 at 11:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

2012年06月11日 F様にいただいた野イチゴがジャムになりました

野イチゴジャム2野いちごジャム1土曜日に足を伸ばしてモデルハウスまで野イチゴをたくさんお届けいただきました。
F様・奥様、ありがとうございました。

社長が早速「野イチゴジャム」にしてくれました。

パック詰め分は私(阿部)にといただきましたので、明日の朝は我が家の朝食はパンです。

お送りいただいた野イチゴの写真をこのブログで使わせていただいたのですが、まさかわざわざお持ちいただけるなんて、本当にありがとうございました。

お知り合いに収穫してもらってもまだこんなにあるなんて、まるで「野イチゴ畑」ですね〜ッ。 昨年の建築中にはなかったか少しだけでしたか?  壮観さを一度見てみたいものです。


敷地の中での蜂との遭遇やら自然の中の現地ならではのお話を頂きありがとうございました。


実際に自分が現地のログで暮らす様な想像ができます。


ログ端材などで作る種々もさすがのアイデアです。 いろいろ聞かせていただくことは私たちにとっても嬉しいことです。




ほんとにありがとうございました。
 


honkab2 at 10:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

2012年06月05日 F様 から近況をお知らせいただきました

野イチゴ 香取市内で昨年8月に完成されたF様から、ストーブのメンテナンスのご報告をいただきましたが、この写真が添付されていました。

敷地内で収穫した野イチゴの写真でした。


文面は次の通りです。

『野いちごの大群!! 状態でこの3週間毎週末、野いちご狩りをしています。2時間くらいとってもまだ取り切れない状態です。ひとりで中鍋一杯というところです。自然って不思議ですね。群生するところは環境があっているのでしょうね。タラの芽も周りにはウチの敷地以外はありません』

なんともうらやましい限りです。

手作りスィーツやらいろいろ出来そうです。

私の中では、タラの芽は天ぷらに限ります。

近況をお知らせいただきありがとうございます。

honkab2 at 10:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

2012年06月02日 基礎立ち上がりコンクリート打設

基礎工事続き 金曜午前中にコンクリートの流し込みでした。

基礎配筋以降の作業の流れはNSPさんのサイトにわかりやすいイラストが載っていますのでご覧になってください。☟
http://www.nsp-j.jp/tenba/tenba_level.html


来週の型枠外し後にはログ材の到着まで養生期間となります。

充分な基礎強度となります。

ログ材荷降ろし場も決定しました。


honkab2 at 10:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■長柄町TM邸(LUONTO延床29.5坪)が出来るまで