2012年01月

2012年01月27日 屋根垂木がかかりました

垂木まで W様邸のMUKAVA(ムカワ)での屋根勾配はオリジナルのままですので9/10です。
矩勾配(カナコウバイ・・・10/10=90°)より若干ゆるやかです。

棟の上まではGL(グランド・レベル)から7mを越します。



東側から南西側東側・西側からの写真ですが屋根下地の(対候)アスファルトルーフィングが張られるまではブルーシートがかけられます。
間もなく下地塗装工程です。

honkab2 at 09:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■大多喜町W邸ムカワ2F建27.8坪が出来るまで 

2012年01月24日 今週末までには棟が上がります

妻壁 トラス(妻壁×2及びロフトの間仕切り壁)です。

明後日ラフターによって吊られ、棟が通されます。

昨晩にはこのあたりでは珍しい雷雪でした。

朝までには かなり積もり、通勤時間帯には各地で渋滞を起こしていました。


垂木 ホンカのキット梱包シートで養生されていますが、棟木にかけられる屋根垂木です。

来週には屋根下地まで行くようです。

屋根まで形作られると大きさが実感できます。

( 基礎工事前の地縄張りや基礎工事直後にはそのスペースがあまりに小さく感じられて 皆様がっかりされますが、屋根や間仕切り壁によって「空間」が具体的になってくると 案心されます。

そして、徐々に生活が想像できるようになります。

honkab2 at 15:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■大多喜町W邸ムカワ2F建27.8坪が出来るまで 

2012年01月16日 2階床・根太の工事です

2階床根太がけ根太がけ上から上下から工事風景を撮りました。
2階床下地まで進むと次はトラス部分の組み立てです。(2面の妻壁と中央の間仕切りトラスです。



Sさん(親父さん)根太用2X材Sさんの親父さんが根太受け金具の固定をしていますが、根太のサイズ及びピッチがわかりますか?
58X195の2Xを@303ピッチです。
梁の大きさもさることながら頑丈です。 二階の床など鳴りません。


アウトリガー通しボルトノッチ(ログ同士の組み手)の外に伸ばしたログは「アウトリガー」と呼ばれます。
2階の方を広くしたり、バルコニーの受けとして充分な強度があります。
上から見るとこの位置に「通しボルト」が入ります。


金具箱縦列に並んでいるのはキットに梱包されている金具用木箱です。
これの重いことって言ったら・・・・・。

これから屋根下地までが時間がかかるのがホンカです。 大屋根の重さを両端の柱で受けるのではなく、トラスの面構造で支えます。



続く・・・。

honkab2 at 13:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■大多喜町W邸ムカワ2F建27.8坪が出来るまで 

2012年01月11日 W様のご両親が恐る恐る足場に・・・・。

積み順に置かれるログダボ打ち 仕分け順にログは積まれていきます。
写真右は14段目のダボ打ちです。
上まで積んでから「よろび補正(ログ壁を垂直にすること)」がされます。


14段目まで玄関部開口かなり積まれました。


右は室内側からの玄関部開口です。









今日はW様のご両親に足場を上っていただき、上から眺めていただきました。

建築中の見学希望の方は事前にご連絡ください。  現場はR297 からはすぐです。

honkab2 at 12:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■大多喜町W邸ムカワ2F建27.8坪が出来るまで 

2012年01月09日 キットの材毎の仕分けが済みいよいよログ積みの始まりです

防蟻剤塗装基礎パッキン固定 先ず土台ログ(シルログ)の裏側に防蟻剤を塗布し、乾燥後に基礎パッキングを固定します。
基礎通気口を設ける方法より配筋に無理が無く丈夫です。



基礎パッキング通気シルハーフログのジョイント さらに全周基礎パッキングは一般的な大きさの通気口工法の3倍も床下換気効率が良く、死角(通気のよどみ)がありません。右側の写真はハーフシルログのジョイントです。(フル)シルログの半分の厚さの為1本物ではありません。



シルハーフログシルログ基礎アンカーボルトの締め込も変わり、ハーフシルの出っ張りは2段目で隠れます。
またこれらの穴はダボ穴や通しボルトの穴と違い、現場でドリルで開けられます。



カケヤで打ち込み1段目完了ノッチ交差部にはマニュアル通りコーキング剤を塗り、プロテックシーリングを挟み組上げます。
右側の写真が1段目の完了時です。
同時に足場やさんが作業をしています。


ダボダボ径この後ログ段を重ね、ダボを打ち込みながら固定していきます。
30φのダボ穴に対しダボの対角の方がサイズは大きいです。


(続く)

honkab2 at 14:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■大多喜町W邸ムカワ2F建27.8坪が出来るまで 

2012年01月08日 若いうちの苦労は・・・・

 昨日どこかのネットのコラムで「若いうちに苦労はさせるな」 とありましたが、その通りだと思います。

とかく年長者は若者が成長するのに「経験」が必要だという意味で「苦労は買ってでもしなさい・・・」と言われてきたものです。


しかし、意味のない下働きや辛い作業を強いられる「苦労」では決して社会人としてのスキルをも含め人間として性格がねじれてしまう以外に何があるのでしょうか?


私は若者には 早いうちにできるだけ多くの「経験」を積ませ、大成してもらいたいものだと思います。


成果に満足せず、失敗を次に生かす・・・。



日常に疑問を持ち 新しいことに挑むことで人間は成長します。



何事も、「案ずるより産むが易し」 です。


「若者よ頑張れ」・・・・・



成人の日に思いました。


honkab2 at 17:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき