2011年02月

2011年02月22日 笑顔の素晴らしい人って

 先週には仏事で度々お休みをいただきました。


一人はお正月に亡くなった私の従弟(50代独身)の49日法要でした。
私と違い優秀で最高ランクの偏差値の付く大学・学部出身でしたが、いつも穏やかに「にやり」と笑うその顔は勉強の虫であったことなど少しも感じさせてくれませんでした。酒やタバコをこよなく愛する庶民、田舎人でした。

くも膜下出血という病名でしたが、190cm近くのやせ形、スポーツ経験(バスケ)からくる体力の自信が病気の前兆をも軽くみなしていたようです。

姉妹たちも早く世を去った血統ではあるのでもっと健康に気遣ってもらいたかったです。




 もう一人は昨秋に脳梗塞で入院し、体力が徐々になくなり 目が閉じたまま開かなくなって意識の有無さえわからず、先週 そのまま眠るように天国に行った91歳の叔母でした。

叔母の生れた大正8年(1919年)は大正デモクラシーで文化の花は咲いた良い時代でしたが、生家は田舎(千葉県長生郡)の子だくさんの貧乏百姓でした。


時代背景では、4才(大正12年)には関東大震災に見舞われ、家族の助けというより 口減らしの為に8才で「奉公」に出されたとのことです。


10才(1929年)には、第一次世界大戦(1914〜1918)で荒廃したヨーロッパの復興景気で沸いていたアメリカで「大恐慌」が起こり、世界へ波及していきます。

日本でも日清・日露に続き連合国側についた大戦でも戦勝国であったことで、国民の自信が大陸への進出から世界を相手にする軍国国家へとひた走ります。

戦前に結婚しますが、戦争帰りの亭主の職や酒癖に困りながらも4人の娘を育てます。

その亭主も40才を過ぎたころ死にますが、後は女手一つで全員を嫁がせます。

長年にわたる娘の家出や同居する婿さんとの不仲、苦労の連続でした。

顔面神経痛の為神経ブロックという注射を定期的にしていましたし、心臓にはペースメーカーも入っていました。


*体表の装置は火葬前に外しても、火葬後の骨とともに体内部分の金属コードが見えた時には驚きの中に悲しさも感じざるを得ませんでした。




 そんな苦労ばかりの叔母でしたが、私の子供のころから「笑顔」の良く似合う、いつも私たちの心配をしてくれるとても暖かな心の持ち主でした。

大昔の「奉公」先の話や仕事の関係の人を悪く言ったことは聞いたこともありません。

顔を合わせるたびにいつも笑顔でした。


『どうしていつもニコニコと出来るんだろう』と思っていましたが、叔母の個人史を考えてみると、苦労・苦しみ・悲しみが人より多かったであろうことが歴然です。



「《苦労》や《悲しみ》が多ければ、それだけ人にやさしくできる」という言葉を聞いたことがあります。もっともっと笑顔を見せてもらいたかったです。




二人の逝去に、笑顔を想い出にくれたことを感謝し合掌。

honkab2 at 12:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

2011年02月20日 土曜日(大安)にはFM様邸の地鎮祭でした

FM様邸地鎮祭 ここ北総の台地では朝夕の寒さは春の近づきを感じさせませんが、さすが日中無風の頭上の陽射しの中、二十四節気「雨水(雪氷が解け雨水となる季節)」の到来がうれしいです。

施主様のFMさまはこの土地の頭上の青空が気にいっているとのことでした。

LOKKIに似合う場所です。


ログキットの到着は来月末ごろですが、基礎工事等が間もなく始まります。

ここまでも水道電気等色々ありましたが、ようやくここまでこぎつけました。


この日を迎え、F様 たいへんおめでとうございます。

おまかせください。

万全の工事をさせていただきます。



honkab2 at 15:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■香取市FM邸(LOKKI)が完成するまで 

2011年02月20日 フィニッシュ(上塗り仕上)塗装工程です

ペイント 少しずつ春の足音がする日が多くなりました。

完成が近づいてきました。

無風でも陽射しが陰ると寒くなってきます。
室内では階段もつき、収納の造作が始まりました。


詳細は改めてお知らせいたしますが、現場をご覧いただくこともできますので是非ご連絡ください。

honkab2 at 15:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■千葉市緑区IT邸(SUVI)完成まで 

2011年02月16日 Facebook の広がりが各国の民衆パワーとなっています

Twitterでは勝手な「つぶやき」で数少ないフォロワ―へのメッセージ発信で一方的な使い方の私ですが、
 
昨夜もFacebookで海外の友人とチャットしましたが、・・・・・・

大勢の友人に向けshout(シャウト・・・呼びかけ)機能があるSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)は規制しにくいようで、独裁政府の頭痛の種のようです。


shoutout 機能はSNSサイトの承認を経たものがアップデートされますが、SNSサイトはアメリカなどの自由主義諸国のサイト監視者の価値観でUPデートされるか否かが決められるようです。


かつてリーマンショックが世界中を席巻し始めたころ、某SNSサイトで私はアメリカの財政政策の間違い(特に住宅価格バブル)を指摘し、「米連邦準備制度理事会(FRB)によるドル紙幣の増刷によって世界経済はどうにでも転ぶ云々」
という内容でshoutout原稿を投稿しましたが、結局UPされませんでした。
米国人サイト監視者によって削除されたものと思われます。

オンライン状態であれば即時のコミニュケーションが無料でできるという、SNSですが、検索というかその利用内容の中でキーワードなどによって検閲があるんです。

当時私の投稿が米国にとって危険な意見・主張として認識されたのかもしれません。

理想だけでは世界は平和になりません。

現実、各国の利害が政策を作っていきます。

つまり、SNS機能も大国の恣意的な方向に流れていくように思えて仕方がありません。


このインターネット社会、どうなるんでしょうか?






honkab2 at 11:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

2011年02月12日 本日はお茶会(料理教室)です

レシピ

本日のレシピです。



バレンタインデー直前のため、お子さん参加のお菓子作り&試食、お茶パーティーです。


私の孫たちは 皆、風邪で来れませんでした。




クッキング2
お子さんもチョコ団子を丸めています。

はたしてどんな味になるでしょうか?

TZさんの赤ちゃんも今日は機嫌いいようです。


こんな具合で少人数ですが毎月(第二土曜)お茶会を開催しています。

是非とも一度ご参加を・・・。




honkab2 at 14:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

2011年02月10日 ドン・ぺりをいただきました

2次会 シャンペングラスに注がれるドンぺリニオンです。

今週ホンカの集いが長野市でありました。
ミーティング後のアワード・食事に続いて、夜の市街に繰り出しです。

2次会、ホンカ長野・軽井沢(㈱ネクストプラン)の木村社長セッティングの貸し切り会場では恒例になったドン・ぺりをいただきました。

普段酒類をたしなまない私にとってその価値がわからず、申し訳ありませんです。 私にとっては木村社長の心意気の味でした。

写真右はホンカジャパン・マルコ社長です。 今回私のプライベートな話で盛り上がってしまいました。


話は前後いたしますが、ミーティング終了後息を切らせながら行ってまいりました。


ライトアップ本堂9:00pmまでライトアップしていた善光寺です。
灯明祭りとしてメディアで紹介されていたので見ずにはいられませんでした。

ミーティング終了後のわずかの時間で参拝いたしました。 

仏教が各宗派に分かれる以前のお寺の為(現在は天台宗)誰でもお参りできるとのことでした。

「牛にひかれて善光寺」って知っていますか?私にとってはホンカのおかげで善光寺です。

言われはともかく、長野県には何度も足を踏み入れてましたが、ここ長野市はあまりなじみが無かったので、今回が初めてでした。

子供たちに「学業成就」のお守りを購入、早速ホテルに帰ったのです。


長野新幹線 翌日、朝方暗いうちからちらついていた、雪の残るレールに帰りの長野新幹線が音もなく入ってきました。

「〇〇系」など各路線で看板の車両はあるのでしょうが、撮り鉄バリに写真にとってみても さっぱりわかりません。


長野から東京駅まで90分なんて、すごい時代ですね。

都内では山手線ののる方向を間違え、久しぶりに大廻り。

各駅の停車時の車内案内で、私の知らない連絡地下鉄名などが多く、「浦島太郎」になった気分でした。


* ホテル(シングルルーム)のドアを開け放ちつ座ったトイレで、正面向こう側のクローゼットの大鏡に映った油の質の悪そうな肥満中年にはもっとショックを感じましたが・・・・。


時代は変わる。

ホンカも変わる。

私は既に変わり過ぎ・・・・。  



さあ、今日からまた頑張ります。(^_^)ニコニコ

honkab2 at 12:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)△HONKAから 

2011年02月07日 防湿シート張り

防湿シート 防湿シートが張られました。
ホンカ天井材(シーリングパネル)が張られる前です。このような段階は施主様にとっては工事中の現場への来場や記録があったとしても、長い生活の中で忘れてしまいがちですが、弊社ではお引き渡しの書類の中に各工程の写真を印刷、まとめてお渡ししています。


* ログハウスの大屋根はその面積・角度により大きく陽射しなどの天候に左右されます。 夏にはロフトスペースの暑さ、冬には生じやすい屋根内結露、熱損失などです。
快適なログ生活の為にはきちんとした屋根施工の重要性は非常に大きいです。



北東側から 北東側からの写真です。

下地塗装済みとはいえ、若干の紫外線による色の変化はあります。(夏の紫外線の影響とは比較になりませんが・・・。)

塗装色も決定し、間もなく上塗り作業に入ります。


煙突 煙突の角トップ部下地です。
ラスカットを張り、モルタル下地まで進みました。

見本カタログによって選ばれたタイルが張られます。
この上にストーブ煙突が乗ります。

煙突を伝い流れる可能性のある、強酸・クレオソートによる屋根部(防水板金含む)を保護するための2重煙突の基台であります。

煙突はもちろんステンレス製ですが、強酸ペーハーは2前後にもなるとのことです。長く持たせるための煙突の設置方法です。


* 出来るだけクレオソート成分などが出ないようになど、基本的にはストーブや煙突を長持ちさせる為に充分に乾燥させた木材を使用する必要があるのはいうまでも有りませんが・・・・。

honkab2 at 11:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■千葉市緑区IT邸(SUVI)完成まで 

2011年02月01日 住宅ローンの始め時

 現在一番多い住宅ローン契約は35年間元利均等返済です。
その中で変動金利or固定金利か? さらに固定期間の長短や繰り上げ返済などの利用の仕方で大きく返済金額が変わってきます。

35年間というのは一般的なローンですが、年齢により50年ローン(金融機関によります)や 子供の年齢が契約年齢になる、親子リレーローンという方法を取ることがありますが、年齢が高いことによる長期ローンには抵抗感がついて回ります。


フラット35では返済終了が80才までの契約が出来ますが、60歳時点で20年間ローンが残っているというのは厳しいですね。

ちなみに40才過ぎの方が30年や35年のローンを組んだときには、安定収入の見込める65歳時点までには「繰り上げ返済」などでローンを終了していることが望ましいです。


但し年齢以外にも今ここで家を建てるか否か、現実的に悩む方がおいでです。

『転勤族』のご家族です。


 以前、数年の米国勤務を経て帰国されたご家族が 会社が社宅として借りている住宅に2週間住んではみたが、何としても我慢できない(アメリカではログホームに住んでいたようです)と ログのモデルハウスを訪れましたが、現在でも「転勤」の真っ最中だとのことでした。



中部地方に本社のある上場企業にお務めのそのTさんは「いつか本社に帰ることになるので」と、 この千葉県に居宅を構えることに決断が出来ませんでした。

ご夫婦とも関西の同一県(府)にご実家のあるTさんでしたが、定年までは20年以上あり本社に帰ったとしても、更なる転勤は充分考えられる方でした。


そこでTさんは、当時米国で生まれたばかりの赤ちゃんを含め「3人の子供たちの為の家」として建築しようと決断しました。


先ず、「ログハウスが好きなのでいつかは建てたい」と思ってはいたが、現在の子供たちが小さいうちに、また成長するときの「子供にとってのログハウス」が『将来』ではなく、『現在』必要なのだと 気付いたようです。


土地も都内へのアクセスも良く、子供たちの将来の進学や就職に首都圏(東京圏)である千葉の方が選択肢が多くなる ということもプラスに考えました。



もちろん、将来 Tさんは転勤の辞令が来ることは覚悟し、その時には「単身赴任」の社宅暮らしを覚悟したのでした。


いつかは来る「定住」。それを子供や奥様の為に早くしたのです。


定年後、夫婦は中部地方や関西に行くことはあっても、子供たちにとって もはや千葉が故郷なのです。



「子供たちの為の家」



Tさんはログ生活を満喫しています。





定年後に現金で家を建てたいという方、 小さな平屋など 「終の棲家」 があればいいのです。


早めに子供の為の住宅ローンを始め、子育てしながら返済する。

それこそ家族ではないでしょうか?

honkab2 at 12:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)住宅ローンアドバイザーからのお知らせ 

2011年02月01日 今日だけでも色々な職人さんたちが入りました

和瓦のカット瓦葺き この和瓦の色は初めてでしたが、すごく落ち着いています。
壁色等とのコラボではお勧めの色ですね。
ITさんの選択ですが、私も好きになりました。

カットし、寸法調節しながら葺いていきます。



引き戸への変更をしました断熱材張り付け室内では先週ユニットバスが組み立てられましたが、間仕切り壁との空間に断熱材を張りました。
床下からの通気を防ぎ、バス内の保温と遮音効果があります。

ちなみにバス入口はスライドドアを採用です。



1Fトイレ断熱材張り傾斜天井断熱材左は1F玄関正面、トイレの壁の断熱材張り付け状況です。この断熱材は遮音効果を発揮します。

右は傾斜天井の断熱材です。
この後防湿シートが張られ、シーリングパネル(天井板13㎜厚×120㎜巾)が張られていきます。

写真の角度が悪いのですが右下に2Fトイレ部間仕切りの断熱材も見えます。




排水管防音2Fトイレ床下の排水管は「音ナイン」を使っています。

一般の塩ビ配管と比べ、5倍以上の値段がしますが、実際の生活では階上からの設備機器の排水管の音は思いのほか気になりますので、またまたこれを採用しました。
弊社ではお客様に請求しません。
ドアストッパーやドアクローザーなどとともにあった方がいいであろう「気遣いサービス」です。

設備・配管屋さんも家の内側では㎜単位の細かい作業ですが、外回りだとユンボを使った豪快な作業です。

若干の変更で電話したところ、電気屋さんもはるばる50分 車を飛ばしてきてくれ 私を含めると10名でした。

いい職人さん達です。


毎日お茶をいただいたり、遅くなった時ラーメンをいただいたことも、施主様ありがとうございます。


honkab2 at 10:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■千葉市緑区IT邸(SUVI)完成まで