2010年07月

2010年07月30日 24時間換気とログハウス

24時間換気扇 左の写真は弊社のお客様邸での標準仕様の24時間換気の換気扇です。(ON/OFFスイッチ付)

「24時間換気」というのは建築の技術・材料がかわってくるに従い、高気密住宅には無くてはならないものになってきたのでした。



省エネ=高断熱⇒夏冬の外気遮断ということで、断熱材・シール材で建物をくるみ、穴を埋め 気密シート・テープで隙間をなくすという方向でほとんどの建物で断熱・気密化は採用されてきました。

工法により、内断熱とか外断熱(or外張り断熱)と呼ばれるものです。

在来建築やRC(鉄筋コンクリート)住宅も断熱材で囲まれています。

中には基礎・地中までも断熱し地熱利用だとしているハウスメーカーもあるようです。



 一方、建材が石油化学派生の合成壁紙や床・天井材、それにカーテン・家具などの塗料・接着剤によるシックハウス症候群が現代病として大きくクローズアップされてきました。

ところが、新しい「高気密」住宅では人間の生活で必ず発生する水蒸気は管理できなく、必然的に結露⇒カビの発生  という風に新しいアレルゲン(アレルギーのもと)を生んでしまいました。

そこで国交省は有害なホルムアルデヒド等のVOCガスなどを一定以下の基準にするために各居室の空気が1時間で50%は換気されなければならないとの省令で建築基準法は変わっていきました。



そうなんです。現代の建築では 一方で「気密」を徹底的に工事し、片方では壁に穴をあけ24時間換気をするように工事する。


これこそ矛盾ですね。


(一般的な建築の熱ロス指数)壁からの放熱20%、建具からの放熱30%と仮定すれば壁の断熱工事の意味は非常に効果の少ないものです。





 私は以前某「〇〇の家」という高断熱で高気密なモデルハウスで仕事をしたことがあります。

「24時間換気」を「計画換気」と呼び春夏秋冬24時間、エアコンを使った方が電気代が安いということでした。

大エネルギー消費国のセントラル冷暖房の発想か? なじめない価値観を感じていました。


清掃の際の窓やドアの開放や朝夕の外気の取り入れなども無意味だとされ、キッチンでは24時間換気システム対応レンジフードが採用されていました。


もちろん室外の騒音もシャットアウトしていたのですが、以前お話したこともありますが、全てが隔離された魔法瓶の中のようで、自身のメンタルヘルスに不安を感じました。




 ホンカのログは他社と比べても隙間の無いように工事はしますが、決して高気密住宅ではないのです。(建具上部のセトリングスペースは断熱材を挟んでいるいわば隙間ですから)

しかしながら、ログという大量の木で作られるホンカログは驚くほどの「高断熱住宅」なのです。


その上、大量の木の繊維・セルロースは湿度の恒常化という人間・生物にとっての最上の空間を作ってくれるのです。


数ある建築物の中で唯一異質の建物ではあるのですが・・・・。   なのに・・・・、
(丸太組み工法でも画一的に24時間換気は求められるのが現在の建築基準法です。)



24時間換気の吸気口・排気ファンなど完了検査でも必ず検査されます。




熱交換器付24時間換気ファンもありますが、元来 ログハウスには必要ないのです・・・・。




 * こんな方もいらっしゃいました : 完了検査が済みお引き渡し後に吸排気口全てにメクラふたを・・・。



honkab2 at 14:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

2010年07月29日 住宅ローンアドバイザー

(財)住宅金融普及協会 の住宅ローンアドバイザー に合格しました。

かねてからお客様のローン相談には応じさせていただいておりましたが、なにがしかの資格をと思っていましたら、2年ほど前に発足した資格講座があり、受講することになりました。

住宅ローンアドバイザー合格証 諸事情により スクーリングが出来ないため、オンライン講座からはじめ、ようやくの取得になりました。


公庫・銀行を含むローンなどの最新動向他の知識を得ることが出来たのが大きな収穫ですが、資格登録制で3年ごとの更新が必要で、その時点での継続講習が義務付けされているので、常に信頼できる情報発信が出来る資格であります。

 しかしながら、実際のお客様のローン金額のアドバイス時には瞬時に、目安としてのローン月額などが求められます。


勉強では、全ての計算で100万円単位の「返済額早見表」を逆算することが必要になります。
多岐の条件での瞬時の具体金額を明示する実際のローン提案では、上記資格を持っているだけで出来る人は少ないのではないでしょうか?
飾りだけの資格の方が多くなってしまう気がします。

また、金融・保険がわかっていなければフィナンシャル・アドバイスはできません。

ライフコンサルタント証左は私がかつてとった生命保険の資格ですが、このほかに損害保険の資格も保持しています。

住宅ローンは「団信」保険に代表される生命保険や火災保険も大きくかかわってきます。

万が一の保障(リスクへの準備)ということで、セキュリティーのアドバイスも私の得意としています。


これらのアドバイスが出来ることによってマイホームローンのアドバイスは完結します。



9月のモデルハウス3周年記念イベントでも「住宅ローン相談会」を行いたいと思います。

honkab2 at 17:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)住宅ローンアドバイザーからのお知らせ 

2010年07月27日 「ホンカはいいけど高いよ」 「目の保養に行ってらっしゃい」

 何名かのお客様が「某〇〇ログ展示場で言われました。」といいながら弊社のモデルハウスにおいでになっています。

ほめていただいたそのライバル社長さんにありがとうございます、と言いたいところですが、その言わんとするところは「品質はいいけど、ねだんは(びっくりするほど)高いんだよ」だと思います。

それはそうです。
最上級のログやティンバー材。そのキットの量は他のログ業者の材をはるかにしのぎます。(セトリング対応ジャッキや金具類をも含む)積載コンテナの数さえ大きな差があります。

その上、ログ積みや屋根が上がるまで等他社と絶対的に異なる建築時間。


定評のDK窓やドアなどの建具の品質は手間のかかるホンカの建築マニュアルによってその断熱・防災・快適生活の性能に生かされ、他社と絶対に差が生じます。


その性能の差はおどろくばかりです。

いかに過去何10棟ものログを作ってきた・・・・にしても、雨漏り・すきま風はもちろん夏の2階の暑さや冬の1階床の寒さを犠牲にしての値段の選択はあり得ません。


大工手間や断熱・シーリング工程等の多さからくる必然的価格の差は「住宅性能の差」とお思いください。

ホンカの112亢辧180亶/段)ラミネートログに対する同レベルログ巾の〇〇社の材工一式価格はわずか200万円程度でした。

ホンカの2400万円に対して2200万円は確かに安く思われますが、安く作れるのにも理由があるのです。


年間何10棟造っています、という工務店、本当に性能のいいログを建てていますか?

1社の代理店を長くやっているので他メーカーの仕様やマニュアルはわからないというのは仕方ない(罪が無い)のですが・・・・・、

利益を少しでも多くするため、どこかで仕様(又は手間)をグレードダウン、そんな工務店は少なくないのです。

honkab2 at 15:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

2010年07月27日 口蹄疫渦は治まりそうですが

 口蹄疫って昔からあったのでしょうか?
感染力の非常に強いウイルスのようですが、・・・。


口蹄疫にかかる鯨偶蹄目は豚、牛、水牛、山羊、羊、鹿、猪、カモシカ、など蹄が偶数に割れている動物ということです。

今回移動制限・ワクチン・殺処分の対象は人間が管理している動物であって、山野の野生生物には100%の管理が届いていなかったはずです。

野生のシカやイノシシの行動範囲はどの程度なのでしょう?

移動範囲の広いカラスなどによってウイルスが運ばれる可能性もあるのではないでしょうか?

終息制限までにはまだ1カ月ありそうですが、関係業界を含め何事もないように固唾をのみながらの一月になりそうです。


外国では「WAGYUU」の輸入が出来なくて和牛種もどきの牛肉が高値で取引され始めたようです。

品質の低下で和牛イメージが落ちなければいいのですが・・・・。


一方外国でも異常気象でモスクワでは37.2度(130年の観測史上最高気温)だそうです。
暑さのあまりウオッカをあおり川に入り、この夏 毎月1000人以上もの水死事故があるようです。日本の水難事故での人数とケタが違います。

若年層・女性のウオッカ中毒やそれによるマイナス社会になっているという事実以外にも、ウオッカが原因でロシアやウクライナの平均寿命は 西欧諸国と比べても、10歳以上をはるかに下回るようです・・・・。

格差の拡大する日本だけでなく、脚光のBRICs成長の対極にも多々ある矛盾。
それは各国の悩みでもあるようですが、輝かしい表面の裏側で確実に進む負の力、口蹄疫も、近代畜産という進歩の裏でおこった矛盾のような気がしてなりません。

気候変動の加速化以外にも新型インフルエンザのような新たな災渦がこれからも出てきそうな気がしてなりません。







honkab2 at 11:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

2010年07月24日 連続の真夏日ということです

 4年前に自宅寝室のエアコンが壊れ、以降冬場には温風ヒーターで暖をとりますが、夏はクーラー機能の代わりはありません。

「省エネ」志向で着膨れ状態の厳冬期は何となく「省エネ」が実践できている満足感はあるのですが、・・・・・・。

夏の省エネを(望まなくとも)余儀なくさせられている現状は 「省エネ」生活の満足感ではなく、にじみ 止まらない汗をして 心の中ではとっくに 《 白旗 》 は上げているのに、夏との戦いはまだまだ続くであろう現実を目の当たりに、言葉だけの強がりもしぼみがちです。



アヂ~ッ!!!

暑いです。

心頭滅却すれど火の中の暑さかな(by ムーミン)


窓は全開、 扇風機最強。  されど深夜2時頃まで寝室の室温は32℃オーバー。
アイスノン無しでは寝付けません。


若かりし頃、エアコンで冷え切った寝室で首まで布団をかけて寝た時の罪悪感とは対極で、「省エネ」達成自己満足だけが、意地を支えています。
(ちょっと大げさかな?)



ああ、ログハウスの無垢の床板のうえで寝たいな〜。

天窓からの風、

DK窓の開口に流れでる自然な風。


室内の空気を上下に攪拌する風、

やっぱりログハウスで毎日暮らしたいです。





*以前 南の国での日本をはるかにしのぐ暑さの中での睡眠方法について述べましたが、ここでその方法を伝授いたします。

100Vではなく電圧220Vの大型扇風機を強めにし、寝ます。

網戸も無い隙間だらけの家でも220Vの強風では、蚊などの害虫に刺されることはありません。

しかし、いくら暑い国とはいってもこんな強風では朝方には体温の低下を招き、死んでしまいます。

そこで、大きなシーツを頭から足までスッポリかぶるのです。

繊維を通り体に当たる風と保温機能が適度に調整できるのです。

初めはばさばさとするシーツが気になりますが、慣れれば快適そのもの・・・・。

(ホテルなどのエアコンは220Vでガンガン冷やす、TAXYも日本では文句が出るくらい寒い車内が当たり前の国です。)
中途半端はありません。


日本では工場用扇風機ですか?

うわ〜。





 でも、脳天からジリジリする赤道付近の国々の暑さはこんなものではありません。 一瞬たりとも外を歩けないのです。

その中を長袖・顔中にターバンを巻き道路作業などできる人々もいるのです。



中東のドバイショックも西欧諸国の危惧ですみそうです。
日本サッカーの過去の事件現場カタールのドーハなどでもオイルマネーでの投資意欲で高層ビルラッシュだそうです。日本人と比べ所得は1.5倍。全世界からの人口は増え続けているそうです。

香港のビクトリアピークから眼下に見る高層ビル群は絵に描いたようにそうは高く見えませんが、実際にはどのビルも日本一のランドマークをはるかにしのぐ高さなのです。しかしアジアも含む熱帯地方になぜ高層ビルが建つのでしょう?


「暑い地域の国々は遅れている。」

それはこれからは逆になりそうです。

景観や歴史文化の保護を名目に ● 階建以上のビルや斬新な建築が規制されている都市は西欧諸国の首都を中心にとても多く、新興国のような自由な一体の計画が出来ません。


未来都市、それは暑い国々で具現化されてきそうです。



それと扇風機の話はあまりにも差がありそうですが・・・・。
暑さで思考力が・・・・!!!   


honkab2 at 16:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

2010年07月19日 メンテ・塗装講習会が予定通り行われました

塗装イベント風景 梅雨も明け夏全開の午後、既にお伝えしていた「メンテナンス・塗装講習会」が行われました。

OB様ご家族を含む皆様には、暑い中ご参加いただき、ありがとうございました。





塗装イベント風景4初めに手作り資料に沿って説明する弊社施工・技術担当T社員とメンテナンス・現場担当O社員です。
建具の外し方、掃除の仕方等から講習は始まりました。
子供たちも刷毛でペンキが塗れるということで、初体験。やる気十分です。
前日までに、.曠鵐のログの無垢面 塗装下地塗り終了面 上塗り1回終了時の面 ぞ綸匹蝪臆鷭了時・完成面 と、わかるようにしました。

塗装イベント風景2OBのK様から下地処理済み面の塗装は始まりました。なかなか上手でしたが、もうすでにご自宅のデッキ塗装はされていますので・・・・。

奥様にも体験いただきたかったのですが、生後1か月の赤ちゃんを炎天下に出すことはできません。
室内でお茶していただきました。


塗装イベント風景3大人たちの体験の後、いよいよちびっこの順番です。刷毛の数に限りもあるので待っている子は泣きそうです。
楽しいらしく、なかなか順番を代わりません。
何か塗り絵のような楽しさでしょうか?女の子の方が積極的でした。

刷毛の戻し・塗り残し・まだらなど、ちょっと「あれあれッ!!」 というところはありましたがとにかく楽しそうでした。 刷毛跡・まだらなところはそれはティックリラ。 重ね塗り、仕上塗りできれいにカバーできます。

ログの塗装にお子様を参加させるのはとてもいい思い出作りにもなるし、ご家族の団結を生みます。

ほんとに子供たちの目が輝いていました。

室内では 室内では社長手作りのケーキ類。

私個人的にはアイスのアイデアとチーズケーキのおいしさにびっくり、それらに目の無い私の二女に食べさせたかったな〜。

皆様暑い中ほんとにありがとうございました。





九月のモデルハウス三周年記念イベントには上総牛のバーベキューですか?
産直野菜もおいしいかも・・・。
(勝手に決めたら大目玉?…皆様もこんなイベントがしてほしいなどご希望をおよせください。お客様の声には一番弱いのです。)

その時はアルコール付でしょう。

皆様も運転手役を決めてきてください。


詳細は次号の「ログパートナー」紙上にて告知いたします。



今回は重ねてありがとうございました。


honkab2 at 17:19|PermalinkComments(0)TrackBack(1)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

2010年07月17日 塗装色見本の色々

色見本 昨日お知らせしたカラーリングの増加についてです。
写真の上が今までの塗膜系VINHA色見本シートです。 下が同PUUTALOT色見本シートです。
細分化されたので、微妙な色も難なく選べます。





色見本2色見本2-1色見本2-2








上の写真は新塗料ARCTIC(Pealescent Wood Stains)訳すと真珠様光沢の木部塗料・・・・です。中央及び右の2枚は拡大してみましたが、光沢がわかるでしょうか?


その特性は自然塗料ですので、フィンランドではシカやクマなど動物がログをかじる場合でも無害なんだそうです。


木片塗装見本新旧建具塗装色見本 左は室内外の木片塗装見本。

右は工場建具塗装の新旧見本です。(旧見本も有効です⇒日本国内での調合に応じています・・現場手塗り用)

どうですかティックリラの至れり尽くせり・・・。

honkab2 at 15:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)△HONKAから 

2010年07月16日 塗装メンテナンスにおいでください。

イベント準備 いよいよ明後日 7/18(日) 13:00〜15:00 に 塗装メンテナンスイベントが行われます。

実際に塗装してみませんか?

写真は弊社モデルハウスの南面です。
この9月で築3年を迎える塗装と再塗装の比較が出来ます。

高圧水で旧塗装をはがし、ログ地肌が白く見えています。




イベント準備樋や窓部を養生しました。

ティックリラのバルチカラー(油性浸透系)の実演です。

ティックリラと言えば、新カラ―が出ました。


ビンハ・バルチオパーク(水性塗膜系)が30色から120色に増えました。

どちらも旧色見本は有効でカラーNo.も今まで通り手配できますが、新色見本No.と二本立てになります。


また、新発売の色があります。 ARCTIC ・・・10色の光沢系浸透塗料です。

窓枠などを強調できる塗料です。

その他、室内用フィニッシュやサウナ室スプルース用塗料などが発表されました。

それらの資料もご覧ください。

実演時間は限られますが、それ以外の時間でもご来場をお待ちしています。

お菓子や飲み物も用意しておりますので、お気軽においでください。


おいでいただいた方々にはメンテナンス塗装の為の冊子を差し上げます。

また、OBのK様S様ご一家もおいでになりますので、子供たちで賑やかですよ!

間もなく梅雨明けですか?

honkab2 at 15:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

2010年07月16日 どこのログでしょう?

ログコテージ 林の中のログ
こんなところで過ごしてみたいと思いませんか?

小田急「箱根ハイランドホテル」のログコテージです。

犬も一緒に泊れる2〜3名用2棟 4〜5名用2棟
を含む10のコテージです。


200屬離疋奪哀薀鵝,筌薀Ε鵐献謄薀垢覆

コテージコテージ・ドッグ水洗 犬専用足洗い場の写真です。

築15年以上のホンカログ(88丕暇椒汽諭砲任垢、やはり手入れがいいせいか、どの棟も痛んでいません。

ホンカのディーラーセミナーでこのホテルに泊りましたが、ここのログの存在に関しては知識がありませんでした。


ホテルの食事(料理)に関してもかなりこだわりのあるようですので、機会がありましたら行ってみてください。


正月の箱根駅伝往路で有名な登りの急こう配カーブをテレビカメラのアングルでなく、登るランナーたちの視線で走ってみました。(もちろん車の運転です)


ウイークデーながらリゾート地にいるだけで心の洗濯をしたような・・・?  

honkab2 at 14:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)動画ニュース 

2010年07月12日 寝不足です

選挙特番を子守歌代わりに横になったと思ったら、朝方始まったワールドカップ決勝の延長戦の終了が朝6時ちょうど。

毎朝床を離れるのが6時なので、そのまま日常が始まりましたが、昨夜のトータル睡眠時間は3時間くらいか?

選挙結果の予想はされていたため、次々にチャンネルを回し各局の当確の出かたを比較し楽しんでいましたが、サッカー観戦はそうもいきません。


野球のようにある程度の大量得点差が生じるとテンションは下がるのですが、実力伯仲のチームどおしのサッカーはほんの数秒で攻守逆転です。
目は冴えるばかりでした。


ゲームはイエローカードの乱発の割にはそれほど荒れないいいゲームでした。


世界最高峰のスペインリーグでの個人技とチーム力が合わさったスペインが決定的チャンスをものにしたという結果ですが、ナショナルチームよりクラブチャンピォンチームの方が強いということですね。

いつもの流れるようなワンタッチパスがそう見れなかったのはオランダの早いインターセプトのせいでした。

フィジカルが強いオランダでしたが、やはり速いパス回しをされるうちにに必ず相手のフリーの選手を作ってしまううのがよくわかりました。


それにしても両チームの延長戦での体力は全く衰えていないのにびっくり、このあたりが延長後半やロスタイムに決定的チャンスを持ってこれる強さなんでしょう。

南米勢にはがっかりでしたが、ヨーロッパサッカーは堪能しました。惜しむらくは引退したジダンやベッカムも見たかったんですが・・・。


次のブラジル大会には南米勢の奮起を期待します。

オランダとかなり渡り合えた日本チームもスペインとの戦いが見たかったものです。

それにしても、寝ても遠くで響くブブゼラ。

アー、それはただの蚊の羽音です。

眠いです・・・・・。

honkab2 at 12:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき