2009年07月

2009年07月31日 ログ積み完了の写真です

ログ積み完了ログ積み完了 本日午後の
写真です。







ログ積み完了ログ積み完了 梁としての
ログの位置と
耐力壁で
囲まれた空間も
完成すると
尺度の感覚が
違ってきます。
現在は
これだけの高いログ壁からは
圧迫感さえ感じます。

会社に帰ると会議棟の外の植え込みにユリの蕾が・・・
その花の多さにびっくり、・・・。

毎年この場所に咲きますが、年毎に花弁の数は増えるようです。
ユリの蕾

honkab2 at 17:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■市原市SM邸ラッカウス(26.9坪)完成まで 

2009年07月31日 昨今のにわか雨などはゲリラ豪雨と言われているようです

ログ積み15段まで 15段まで積み上がりました。
16段目のログ上部面が二階のFL(床高さ)レベルです。
ログ最下段からは2920mm・
さらにGL(グランドレベル=地面から)は
3420mmです。
16段の上にさらに4段(720mm)
の積み増しがあります。

ラッカウスが延べ床26.9坪のわりに広く感じるのは
このあたりにあると思います。

床からすぐに屋根が立ち上がるのだったら、有効スペースとしての
床面積にはならないのですが、

デッドスペースとして最初から「収納場所に・・」等とあきらめる
にはちょっと惜しい気がします。
この4段の積み増し(オリジナル=構造計算付)は使い方の可能性を
広げています。

内部(玄関部からキッチン方向)内部(リビングからバス方向) 内部の写真です。
右の写真は
リビング位置から
水回り(トイレ
・バス)方向を
撮ったものです。
まだ窓部の開口がなされていません。

CUT AT SITE つまりプレカットではないのです。
工事工程に合わせてカットするので、
ギリギリまで建具や設備の検討が可能なのです。


(本当はまだ仕様が決まっていないなんてことも考えられますが・・・)



内緒です・・・・!!

honkab2 at 10:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■市原市SM邸ラッカウス(26.9坪)完成まで 

2009年07月30日 朝一の写真です

今日の朝一の写真別角度 事務所に
出勤する前に
写真を撮って
きました。

基礎は小さめでも
ログの段数が
高くなり、
徐々に視線が上に向いていきます。

すると、コンパクトながらホンカログを
主張し始めるのですね・・・・。

ログ積みの後は、1・2階の大引き・根太へと・・・、
そして仮床を張り、ゲーブル(妻壁)造作へと進みます。

ホンカでは小屋裏利用の2階(ロフティー・ホームデザインと呼びます)は
屋根部の荷重を柱(と棟木・母屋)で受けるのではなく、切り妻両側のゲーブル
及び間仕切り部のゲーブルで受けます。

つまり柱(点)ではなくゲーブル(面)で受けるのです。



その為、工程的には柱を建てる作業の何倍もの手間はかかります。



地震などに強いのは言うまでもありません。


honkab2 at 11:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■市原市SM邸ラッカウス(26.9坪)完成まで 

2009年07月29日 足場がつきました

足場設置終了 昨日の変わりやすい天候から一転、
本日は雲間から強い日差しが照りつけてきます。

昨日雨の中、足場やさんが組み立ててくれました。
おかげで、朝一からラフターを使い ログの上段が組めます。

明日のブログにて写真掲示いたします。

honkab2 at 09:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■市原市SM邸ラッカウス(26.9坪)完成まで 

2009年07月27日 今日はここまででした

ログ4段養生 4段まで
積み上がりました。
夕方になり、
真っ黒な雲が・・

という間に、大粒の雨が
雷の轟音とともに
落ちてきます。

ログ壁が汚れないよう
養生をしました。

上部はラフタークレーンが必要になります。

明日に続く・・・・・。


honkab2 at 17:50|PermalinkComments(3)TrackBack(0)■市原市SM邸ラッカウス(26.9坪)完成まで 

2009年07月27日 ついにログ積みが始まりました

ハーフログとシルログ2段目ログ 雲間の陽射し
の下
ログ積みは
はじまりました。

アスファルト・
フェルトに乗るのは
ハーフ・ログとシル
ログ(一段目)です。
水切り板金(金物)用の溝が彫られています。
右の写真は2段目が乗った状態です。

ダボ ダボは最初にログエンド側から
打ち込み始めます。
徐々にログのねじれを修正しながら
最後にジョイント部を決めます。

通しボルト・スチールパイプを
マニュアル通り入れていくことで
十分なせん断耐力壁とすることが
できます。
垂直なログ壁が求められます。


 フィンガージョイント・ラミネート このラミネート・マシンカット材の
長さ(加工バンドル)は12mですが
長い材ばかり使っているのではなく
フィンガージョイントした材を更に
ラミネートしているのです。
無駄がなく、ログを積んだとき、
つなぎ目加工の必要のない(隙間のない)
強度的にも心配のない加工です。
アップしてみてください。


基礎開口部処理 基礎開口部に金物が取り付けられましたので
ついでに記録しておきましょう。

honkab2 at 11:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■市原市SM邸ラッカウス(26.9坪)完成まで 

2009年07月25日 基礎工事終了です

独立基礎防湿コン 来週初めから
ログ積みです。
防湿コンクリートは
ベタ基礎の耐圧板と
同じく見えますが、
配筋をしていないので
荷重は布基礎立ち上がりと
その下の柱状改良杭が
支える計算ですが、
昔の建物の『縁の下』とは大違いです。

きれいな床下だとメンテナンス時の床下検査も容易にできます。

トミカ 
 私の愛犬(ちょっとアホ犬ですが
・・・)のトミカです。

ドッグランとして使いたいくらいです。






ここでお知らせです・・・・。


 真夏のログ積み見学者募集中です。
あらかじめご連絡いただけたらと思います。

合わせて〜8月12日まで『真夏の平屋ログ体験会』
開催中です。
平屋プランのTOPI(17.6坪)の驚くべき断熱性・涼しさを
体験してみてください。(同じく事前申し込み必)

素敵なプレゼントもあげちゃいます。

ついでに告知でした。


honkab2 at 13:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■市原市SM邸ラッカウス(26.9坪)完成まで 

2009年07月23日 仕分け作業(部材確認)

SM邸ログ材 皆既日食の翌日
太陽は何事もなかったように時折、
雲間から強烈な日差しを投げかけて
きます。

 太陽から見れば地球との間に地球の
衛星である月が入り込み、
その影がほんの小さな点として地球上を
移動していく・・・・だけなのです。

その点の地域では何か神秘とも言えるような感動を人々は感じ、
大ニュースになっていたのでした。

熱い雲に遮られ見えなかった天体ショーもそれなりに、人々の
思い出になるのです。

読売のコラムに宇宙飛行士の毛利さんが学生時代に体育祭をさぼって
皆既日食を見に行ったことが書いてありました。
(1963年7月21日)


 学校の行事でなく「日食を見たい」という自分を通したことで、
毛利さんは現在の毛利さんであることを理解しました。


 SM家の3人の子供たちもログハウスの中でどんどん我を通して
たくましく育ってほしいものです。




・・・ログ材の仕分け作業ですが、ログ材の日焼けが心配です。

honkab2 at 10:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■市原市SM邸ラッカウス(26.9坪)完成まで 

2009年07月20日 土地物件(市原市門前)です

土地写真 この地域は国道297から200mほど入った
畑の中に以前からぽつぽつと家が建っていたのですが、
近年、徐々に新しい住民が新築住宅を
建てつつあります。

そんな中3方あるいは4方にすでに家が建ち、
住んでいて、窓からまたはベランダから出ても見えるのは
隣の家なんて生活はどうかと思います。

この土地は後ろ(北東)に緑があり家は建ちません。庭木ではなく
遠くに自然が見える生活ってやはりログに似合っていると思います。

T住宅さんがわざわざ物件の紹介で来社したので見に行ってきました。

この地域の都市計画の変更で間もなく(今秋)建ぺい率30%→50%に、
容積率50%→100%になります。

上水道・都市ガス配管は敷地内に敷設済みです。(浄化槽必)

70坪730万円(1区画)・95坪1030〜1098万円(2区画)です。

前面道路配管済み 接道高低差0
事業所跡地です。

国道297郡本交差点から
400m 玉泉幼稚園裏手です。

honkab2 at 12:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

2009年07月20日 型枠外し

型枠外し いよいよ夏本番です。
ギラギラした太陽が照りつけ、
養生期間も非常に短いコンクリート作業です。

この後、埋め戻し、防湿コンへと進みます。

くれぐれも熱中症には気を付けてください。


 我が家では下の子二人が次々に高熱を出し、
(夜中、寝苦しくて起きてしまうのですが、
それがちょうど都合よくて・・・・。)

子供たちの検温・投薬、氷枕の交換etc.,...と
父子家庭で24時間子供の管理責任のある私にとっては、
病気になっている暇もありません。

それでなくても(ストレスで・・・・「誰ですか『エ〜ッ!』というのは・・・
・・まあ言わせてください)・・・・食欲は減らず、夏太りの繰り返しです。


アァ〜  一度でいいから夏バテ・激やせなど経験してみたいものです。

某国首都の公共水道を直にのみ、かなりの下痢に見舞われた際でも帰国後
1週間で元の体重に戻りました。

後はコアリズムですかね!???



honkab2 at 12:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■市原市SM邸ラッカウス(26.9坪)完成まで