2008年09月

2008年09月29日 新モデルプラン図他お送りいたします

200809250949001 この写真は先日のホンカミーティングに行く時の東京駅での私です。・・・・エッ!…見たくないって!? まあまあ・・・愛嬌ということで・・すみません。 今日の告知 : 昨日掲載の4つの新プラン、欲しい方にお送りいたします。(価格表も付けます。) 2008プランブックは基本的にはモデルハウスにおいでいただいた方のみに差し上げていますが、(プランブックは高価なこともありますが・・・) 4プランの素晴らしさをご覧いただきたいので、ご希望を募ります。基本的な情報を記入し、ホンカ房総の資料請求フォームにて(住所記入の上)お送りくださるか、 私、阿部までお電話ください。0436-95-5641 です。 *尚、送付させていただいた方はホンカ房総及びホンカジャパンの顧客登録システムに登録させていただき、以降の資料の送付などさせていただきます。(お打ち合わせ時など以外、訪問などの営業はいたしません)

honkab2 at 13:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)△HONKAから 

2008年09月28日 ホンカ50周年記念モデル

Lokki Lokki・ロッキ
(日本語でかもめ)
2008デザインブックの
ぺルホネン(チョウチョ)
の生活感を逆にしたモデルです。
屋根を逆流れにし、内側デッキ向きの
解放感が得られます。
商店併用などにも応用可能の平屋23坪モデルです。
拡大して説明文もお読みください。


Aito Aito・アイト
(純粋の意味)
毎年たくさん建築されるTOPIに
根強い要望の3つ目のプライベートROOM
を追加し、ロフトまで設けた
究極の平屋モデル26坪(ロフト
床面積を含まず)です。
3つの寝室を独立させながら12.7畳のDK・12.5畳のL
さらに2.4畳の独立した玄関(内ドア有り)
リビングの両側に広がるポーチ・テラスは
小さな子どもにとっても終の棲家をと考える方にとっても
余裕の空間になります。

Valoisa Valoisa・ワロイサ
(陽あたりの意味)
イラスト及び立面図の
妻壁部分に注目してください。
この開口はどれだけ光を
取り入れるのでしょう?
43坪・3寝室の基本設計ですが
2階のセカンドリビングや吹き抜けの
応用で床面積・プライベートルームなどはもっともっと増やせます。

Aalto Aalto・アールト
(波の意味)
2008モデルのクンニア(39.5坪)の
波をイメージした片流れ屋根モデルと
兄妹モデルです。
延べ床は35坪と少なくなりましたが、
十分なプライベートROOMの広さと数(3)により
家族を強く意識したモデルとなっています。
親子世代の会話が交錯できるそんな空間です。

上記4モデルは間もなくホンカジャパンホームページ上にて
UPされます。パースやカラーリングも違うイメージのものが載るはずです。
お楽しみに!

honkab2 at 10:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)△HONKAから 

2008年09月26日 ホンカの会議に出席しました

200809250944001200809251017001 新幹線の700
系は初めて乗り
ました。
実際には遠い名
古屋も、アクア
ラインバスを使
って東京駅に出
る時間を含めて
も自宅から3時
間ちょっとなん
て、日帰りも
きついスケジュ
ールではありま
せん。

初めて食べた
名古屋名物・
味噌カツ定食は
それほどの
インパクトは
ありませんで
したが、新幹線の700系には満足でした。

さて、今回の全ホンカディーラー一同に会しての議題は、『ホンカ50周年
キャンペーン』と、これに合わせて発表される4記念モデルの説明でした。

キャンペーン内容について

新モデル 「KIITOSキャンペーン」
のKIITOSはフィンランド語で
<ありがとう>の意味です。
2008年発表のニューモデルの
ログキットが10%引き
従来既存モデルが5%引き
フリープラン及び旧来モデルは
3%引き

そのほか、全国各地のモデルハウスにお越しいただいた方に
もれなくホンカオリジナル時計他のグッズ(ノベルティー)プレゼント。

全国すべてのホンカ顧客登録済みの19000名のかたにDMでお知らせいたします。
目玉には下記モデル/ケイダス・シルタ・メッツィオ・ラーミ・メロディァ
から選んだ1棟のキット価格を50%OFFでプレゼントするなどの説明(各モデル
ルーム据え置きの応募用紙にて申し込みください)及び、上記ノベルティーの
引換券が同封されます。

KIITOSキャンペーン対象モデルは同封の冊子でご確認ください。

またこのキャンペーンは10月1日からですが、夢丸誌上及びホンカジャパン
ホームページ上でも案内されます。

今回発表された4記念モデルは別途、本ブログ上で個別発表させていただきます。
本日は、会議の報告並びにキャンペーンのお知らせでした。

honkab2 at 13:10|PermalinkComments(2)TrackBack(0)△HONKAから 

2008年09月21日 吹奏楽部は東日本大会への進出を決めました

 9月20日(土)宇都宮市文化会館にて開催された東関東大会にて三年連続で
最終ステージの東日本大会への切符を手にしました。

10月11日(土)所沢市民文化センターで開かれるコンクールが
娘の3年間の青春をかけて頑張ってきた部活動の集大成になります。

 一昨年には東関東大会でトップ通過を果たしながら東日本では惜しくも二位
でしたが、昨年は東関東大会二位通過にも拘らず、東日本大会では最高金賞
でした。(今年も二位通過です)

はたして今年度はどうでしょう?


 一泊した一昨日、帰宅が10時30分にもなった昨夜とも勉強からは遠ざかって
いました。

受験勉強の進み具合を心配しながらも応援しています。

頑張れC子.。゚+.(・∀・)゚+.゚


honkab2 at 12:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

2008年09月20日 O様土地の近くの海岸です

興津海岸P9180167P9180168  前日、ホンカ瀬田カスタマーセンターのU氏から連絡が入り、O様の土地資料持参で久しぶりにここ勝浦に来ました。三井系の ミレーニアや御宿台等の西部グループの開発した別荘地の確認などにはしょっちゅう来る地域ですが、海岸にはなかなか下りませんでした。  台風の近づくなか時折降りだす雨と雨の合間を見計らい、O様の土地の確認をしてきました。  土地の確認というと、まずその広さや方位(間取りプラン上の)・水道・排水・接道状況(工事上の搬入や重機の作業性について)そして近所の雰囲気確認(挨拶などは工事前にしますが・・・)。 他に土地に関しては、地質や傾斜・周囲との高低差認識も重要です。 役所の建築課では法規的なことや地域の建築上の条件を調べ上げ、前面道路の状況や水道局またはガス管の埋設状況まで調査することもあります。 自己資金で建築工事を賄う場合と融資を受ける場合でも必要な手続きは違ってきます。 申請・工事許可・検査・登記等も頭に入れながら現地を見るのです。 その上、ログの場合、特にホンカは資材の発注・輸送・荷下ろしに保管・養生なども複合的に考える必要があります。(時間・場所等)  周囲のインフラ(道路・学校・病院・商業施設・金融機関等)の確認や住んだ時の生活感なども想像してみます。 そして建物が完成した姿を絵に描いて施主様の為にがんばるぞ、という気持ちになって帰るのです。  しばらくの滞在の後、近くの浜が見える公園に出ました。 ここから浜を見ると、高校生の時友人の兄さんの車で海水浴に来た事、海の家で同級生たちと騒いだこと、卒業後はなれない運転でエアコンもない車で友人たちと何回も来たこの浜が懐かしく、・・・・・・。 青春の素晴らしい時期がそうは続かなかったのがちょっと残念に思えました。 だれしもそんなものでしょうか? 青春の思い出はなぜか「甘酸っぱい」のですね・・・・・。

honkab2 at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

2008年09月11日 子供の教育にフウフウです

境内と本堂鐘楼自動鐘つき機







小湊鉄道上総牛久駅裏手のお寺です。
我が家の菩提寺ではないのですが、親戚のお墓も多く、住職も気さくで
法事の節には話すことも多いのですが、・・・。

このお寺の鐘は非常に正確に鳴らされます。
と言っても、住職がつくのでなく、自動鐘つき機による打鐘なのです。
詳しい構造は外部からはわかりませんが、一見非常にシンプルです。

息子の空手道場の置かれている、中宿公民館が隣にあり週2回、ここに
通っています。

 さすが打鐘時刻に直近で打たれると情緒も何もないのですが、日常の
生活の音として聴くことのできる地域の私にとっても生活に溶け込んだ
音の一つです。

息子にとっても成長後にこの鐘の音がいい思い出になることでしょう。



 昨日は夏休みの為枯らさないよう自宅に持って帰っていたほうせんかの
鉢植えを学校に帰し・・・。

娘の吹奏楽部の東関東大会の参加費用(父兄持参とのことわり)持参。

夕方の空手の送迎時には、独り身の悲哀を感じてしまいました。


けたたましいほどの打鐘の余韻のように、心の奥底で鐘が鳴るのです。


「ゴーーーーーン!」(´;ω;`)



honkab2 at 11:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

2008年09月09日 ここまで組み上がりました

ログ組 梱包から出され、積まれるログ材が
残暑の日差しを浴び、たった一日で
若干の紫外線焼け変化を起こします。

先週からご予定を替えられ、
今日現地においでになられた施主様も
昨日中に積まれたログと
今日積まれているログの色の差を確認されました。

海辺に近いこともあり、来るべき台風シーズンを考えると、
今回早めに外壁塗装をすることになりました。

ホンカの社外秘でもある、現在の施工方法について施主様も
ご覧になられたので、良い思い出になったと思います。

ログ組
 北西側からのログ積途中の写真です。
施主様と現場での仕様打ち合わせ後に、
私と棟梁の詳細確認の際に施主様に参加いただき、
感性部分の話し合いになりました。
棟領の施工・使い勝手(自宅をホンカログ
で建てたため)等、経験を踏まえたアドバイスで、
細かいところの仕様が変わっていきます。

ログで生活している棟梁の言葉には説得力があります。



honkab2 at 15:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■館山市H.K.邸アウケアができるまで