2008年08月

2008年08月31日 新モデル

ホンカジャパンでは下記の新モデルを10月頃発表する予定です。

1. One Story :トピ平屋型・26坪・3寝室

2. One Story :ペルホネン逆屋根平屋型・23坪・2寝室

3. Lofty Home :ニュートラディショナル大屋根ロフト2階型・43坪・3寝室

4. Two Story :クンニア縮小形ログ積み上げ型・35坪・3寝室


楽しみにお待ちください。



honkab2 at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)△HONKAから 

2008年08月30日 H.K.様邸AUKEA部材荷下ろし

鋸山鋸山トンネルトンネル







 いよいよログ材他のコンテナ荷下ろしです。
この頃の曇りがちな天候は、47都道府県中最高地点が一番低い
千葉県でも南房地区のこのあたりに来ると、山並みをして、どこか
ほかの山岳県にでも来たかのように感じさせます。

 特にこの地点、館山道下りの「鋸山」を正面に見るポイント、
館山道の鋸山トンネルです。右は富津のトンネル(比較用)
岩肌の石の切り出し跡がダイナミックな景観を楽しませてくれます。
雲が低く頂上を覆うような日はもっと素晴らしいですよ。
一度ドライブしてみてください。お薦めです。




さて本題です。

40フィートコンテナ AUKEAはミニAURINKO
といわれます。
間取りプランがそっくりだからです。
部材を減らし、40フィートコンテナ2台に
収まるように設計されました。

スタッフ及び運転手さんたちへの
差し入れを購入、到着したところ、
既に始まっていました。

封印切断された封印 
この封印は
記念に
H.K.様に
お渡しいたします。



荷下ろし状態や重機の位置関係は説明よりも写真をご覧ください。

梱包状態荷下ろし荷下ろし







荷下ろし荷下ろし
 あたりにパイン材の
香りが広がり、
粛々と作業は進められ、
無事予定時刻前に
終了しました。


このあと部材の仕分け
・小運搬をはさみ、来週後半にログ組が始められます。

honkab2 at 15:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■館山市H.K.邸アウケアができるまで 

2008年08月27日 基礎が出来上がりました

基礎完成
 布基礎です。

ここまでの状態では
施主様皆様が一様に
狭く感じるのが常です。


基礎(風呂部分)風呂部分です。
給排水用の配管が
なされています。
布基礎のくびれ部分は
大引き受けです。
間の大引き受けも独立基礎
束ではありません。

ドレン レベル出しし、
防湿コン中央部に
ドレン用排水溝を
儲けました。
工事中の雨水排水や
万が一の床下漏水などの場合も
排水ができます。
蟻や虫の侵入防止に網付きです。


合併浄化槽 普通の合併浄化槽です。
ここで見ていただきたいのは
玄関・デッキ部の
独立基礎部です。
実は独立ではなく、フーチン部は
一体になっています。
前にアップした写真の配筋をご覧ください。

蒸発散装置蒸発散装置設置作業 ここではU字構は
雨水のみ配水可です。
生活排水は放流禁止です。
というわけで、
合併浄化槽の先に
蒸発散装置が
必要になります。
ログが組みあがってからでは
設置が大変になるので最初に工事することになりました。

honkab2 at 11:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■館山市H.K.邸アウケアができるまで 

2008年08月24日 メタボカエル金髪になる

変身!? 大変です。

青蛙が・・・・・

突然変異か?

あまりに栄養が良すぎて

脂肪分が体表に出てしまったか?

こんな模様のカエル、初めて見ました。

両生類の生態に詳しい方教えてください。

ライトアップしているモデルハウスの照明にやってくる無数の虫を
栄養源に太りすぎたためになってしまったのかどうか・・・・。

そういえば私の髪の毛もまだらになってきています。v( ̄∇ ̄)v

honkab2 at 10:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

2008年08月23日 Hさんから電話があったのは4日程前でした

 16〜7年ほど前にRL社(倒産)を通してホンカ材で別荘ログを建てたH
さんから「ホンカログを解体したいのですが・・・?」と、電話がかかって
きました。

事情で借地契約を解除するのに、上ものを解体し、更地にして返したいとの
こと。

とりあえず、現地で待ち合わせしログを見せていただくことになりました。

某ホームセンターで待ち合わせ、案内される道をついて行くと、途中何棟か
ホンカログらしきものが建っているではありませんか。

20年近く前の昔、ログ村を考えていた事業者がこんな近くにいたとは・・?

奥まで走り到着すると、ありました。

非常にきれいに使っていたらしく勝手口外のデッキ部以外は傷んでいるところ
がないくらいきれいに使っているログでした。

ドアなどの建具は北米製のものを採用していますが、網戸等もきれいなままで、
大きめの薪ストーブ(メーカー不詳)やオーブン付きキッチンもほんと
にきれいでした。

エアコンもトイレも奥さまの手入れが完璧であったことを物語っていました。

タイルのバスルームもログ壁や間仕切り壁・腰壁など機能的に設計・提案に?
がつくところはあるのですが、水・湿気に気をつけていたといわれれように水
はねひとつなく、神経質に使われていたのでした。

屋根も2〜3年ほど前に葺き替えたとのこと・・。

ロフトを入れて約20坪、内外を確認させていただき、板塀・ログ風物置など
すべてに費用は掛けられているし、その状態は最良と判断をさせていただき、
解体を思いとどまるよう説得いたしました。


 当日、その場でHさんは以降の処理を私に任せていただけるというお返事
でしたが、あまりに私が「素晴らしい」・「もったいない」と言い続けたこと
に勇気を得たとのこと。
「土地のオーナーさんに話したところ、有償で買い取っていただけることに
なりました」という電話が後日あり、解体しないことになったようです。


 今思うと私が個人的にいただいても?というくらい後ろ髪惹かれるいいお話
でしたが、ログオーナーも家庭の事情で使わなくなることもあるし、これから
はログの中古物件も増えていきそうです。


当ログは90个離僖ぅ麑宜ず爛蹈阿任靴燭、ホンカのグルーブ・キーラノッチ
は家のどこにも雨染みをつけていませんでした。
現在のホンカの施工マニュアルとは違う建築部分もありましたが、ホンカ材の
品質の高さを再認識しました。



honkab2 at 15:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)△HONKAから 

2008年08月23日 「頭のよい子が育つ家の会」って?

 工務店・建築業を営んでいると様々な営業の電話・FAX・DM・
経営関係資料などが勝手に送りつけられてきます。

そのすべてに目を通すことはないのですが、情報として意識の中に
入れるべき参考物件[資料に値するもの]もたまにあります。

月3回発行の「SKハウジング(業界紙)」もその一つ。
先の記事に新築90万戸時代になるという内容がありました。

 一昨年の姉歯事件の影響で昨年の着工にかなり響いたこともあり、
業界が冷え込んでいるときに、世界中の経済がサブプライム・原油高
と相次いで縮小傾向にあります。

その予想は団塊ジュニアの購買層が最適な購買時期を徐々に過ぎていく
時代背景とも相まって現実のものになりそうです。

 そんな中、同じ新聞の次のページには、表題の「頭のよい子が・・・」
の(広告?)記事がありました。

内容は、
 有名私立中学に入学した子供は『子供部屋ではなく、リビングなど
家族と同じ空間で勉強している』という実態があきらかになった・・・

                    というのだ・・・・。

家族のコミュニケーションと五感を育む住宅 = 頭のよい子が育つ家
として認識し、間取り設計他の提案をしていくことが必要であること。


なるほど・・・・と鵜呑みのするのはどなたですか?

そのためのコンサルティング組織への入会・セミナー参加を訴えていま
した。



 この手の販売促進のセミナー会社・組織は数知れずあり、そのノウハウを
個人でコンサルタントとして建築会社に売り込む一匹狼もかなりの数います。

経営者としては「契約棟数を上げたい」というのが本音ですので、≪実績≫
を売り物に来る営業には弱いのです。実はこの実績というのもかなり眉唾物
なのですが・・・。

本当にこれからの時代を生き残っていけるのは、他でやっているからまねを
する また、コンサルタントの言うとおりに、朝令暮改的にふらふらと経営
方針を変えていく会社では無理です。
どっしりと落ち着いた経営者が下す決断はそうはぶれないはずです。


コンサルタント側にすると・・・
コンサルタントをすることでその会社が成功できるなら、自分で建築会社を
やればいいのです。もっと成功できるはずです。

こうすれば成功する、儲かる・・・、というのでは競馬の予想屋や「億万長者
になる法」の本を書いたほうが儲かる的常識なのですが・・・。


 表題の「頭のいい子・・・」は決して間取りが原因ではないし、この調査は
ただの統計であり、結果を拡大解釈し、自らの営業手法の意味付けをなしている
ものなのです。

 有名私立中学に子弟を入学させられる家庭である時点で、かなり裕福なことが
わかるし、裕福な家の子の家庭教師や進学塾の依存度は裕福でないほかの子と
比べてもかなり高いでしょう。

昔の統計で進学校の子供の身体的発達は世代平均を上回っているというのもあり
ました。
つまり、食べる物さえも違うであろう高所得の家庭の子供とはその育つ環境に
身体的・知能的差が大小なりとも存在するということです。

 もちろん親子のコミュニケーションは大事でしょうが、上の「リビングなど
家族と同じ空間で勉強している子」というならば、庶民の子のほうがその割合は
ずっと高くなるはずです。


 子供の情操への影響というならば、同一空間を供用しているログは最高の建物
だといえますが・・・・。
頭のよい子、ならぬ・・、『性格のよい子の育つ家』それがホンカの家です!!




honkab2 at 12:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

2008年08月22日 久しぶりに投稿です

このままでは友三ブログ(ページ右から入ってください)に置いて行かれます。

 北京オリンピックばかり熱中していたわけではありません。
菩提寺の檀家役員であったり、夏休みで暇している息子の相手をしてやったり、
この季節は家族や先祖等とのつながりを強く意識させられる時期でもあります。

 その分出費も多く、体はダイエットのリバウンドをするほど、暑さ負けなど
ないのですが・・・・。
財布が痩せてきてしまいます。

 昨日はSMさんの事前審査の後、ログパートナー号の発送をいたしました。
一両日中には皆様のお手元に配達されると思います。季刊で毎15日が本来の
発行日ですが、今月はお盆でしたので、昨日発送ということになりました。


夕方時間を戴いて娘の学校の吹奏楽部の出演するTBSこども音楽コンクール
千葉大会を見に行ってきました。(千葉県文化会館)

今年も吹奏楽コンクール東関東大会B部門への進出を最優秀賞で決めている
その演奏を聴くのは初めてでしたが、親の欲目からは素晴らしい演奏でした。

 朝早く学校に送り、帰りもおそくなることにも3年目にもなると普通に思えるし、
この先の東関東大会やB部門最終の東日本大会(過去2年連続金賞・昨年は
最優秀金賞)の遠征旅費や宿泊費も娘たちのがんばりで苦にはならなくなり
ました。

昨日の結果は後日わかるのですが、上に進んだ場合、もうひとつ大変なのです。
受験生なのに12月半ば過ぎまで部活の拘束は続いてしまいます。
この夏、初めていった進学塾の夏期講習の担当の先生からは「このままだと志望校
・志望課は危ない」「受験と部活どちらが大事なのでしょうか」と、たびたび電話
で脅されています。

<部活をやめさせて夕方の正規受講コースへの入学をさせたい>という魂胆だろう
と勝手に思い込み、娘を応援し続けているパパムーミンでした。

 頑張ったこの経験は娘にとって、もっと大切な、一生の財産になるとおもうから。





honkab2 at 10:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

2008年08月05日 現在ここまで工事は進んでいます

擁壁完了H.K.様だけでなく
下のKさまの土地にとっても
この工事の恩恵はあります。

しっかりとした土木工事です。



根切 本体工事の最初は
基礎部の根切りからです。

JIOの地盤調査と
その判定から
今回は布基礎ということになりました。


外部独立基礎部配筋 配筋が一通り済むと
検査に先立ち
社内検査・確認作業です。
写真は玄関ポーチ・
デッキ部の
独立基礎部です。
自社検査・記録の為の一枚です。

JIO配筋検査 JIOの検査員と
弊社O部長。






捨てコン 

捨てコン作業中。





捨てコン完了

こんな外観です。

honkab2 at 16:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■館山市H.K.邸アウケアができるまで 

2008年08月03日 スタグフレーション

自販機の間 会社の自販機と会議棟との隙間の
盗難防止ステーにいました。

ログ周辺の集団も太っていますが、
ここの連中はあまりにもメタボです。

夜、自販機の蛍光灯に飛んでくる
昆虫を餌にしてこのように
膨れてしまいました。
メタボカエルたち アップにしてみました。
ふてぶてしいほどです。

それにしてもこの暑い日差しの中で
水分補給もなしで
毎日じっとしています。

たぶん蒸発を防ぐような
機能を持っているんだと思います。

35度を超すような残暑(立秋過ぎた・・・?)です。そんな中、
若いご夫婦がおいでになりました。

モデルハウスをご覧になり、デザインブック(カタログ)に参考
価格表をお渡しして、資金のお話になりました。

建築資金事情が変わりつつあることをお話ししました。


「手持ち資金(頭金)を貯めて・・」という考えが非現実になって
いること。
普通の所得の家庭にとって年間100万円を超える貯蓄をするという
ことは大変なことだという話になりました。



昨日、改造内閣が発表され、次は衆議院選挙・・・・

来年の今頃には消費税アップはだれもが感じていることなのです。


家という高価な買い物における消費税は1〜2年の貯蓄を無にして
しまいます。

また、現在の不況(世間ではまだそう表現していませんが、私は
あえて言います。)では景気の停滞にもかかわらず、物価が継続
的に上昇する『スタグフレーション・stagflation』の状態にあり
ます。

金利も上昇するのです。見込まれる金融機関への契約利率の変動
だけで月々の返済額が容易に1万円単位で増えそうなことなどの
お話になりました。

同じ融資を受けるなら金利の上がる前というのはだれしも思う
ことです。

現在、住宅ローンで融資を受ける方のうち一番多いのが3年固定
金利を選択する方です。

次に多いのがフラット35を選択する方です。

ログを扱う工務店はフラット35を勧めません。つなぎ資金が出ない
からです。契約時に多くの一時金を必要とする契約は建物の完成保証
がなければこれからは心配です。

HONKAの完成保証は外部保証機関最大のJIOです。

そして・・・・
HONKA房総では完成時にしか融資実行されないフラット35など
どの金融機関でも対応できます。


honkab2 at 16:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき