2008年01月

2008年01月15日 うちのトミカです

トミカです
 12月にうちに来てから
早や1ヶ月
大変やんちゃで可愛いです。

 ネット上の「犬猫里親募集掲示板」
でしばらく探していて
ある日写真を見て
感じるところがありました。

 早速、里親探しをしているボランティアの方から、
世話をしているKさんを紹介していただきました。

メールでの連絡後、子供たちを連れてトミカと対面に行き
可愛さのあまり、里親としていただく意志をお伝えしたところ、
後日わざわざ家までお届けいただいたのです。

最初はうんち・オシッコ大変でしたが、うちでの生活のリズムが
だんだんと出来てきて、体重は約二倍6圓曚匹紡腓くなりました。
食べる食べる。丸々と育って、以前飼っていたチェリ子より大きく
なりそうです。

物覚えも早く、お座り・伏せ・お手・お代わり・待て・寝んねなど
きちんとするようになりました。Kさんご心配なく。

さんぽ時でもあちらこちらリードを引っ張ることも無く、きちんと
言うことを聞きます。

 それにしても甘えん坊でいたずら好きなので、ちょっとだけ
困っています。遊びでにゃん子に覆いかぶさってばかりで、にゃん子は
猫パンチを出すのですが、そんなことではトミカのいたずら心はめげません。
家中、にゃん子を追い掛け回しています。
まるでトムとジェリーの犬猫版のようです。



honkab2 at 15:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

2008年01月14日 雨水の跳ね返り

跳ね返りの影響
 普通に雨が上空から
降ってくる場合、
どのくらい跳ねが飛ぶのでしょう?
風の影響など無いものとすると
半径45センチ程度のようです。
壁面の含水率が建物寿命を
決定的に左右するログにとっては、
庇の出と基礎高さは1番に考えるべきことのようです。

以前、個人的な意見としての数値をブログに載せたのですが、
この半径45センチ、それはどの場所にもいえます。
そのままのGL・ウッドデッキの跳ね返り、ドーマーに跳ね返る
屋根からの雨の飛散(ドーマーの壁の傷みは特に激しいですよ)

跳ね返りの範囲 またさらに雨樋の設置のないログは
地面に溜まった泥水が
1m以上も跳ね上がると
いうことが報告されています。

雨樋は必須なのですね。
しかし、雪国や枯葉の影響を受ける地域では
軒先流下水用の溝(跳ね返り防止用仕様はもちろん)が当然、
ビルダー側の提案に無くてはなりません。

2階建て建物の壁面の濡れ
(図・資料:日本ログハウス協会出版書籍より)
大切で高価な
我が家のログが
跳ねで泥だらけになっていたら・・・。

 造りっぱなしでは無く、外構も提案して
お客様にすばらしいログ生活
をしていただきたいと思います。


honkab2 at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

2008年01月13日 今日は冷たい雨が降っていました

霧よけ
今回はアウトリガーの話ではありません。
 極寒の地域で意味の出る
「霧よけ庇」のようですが、
暖かい場所でも
デザインばかりの
用途ではないのです。

水切りと同じ効果が見込めるのです。

一般的に水切りの意味をご存じない方の為に
ここに考え方の解説図を載せます。

水切りの効果 庇の出を大きくすることで
壁の雨がかりを減らせますが、
壁面の大きい妻面では
それも出来ません。
そこで効果的なのが
水切りやホンカ仕様の
葺かせた縦張り妻壁なのです。

水切り板金窓下水切り

 この建具の水切り板金も効果的です。
(図=日本ログハウス協会・
「ログによる大型建造物設計の手引き」
より引用)

葺かせた妻壁といっても、ホンカの窓厚なのにこの板金の幅
どうですか ?

honkab2 at 14:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

2008年01月12日 GPSただ乗り=カーナビ

浅草寺の賑わい

五重塔仲見世入口











ホンカジャパンのホンカ50周年記念を兼ねた新年会が浅草の屋形船にて
行われました。近場のディーラー中心で盛り上がりました。
私は、というと運転手の為一滴も飲まず、ただただ食べるのみ(またか)。

ォ〜、マンボ・・・1曲歌わせていただきました。
とにかく盛り上がりました。弊社代表で議員の代わりにH社員が歌いました。

 それにしても15〜6年前の東京と大きく変わっていました。
当時、バブルの終わりごろでウオーターフロントとかいって高層マンションが
建ち始めた頃でしたので屋形船も東京タワーが見えただけで感激したものです。

今や、香港の夜景にも引けを取らない高層建築物の光の競演でした。
レインボゥブリッジやお台場、隔世の感があります。

往復とも私が運転でしたが、なんと市原市役所から1時間と少しで2次会会場の
浅草ビューホテルに到着しました。帰りは1時間かかりませんでした。
それもこれもカーナビという優れもののおかげです。GPSは米軍により軍事用
に開発されたものですが、それをナビシステムに利用するなんていったいどこの
誰が考え、開発したんでしょうか?絶対ノーベル賞ものだと思うのですが・・。

写真は早めに着いたので浅草寺のお参りをしたとき撮りました。

2次会でドンペリいい香りでした。ちょっと舐めさせていただきました。
来年はピンドンですって〜アァ怖いε=ε=(;´Д`)



honkab2 at 14:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

2008年01月11日 フジテレビです

bb1d72f6.jpgホンカ新年会で屋形船の東京湾上からの写真です。詳しくは明日UPします。


honkab2 at 18:26|Permalink♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

2008年01月11日 またまた大山千枚田です

大山千枚田
 以前にもブログで
取り上げました。
南房総は昨年の館山道の
全線開通により都会
(東京・川崎・横浜方面)
の方にとってとても身近になりました。

何しろ環境がいい(海・山の自然)のと
野菜などの耕作に適している温暖な気候。

そして伊豆・富士・那須などの既に開発された別荘などの
造成地と比べても近くて土地価格が安いことです。

アクアラインは渋滞無く快適なドライブも出来ます。
そしてこれからの目玉は圏央道(首都圏中央連絡道路)の開通です。

茂原インターチェンジまではあと2年ほどで開通です。
茂原ICから東京駅まで1時間というのです。

数年前の冬、白浜の海辺のホテルに宿泊したことがありました。
部屋の暖房を切っても暑くて眠れませんでしたので、窓ガラスを開放して
朝まで寝ました。
その午後、市原市の自宅に帰り着き、開口一番「夕べは暑かったね!!」
と、言ったとたん、家族から猛反発。特別冷え込んだ夜だったようでした。

同じ千葉県でもこんなに違うのです。
海辺の夏は内陸より温度が低いこともあり、いわば四季を通じて比較的
安定した気候だともいえます。

一見、人見知りの半島的根性の南房総の人たちの人間性も、知り合いに
なればもうなんの屈託もない明るい県民性で「千葉のかかあ天下」とも
言われる、女性が生活の中心にあるという土壌をもっているので、話し易く
すぐに打ち解ける人情があると思います。
スローライフを送るのに最適な場所なんです。

ここ何日か土地を見てきました。湖や海を臨む土地、南ひな壇の畑もある
いい土地が見つかりました。




honkab2 at 10:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき 

2008年01月10日 こうなりました

OK様邸スロープ

玄関部 母屋へのスロープ








 完成されていたのですが、UPが遅れました。
奥の母屋に車で進入できるようにというOK様のご意向で
スロープということになりました。

雨の日も玄関で車の乗り降りや荷物の積み下ろしができます。
(車庫側にもユーティリティーからのドアはありますが・・。)

お仕事柄OK様のお取引業者の工事となりました。
他にもJCの理事長をされていたので、関係の業者に何社か入って
もらいました。

 弊社工事監理のT社員の厳しい施工管理によりいろいろと
ぶつかっていました。しかしそれもいい仕事をするためには
仕方ありませんでした。
 業者は信頼関係があってはじめてすばらしい仕事の結実と
なります。ただ単に単価が安いとかで利益追求になりがちですが、
それでは困ったとき(予算的・納期的・アフターサービス・クレ
ーム時など)対応してくれません。

 弊社の議員の主義で諸業者との付き合いは大切にしています。
ちなみに暮れの一泊の忘年会も先日の新年会も業者さんに参加し
ていただき楽しいひと時を共に過ごしました。

OK様邸も各職人の意識を上げたおかげで、いい仕事のなされた
すばらしい家になりました。



honkab2 at 11:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)■市原市OK邸・カヨ(改)ができるまで 

2008年01月08日 ログ積み

KO様邸ログ積み
組上げ組上げ作業







熟練してくると静かに作業が進みます。
ラフターのエンジン音と合わせて打ち込むカケヤの槌音が響きます。

ログ壁の積み上がりに先立って足場は高く上がります。
エッ! ちょっと、ちょっとちょっとです(つд⊂)ゴシゴシ
た、高い!!!

ログでこんなに高い足場初めて見ました。
あたかも4〜5階建てのビル建築現場くらいの高さはありそうです。

棟梁も経験のある在来建築も含め、木造では初めての足場の大きさ
だと言っていました。

それもそうです。何しろ妻側12メートル高さGL10メートルの
金勾配の大ログなんですから。述べ床は・・・(((( ;゚д゚)))

ログ図ログ図 開口部に
ログ図を貼り付け、
順序良く
積上げていきます。
昨日、電気屋さんが
打合せに来ていました。


honkab2 at 18:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)●市原市KO邸・カスタムオーダーが完成するまで 

2008年01月08日 いよいよ組上げです

ログ材仕分け
仕分け 次々とログを
効率的に
スピーディーに積む為、
先ず仕分け作業
ということになります。
日本で言えば い ろ は に
・・・・順に並べる
ということです。
ホンカは A B C ・・・順ですが。

基礎パッキングをまわし、ログが積まれます。 

honkab2 at 10:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)●市原市KO邸・カスタムオーダーが完成するまで 

2008年01月07日 1169

1169
 1169です。

『いいログ』と読んでください。
Yさんの社用車が入れ替わりました。
新しい仕様では最低でも
パワーウインドウです。
うらやましい・・・。



6902 6902です。

『ログ2号』と呼んでください。
ログ事業部Tさんの社用車も
入れ替わりました。
やはり集中ドアロックです。
助手席のロック解除のとき
いつも<40肩?>で痛みと
格闘する私です。
実にうらやましい・・・・。
昨年夏に入れ替えたO部長とMさんは
私と同じ白です。



 ちなみに私の社用車のNo.は 『ログ1号』の6901です。
すばらしいでしょう。

honkab2 at 18:26|PermalinkComments(1)TrackBack(0)♪♪ログマスター002・ムーミン阿部のつぶやき